ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロサイル・インターナショナルサーキット


ヨミ: ロサイルインターナショナルサーキット

ロサイル・インターナショナルサーキット[外部]とは、ペルシャ湾湾カタールにあるサーキットである。


3月下旬にMotoGPの開幕戦であるカタールグランプリが開催される。

カタール

カタール中東のペルシャ湾湾岸に位置する国家である。[外部]国旗章ともにえんじ色を採用している。[外部]

かつては珠採取と漁業しか産業がなかったが、1940年代に油田が発見されてから全てが一変した。

首都ドーハは高層ビルが林立する近代都市になっている。[外部]

ナショナルフラッグであるカタール航空[外部]は、常に最新の航空機を買いあさっており、安全性が高い。
機内サービスも非常に充実しており、世界中の航空会社の中でも最高峰の格付けを誇る。

天然に頼った経済体制を危惧しており、現在策として観光業にを入れている。
サッカーカタールリーグ[外部]を経営したり、2022年サッカーワールドカップ[外部]を誘致したり、
MotoGPを開催したりするのはその一環といえる。

首都ドーハは海に面した場所にあり、[外部]になって分をかす日差しがくなると湿度が急上昇する。
冷房の効いた部屋から一歩外に出ると眼鏡レンズが一気に曇る蒸し暑さで、旅行者を驚かせる。
ラーメン屋なみの湿度であるという。

カタールに限らず熱帯のに共通することだが、冷房を効かせることが富の徴と考える潮がある。
空港などの施設は冷房が効きまくっていてやたらと寒い。旅行の際にはジャケットを持っていきたい。

ロサイル

サーキットに近いロサイルは、娯楽施設がいくつか点在している。

詳しくは、ロサイルの記事を参照してください。

ラクダ

カタールグランプリが開催されている本サーキットにはいつも複数のラクダがいる。

ドーハ市内にはラクダ市場があり、[外部]柵に覆われた広場の中にラクダが飼われていて、売買されている。
売却が決まったラクダクレーンで吊り上げられて外に出される[外部]
いまだに乗りものとして市民の間で利用されている。
ロサイル・インターナショナルサーキットにもラクダでやってくる地元住民がいる。

立地

カタールの首都ドーハから北に25km程度離れた場所に位置している。[外部]

周囲を砂漠に囲まれている。航空写真を見てみるとサーキットの周りが砂だらけであるとよく分かる。[外部]


海岸線から2kmしか離れていない沿いのサーキットである。
から吹き込むによって砂がサーキットへ舞い込み、路面は常に砂で汚れている。

カタール全域が砂漠の平野[外部]であり、最も高い地点で標高103メートルしかない。
Googleの地形図[外部]を見ても、カタールらなであるとよく分かる。
こういう坦なところには、をせき止めるようなものがいので、がどんどん流れ込む。

かなりの強から吹き込むことがある。

カタールでは2月から7月までの間に砂嵐が吹き荒れることがたまにある。
こんな感じ[外部]に砂が舞い上がり、多くの住民がぜんそくなど呼吸器疾患の症状になり病院へ駆け込む。
Youtubeで「Doha sandstorm[外部]」と検索するとこんな動画[外部]ヒットする。



5月から10月までのドーハ[外部]はとんでもない暑さになり、日中に外を出歩くのは危険なレベルになる。

MotoGPが開催される3月下旬のは最高気温26度程度で、20度程度になる。
東京6月9月に相当し、わりと過ごしやすい。

こちら[外部]こちら[外部]が現地の天気予報

カタールグランプリ特有の光景

サーキットで行われるMotoGPレースは半分デイレース・半分ナイトレースの形式で行われる。
こうした形式はカタールグランプリ特有のものである。

詳しくは、カタールグランプリ(MotoGP)の記事を参照してください。

コース紹介(MotoGP)

概要

コースの形状は、体内で真珠を作り出すアコヤガイ[外部]を模した形になっている。
 
前半は低速コーナーが多いストップアンドゴーのレイアウトで、
後半は高速コーナーが並ぶテクニカルコースであり、二面性を持つ。

この動画[外部]をでも示されているように、
チェッカーラインから3コーナー立ち上がりまでがセクター1、
3コーナー立ち上がりから7コーナー立ち上がりまでがセクター2、
7コーナー立ち上がりから13コーナー立ち上がりまでがセクター3、
13コーナー立ち上がりからチェッカーラインまでがセクター4となっている。

セクター1とセクター2がストップアンドゴー、セクター3とセクター4が高速レイアウトである。


路面の起伏は少ない。

路面のカント(左右の傾斜)が付いているコーナーがわりと多く、高速コーナーリングが可である。
近年は安全性重視のためカントを付けないフラットコーナーばかりのサーキットが増えたが、
2004年開業の本サーキットカントのあるコーナーが多い。

メインストレート1,068mと長い。
流れるような高速セクションから長いメインストレートに入っていくので、最高速が良く伸びる
MotoGPが開催される18ヶ所のサーキットの中でもトップクラス最高速の高さになる。



2004年の開業から2018年までずっと同じ舗装を使っていて、グリップが悪い。
2018年は路面の凹凸が顕著になっていて、10コーナー走行中の各ライダーの前輪が上下していた。
どのライダーフロントタイヤこんな具合に上下していて[外部]、うねりのしさが分かる。

こちら[外部]ドルナ公式サイトの使用ギア明示動画である。1速に落とすのは6コーナーのみとなっている。

なパッシングポイントは、メインストレート[外部]メインストレートエンドの1コーナー[外部]
4コーナー[外部]6コーナー[外部]10コーナー[外部]12コーナー[外部]となっている。

ドゥカティ躍進のサーキット

ドゥカティワークスの成績が良いサーキットとして知られる。
開幕戦のこのレースで躍進して「今年のドゥカティは違うぞ」と印づけることが毎年の恒例である。

ドゥカティクラウディオ・ドメニカーリ社長[外部]も毎年のようにこのサーキットを訪れている。

2018年には念願ってドゥカティワークスが9年ぶりに優勝した。
ドメニカー社長も嬉しそうに表式に参加している。
この動画[外部]で左へ立ち去っていくシャツ・ジーンズの人がドメニカー社長

コース幅が広く、コーナリングがイマイチなバイクでもなんとかなる

コース幅が広く、ライン取りの選択肢が広く、1つのコーナーミスしてもなんとか取り返しが付く。
ゆえにドゥカティワークスのようなコーナーリングイマイチマシンでも乗り切ることができる。

サーキットと正反対なのはヘレスサーキットで、コース幅が狭く、ライン取りの選択肢が狭い。
1つのコーナーミスすると続くコーナーがさらに遅くなり、取り返しが付かない。
ゆえに全てのコーナーで綺麗に旋回せねばならず、コーナリングが悪いマシンにとって門になる。


ヨーロッパコース幅の狭いサーキットが多く、そうしたサーキットべると
ロサイル・インターナショナルサーキットはすこし異質な感じのサーキットと言える。

風が強い

海岸線から2kmと近く、周囲がらな地形で、強が吹き荒れることが多いサーキットである。

がライディングに与える影については、風(MotoGP)の記事を参照してください。


サーキットピット施設の上にはカタール国旗があり、デイレースならその旗を見ると向きが分かる。
この画像[外部]の場合は、旗が横になびいていて強、陸からへ吹いているので4コーナーで追い
最終コーナー向かい風、とすぐに分かる。
ナイトレースの場合は
この画像[外部]のようになる。っ暗でよくを凝らさないと旗が見えない。

2018年からのカタールGPはデイレースとナイトレースが混在するようになった。
ごく一般的にいうと、の方が寒暖差があってが起こりやすく、は寒暖差がくなり微風になる
このことはの近くにちょっとでも滞在するとよく分かる。
明けや方はが吹かないのでのようになっているが、になるとが吹いて面に波が立つ。
イレースとなるmoto3moto2に用心しなければならない。

砂塵が空中に巻き上がる。覆面コースマーシャルが多く現れる。

周囲が砂漠で、そこを強が吹き荒れると、砂が舞い上がることがある。

2018年3月17日(土)のMotoGPクラス予選は砂が舞い上がっていた。
そのためく靄(もや)がかかっているように見えた。画像1[外部]画像2[外部]画像3[外部]画像4[外部]

が巻き上がると呼吸器系の病気にかかりやすくなる。
人間の体は腸のような消化器系に異物が入りこんでもスルッと出て行ってくれることが多いのだが、
肺のような呼吸器系に異物が入りこむとなかなか出てくれず、長期間にわたって咳をすることになる。
その辛さを現地の人たちはよく分かっていて、砂の多い日はマスクをしたり覆面をしたりして
ちゃんと砂の対策をする。

2018年3月17日(土)や2018年3月18日(日)には覆面をしたコースマーシャルが多かった。
こんな感じの覆面コースマーシャル[外部]が次々と出てきて、視聴者を驚かせた。

路面に砂埃が入ってくる

周囲が砂漠で、そこを強が吹き荒れるので、路面は常に砂で汚れることになる。

サーキットコースには人工芝が敷かれている。
この人工芝で砂の進入を食い止めるつもりだったらしいが、そんな小細工が通用するわけがなかった。
情け容赦なく砂が空気で飛んできて、路面はいつも砂まみれになる。

路面に砂が溜まっているため、タイヤに厳しいサーキットとして知られている。
紙に砂粒のような粒子を貼り付けてジョリジョリと研磨できるようにしたもの[外部]やすりというが、
の付いた路面がやすりのようにタイヤをこすり、タイヤをすり減らしてしまう。

さらにはアブレーション(abrasion 「摩耗」の意味)[外部]といって、タイヤが荒れる現が発生する。
タイヤが荒れてしまうと、その荒れた部分を中心にどんどん消耗が進んでしまう。

ちなみに、やすりを英語abrasive paper[外部]ということがある。

コースの人工芝がたっぷりと砂を含んでいる。
ライダーコースを外れてコースの人工芝に乗り上げると砂がパッと舞い上がる。[外部]

レースウィーク序盤は路面に砂が多く、マシンが砂を巻き上げながら走ることになり、滑りやすい。
決勝当日になると、多くのマシンによって路面の砂が掃除された格好になり、
さらには走行ラインの路面の上にべったりとタイヤのラバーが乗ってくなり、グリップが良くなる。

多くのマシンが通った走行ラインは砂が少ないが、その走行ラインを外してしまうと砂が多く、
滑ってしまう。2013年はとくに砂の量が多く、走行ラインを外すだけで砂埃が巻き上がっていた。[外部]

パッシングは走行ラインを外れ気味になる行為なので、やや難しく、慎重に行わねばならない。

スリップストリームがよく効く

メインストレート1,068mと長く、スリップストリームがよく効く。

コースの後半は3~4速で走る高速コーナーが連続し、スリップストリームが非常によく効く。

スリップストリームについては、スリップストリーム(MotoGP)の記事を参照してください。

1コーナーでブレーキディスクが赤熱する


次へ»
最終更新日: 18/05/26 23:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ