ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロケットランチャー


ヨミ: ロケットランチャー
掲示板をミル!
7カキコ!

ロケットランチャーとは、文字通りロケット弾(Rocket)を発射する装置(Launcher)である。


概要


ロケットランチャーはロケット弾を発射する兵器である。
 に個人が肩に担いでロケット弾を発射する筒をすことが多いが、定義的には車両搭載でも地上設置でもロケット弾を発射する装置ならロケットラン チャーと言える。が、大がかりな場合はロケットRocket artillery)と呼ばれたり、航空機用ではロケットポッドと呼ばれたりする。

 その歴史は非常に古く、明の時代にまで遡る。当時、黒色を筒に詰め込んで矢に取り付けた火箭(かせん)と呼ばれるロケットが既に存在し、これを複数同時発射するための一人で持つ筒「多発火箭」が使用されたという記録が残っており、これが最初期のロケットランチャーであると言える。その後は、大砲の発達により、ロケットランチャーは長らく細々とした使用に留まっていたが、第二次世界大戦においては歩兵用の対戦車兵器バズーカパンツァーシュレック)やロケット砲兵カチューシャネーベルヴェルファー)などとして大活躍し、現代では要な火器の一を占めている。

 ロケットランチャーの役割は言ってしまえば「ロケット弾に対して飛翔する方向性を与える」ことである。また、ロケット弾発射時の噴炎は外に逃がしてやれば反動はほとんどい。このため、火ガスの圧反動に耐える必要のある大砲較すると、ロケットランチャーは簡単な機構でコンパクトかつ軽量に作ることが可である。
 この利点を生かし、ロケットランチャーは高火力で軽量な兵器として運用されることが多い。例えば第二次世界大戦においては、弾薬を撃ち尽くした後の死荷重(何の役割もい重量のこと)が大口較して小さい事から、艦船や戦車、重爆撃機などの非常に堅固な標に対して使用する航空機ロケットが各で開発・運用された。これが後にミサイルへと発展する。また、簡易な機構は生産性が高いので、数をえての一斉射撃で敵を圧倒することを的に開発・運用されるロケットランチャーもある。
 一方で欠点もあり、ロケット弾はに弱く命中精度が低い、一度発射すると再装填に時間がかかる、発射するとロケットの噴炎で発射位置がバレやすい、などの欠点がある。このため、ロケットランチャーごとに運用には工夫が必要で、例えば対戦車ロケットランチャーならば可な限り敵に近付き、発射したら即座に離脱することが則であったり、ロケット砲兵ならば数をえ、進軍のため集結した敵に撃ちこむ、あるいはこちらが進軍する前に相手に心理的衝撃を与えるために撃ちこむなどの方法がとられる。

 日本ではに人一人が肩にしょってロケット弾を発射する兵器のことをし、アメリカ軍第二次世界大戦で運用したバズーカや、映画コマンドー」やゲームバイオハザード」で登場するM202などが有名である。


関連動画



■sm16668947[ニコ動]

■sm19647689[ニコ動]

■sm11171435[ニコ動]
■sm16502060[ニコ動]


関連商品


■azB008SONIFO
■azB001PYUQ04


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 14/01/26 01:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ