ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク


ヨミ: ロストワールド
掲示板をミル!
6カキコ!

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークとは、1997年開された映画ジュラシック・パークシリーズの二作である。


概要


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/gijigae/status/1130055459711344642[外部]

正しい題名は『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』。1995年に発表されたマイケルクライトン小説ロスト・ワールド』(『ジュラシック・パーク』の続編)を原作とする。

監督スティーブン・スピルバーグスピルバーグが自身の作品の続編を撮るのは2020年現在本作とインディ・ジョーンズシリーズのみ。

前作の登場人物数学博士イアンマルコム博士主人公に据えた恐竜SFアドベンチャー作品。

マイケルクライトンによる原作小説映画化だが中身は基本的に別モノと言っていいほどの変貌を遂げている。

前作からさらに向上したCGなどによりアカデミー賞視覚効果賞にノミネートされ行収入は4日で100億円を突破。開初週末の行収入1位や1日での行収入歴代1位など開当時数々の新記録を立した。
しかし前作の完成度の高さから期待値も上がった本作の内容は酷評の
第18回ゴールデンラズベリー賞において受賞はしなかったものの「最低続編賞」や「最低脚本賞」、「最低人命軽視と共物破壊しまくり作品賞」にノミネートされてしまった。


あらすじ


前作『ジュラシック・パーク』の悲劇から数年後。
インジェン社の会長ハモンドに呼び出されたマルコムサイトAであるジュラシック・パーク恐竜たちを供給する遺伝子工場のサイトBが設置されていいたという事実を告げられる。
閉鎖&放置されたでは人知れず恐竜たちがいまだ繁殖を遂げているのだ。
ハモンドに調を依頼されたマルコムドキュメンタリー作家ニックや精密機械に強いエディを引き連れサイトBへ赴くが一行のトレーラーにはマルコムの実のび込んでいた。
更にはハモンドとは別にサイトBの調を依頼されたルドロー一行もに降り立ち始め――


登場人物



恐竜調査隊


イアンマルコム
前作から主人公に昇格したカオス理論学者。前作では当初、恐竜のことなど何一つ知らない感じで陽気に振る舞っていたがその恐怖を思い知ったからか今作ではややを感じさせる性格に。反抗期のケリ―や恐竜サラなどに振り回される苦労人。
サラハーディン
マルコム人の古生物学者。マルコム達より先にに降り立っている。
ケリ―・カーティ
マルコムと前妻との間にできた子供体操部所属。
ニックヴァン・オーウェン
マルコムに同行するドキュメンタリーカメラマン過去に女漁り的でグリーンピースに所属していた自然保護運動
エディカー
精密機械エキスパート

恐竜ハンター一味


ピーター・ルドロー
ハモンドの甥でインジェン社の現社長。かつてハモンドが計画していたサンディエゴジュラシック・パークオープンする計画を再始動させる。
ローランド・テンボ
ルドローに雇われたハンター団の隊長。史上最強の猛と呼ばれるティラノサウルス狩りに熱い情熱を注ぐ。冷かつ想だが仲間思いで女性子供へのさりげない気づかいもる。
ディター・ストーク
恐竜捕獲チームの一員。小恐竜スタンガンいじめるなどサディスティックな大男。

その他


ジョンハモンド
1に続いて登場する実業。今作では引退状態だが、秘密裏に甥のパーク建設を防ぐためマルコムと策を練る。
キャシー・ボウマ
冒頭で家族と共にサイトBの辺に訪れていた少女。一匹のコンプソグナトゥスにサンドイッチを与えたことがきっかけで大量にコンプソグナトゥスが集まってしまい襲われた。この事件がきっかけでハモンド社長の座から降ろされた。演じたカミーラ・ベルは後に「最も美しいトップ100」で一位を獲得する美少女へと成長する。

酷評ポイント


概要部で「酷評」「人命軽視」と述べたが、その部分をもう少し詳しく解説する。編集者による偏見混じりであることを前提に読んでほしい。

今作ではマルコム博士らが少数で恐竜に潜入した一方で、恐竜ハンターたちは大人数で十分な装備を用意したうえで恐竜狩りに臨んでいる。恐竜狩りそれ自体の是非はともかく、万全の態勢で挑んだだけあって、彼らは十分な数の恐竜を確保し、当初の的を達成していた。

が、マルコム一行はそれを許さない。彼らは捕えられた恐竜たちをひそかに解き放ち、恐竜ハンターたちを襲撃させたのである。結果、油断していた恐竜ハンターたちの装備のほとんどは失われ、彼らはの脱出のためにさらに大きな人的被害を出しつつ、ラプトルやティラノサウルスから逃げる徒歩での決死行をする羽になるのである。…マルコム一行と一緒

恐竜を逃がすまではまだの違いとして分からないでもないが、ハンターたちを襲わせたのはどう考えてもやり過ぎである。ましてや守るべき対のはずの恐竜を使ってという矛盾込である。現実世界ではシーシェパードと言う過激派環境団体が存在しているが、彼らとてイルカクジラをけしかけて船を破壊させたりはしないだろう。さらに、その後の決死行に同行して、装備を失ったハンターたちが一人また一人と犠牲になっていくのを見て、彼らは何を思っていたのだろうか。たぶん、一切反省はしていない。

恐竜の命を守るというのために人命を危険にさらし、実際に多数の被害者を出して、特にそれに対する報いや反省なども行われていないという点において、視聴者からマルコム一行に対しての印は非常に悪くなっているのである。


原作小説との変更点



関連動画



■sm22575627[ニコ動]

■sm27040550[ニコ動]
■sm36897856[ニコ動]
■sm32158749[ニコ動]


関連静画


■im8165451(静画)
■im6506853(静画)


関連商品


■azB079ZZQLD8


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/06/02 03:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ