ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロゼと黄昏の古城


ヨミ: ロゼトタソガレノコジョウ
掲示板をミル!
11カキコ!

茨に魅入られ、少女げる――

ロゼと黄昏の古城とは、日本一ソフトウェアより発売された解きアクションゲームである。
ジャンルは「古探索アクション」、対応ハードPSvitaソフト単体・ダウンロード販売)及びWindowsPCSteam版)。


概要


“時”が失われ、ありとあらゆるものが静止した古――その地下で、少女を覚ました。
見知らぬ場所にたったひとり、背には呪いの茨を宿した忌まわしい姿で。
出口め彷徨い歩いていると、やがて大きくてまんまるな巨人と出会う。
共に助け合いながら古からの脱出を図るふたり。
深くへと進むにつれては解き明かされ、やがては事態の相と茨にまつわる真実が浮き彫りになっていく。

らしい絵柄とダークな雰囲気にられた作品。キャラクターたちは絵本に出てくるかの様ならしさがあるが、各所に用意された処刑具めいたギミックの数々や、少しずつ詳らかにされていく陰惨な過去の記憶など、全体を通してグロテスクかつ残酷な要素に満ち満ちている。ちなみにデザインゲームシステムhtoL#NiQと似ているのは同作のディレクターデザイナーが参加しているため。主人公植物少女という点も似ている。

ゲームとしては解き寄りのアクション、そして死にゲー。各ステージはまず初見では安々と突破出来ないような構成となっており、トライ・アンド・エラーを繰り返して正しいルートを構築をしていく必要がある。ただ全体的な難易度は中~中の上といったところで、じっくりと考えて試行錯誤すれば活路は開けるである。
これがボス戦になると打って変わってかなりアクション性が高まり、間的な判断や緻密な操作がめられる様になる。またステージ解き同様、ボスの攻撃も複雑で一筋縄ではいかないものがどであり「どこでどう動くか」のパターン把握が必須となってくる。
いずれにせよ「死んで覚える」ことが前提のバランスであり、オートセーブポイントも多く、全機という概念もなく何度でも復活できる。ボス戦前ではむしろ進んで死ななきゃならない場面もある。プレイヤーには心が折れないための気と根気がめられることだろう。ちなみにhtoL#NiQではプレイヤーが途中で投げ出さないようにキャラクターをかわいくデザインしたとられている。


登場人物



アクションの特徴


プレイヤーは必要に応じてロゼと巨人を交互に切り替えてゲームを進行する。

ロゼは巨人よりも体が小さいため、狭いでも進むことができる。また背中に生えた薔薇血(あるいは血のようない色)を吸い取り貯蔵したり、逆に他のものにを与えることができる。このゲームではキャラクター背景モノクロで、ロゼと巨人をはじめとした一部のキャラクター以外の時間は静止しており、い色の付いたもの(血の通ったもの)だけが動くことができる。例えば、落下してくるい岩からを奪えば、はその場で静止し足場にできる。止まった歯車を与えると歯車は回りだし、ギミックが発動する。

巨人はロゼよりも2回りほど大きく、強い。敵やとげに当たっても死ぬことはないし、針程度の攻撃なら肘くことができる。さすがに底のないに落下したらゲームオーバーだが。
岩やブロックを持ち運んで足場を作ったり、投げて敵を攻撃したりできる。ロゼを抱えたまま移動することもでき、場合によってはロゼを少し高い足場などに投げることもある。

ギミックを解くには二人の連携がカギとなる。例えば、落ちているブロックにロゼがを与え、巨人ブロック特定の位置まで持ち運び、ロゼがブロックからを奪って固定し、また別のブロックを与えて巨人が運んで―という流れを繰り返すことでを切り開いていく。また、ゲーム進行上での問題はロゼと巨人の両方が標地点に到達しなければステージクリアにならないことである。たとえロゼと巨人のどちらかがゴールしても、何とかして相方も到達させなければクリアにならない。


関連動画



■1454400496[ニコ動]

■1457403129[ニコ動]


関連静画


■im5631570(静画)


関連商品


■azB01ALG1I44
■az4891993863


関連項目



最終更新日: 17/06/12 10:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ