ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロックマン


ヨミ: ロックマン
掲示板をミル!
2383カキコ!

ロックマンとは、カプコンから1987年12月に発売されたファミリーコンピュータ向けアクションゲームである。
またその続編群や主人公の名前もす。海外名はMegaman。


概要


ロックマン1987年に登場した大人ゲーム。その人気日本だけでなく世界中で人気になりアメリカでは何度かアニメ化までされたほど。

主人公のロックマンを操り、敵のロボットを倒していくことが的。

ゲームを始めるとどのステージから遊ぶか選べたり、武器を切り替える事によって敵の弱点を付くことができるなど当時のアクションゲームとして画期的であった。

ファミリーコンピュータで発売されたのが始めであるが、続編やシリーズが様々なゲーム機で発売されている。

生作品に「ロックマンX」「ロックマンDASH」「ロックマンゼロ」「ロックマンエグゼ」「ロックマンZX」「流星のロックマン」があり、「エグゼ」と「流星」はアニメとしてTV東京系で放映されたりもした。


ゲームとしての特徴


所謂横スクロールアクションであり、ジャンプロックバスター、スライディング(3から)、チャージショット(4から)等を使ってステージクリアしていき、最後に待ち構えているボスを倒すとステージクリアとなる。
最大の特徴は「倒した相手の武器を手に入れて特殊武器として使うことができる」という点で、8体(初代は6体)いるボスを倒していくと、それぞれのボスの使用していた特殊武器を使用できるようになる。
それぞれの特殊武器にはそれを弱点とするボスがおり、弱点はボス達の中でじゃんけんのようにループしているため 入手した特殊武器を使うことでゲームを容易に攻略でき、アクションが苦手なプレイヤーでも気軽にプレイすることができる(ただし3など、そのじゃんけんループが二つに分かれている作品もある)。

他、ラッシュなどのサポートキャラクターワイリーマシンジャンピング土下座等、シリーズ恒例となっている物も数多くある。


シリーズタイトル一覧


ロックマンX等を含まない所謂本家シリーズタイトルと発売ハード一覧にする。
なお、移植版・リメイク版も含める。

作品名 ジャンル 機種
ロックマン アクション FCPS(ゲームアーカイブスを含む)、バーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎 アクション FCPSゲームアーカイブスを含む)、バーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!? アクション FCPSゲームアーカイブスを含む)、バーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン4 新たなる野望!! アクション FCPSゲームアーカイブスを含む)、バーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン5 ブルースの罠!? アクション FCPSゲームアーカイブスを含む)、バーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン6 史上最大の戦い!! アクション FCPS3DSバーチャルコンソール携帯アプリ
ロックマン7 宿命の対決! アクション SFC
ロックマン8 メタルヒーローズ アクション PSSS
ロックマン9 野望の復活!! アクション WiiPS3XBOX360
ロックマン10 宇宙からの脅威!! アクション WiiPS3XBOX360
ロックマン11 運命の歯車!! アクション PS4SwitchXBOXOnePC
ロックマンワールド アクション GB3DSバーチャルコンソール
ロックマンワールド2 アクション GB3DSバーチャルコンソール
ロックマンワールド3 アクション GB3DSバーチャルコンソール
ロックマンワールド4 アクション GB3DSバーチャルコンソール
ロックマンワールド5 アクション GB3DSバーチャルコンソール
ロックマンメガワールド アクション メガドライブ
ロックマン&フォルテ アクション SFCGBA
ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者 アクション ワンダースワン
ロックマンロックマン アクション PSP
ワイリー&ライトロックボード ザッツパラダイス ボードゲーム FC
ロックマンズサカー スポーツ SFC
ロックマン バトル&チェイス レース PS
スーパーアドベンチャーロックマン アドベンチャー PSSS
ロックマン・ザ・パワーバトル アクション アーケード
ロックマン2・ザ・パワーファイターズ アクション アーケード
ロックマン バトル&ファイターズ アクション ネオジオポケット
ロックマン パワーバトルファイターズ アクション PS2

近況


2018年30周年を迎えた本シリーズだが、同年後半に久々ナンバリングである「ロックマン11 運命の歯車!!」を各機種で発売。この中にはPC版も含まれており、Steamの配信にも対応している。


キャラクターとしてのロックマン


声優椎名へきる(CDドラマ「ロックマン危機」、アーケード版)、折笠愛(8、B&C、スーパーアドベンチャー他)、藤野かほる(カプコンVS.シリーズ)、小椋(ガンスパイク)、小林由美子(ロックマンロックマン)、福原綾香(11)、田村睦心(パチスロ「ロックマン アビリティ 史上最大の試練」)

形式番号DRN.001ロックロボット工学の権威であるライト博士製作した、庭用お手伝いロボットであった。
しかし、Dr.ワイリー世界征服を宣言したことにより、戦闘ロボットへの改造を自ら志願。スーパーロボット「ロックマン」となって戦いに赴く。

武器は「ロックバスター」。『ロックマン4』からチャージショットが可に。

元々庭用として設計されたため心優しい性格とされる。しかし、創造者の反対を押し切ってまで戦闘ロボットとなって事態の解決を望んだ彼は約100年後の世界での言葉でいうならば、心を持ったロボットイレギュラー化とも言えなくもない。ちなみにライト作のロボットが創造者の意に反する意志をみせたのはライトナンバーズ創造の歴史上の時系列ではブルースに次いで二度となる。

ロールちゃんとは実の兄弟のように仲が良い。製造順番で言えばブルースに当たるのだが、ロックマン自身はそのことを知らない。

メインカラーであるのは、ファミコンで使える色で系統の色が多かったからである。


他作品へのゲスト出演など


同社製対戦格闘ゲームMARVEL VS. CAPCOM」及び「MARVEL VS. CAPCOM2」に使用キャラクターとして参戦。通常技の大パンチ飛び道具ロックバスターとなっており、チャージショットも可

また、2014年WiiU3DSの両機種で発売の「大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / Wii U」にもゲストとして参戦。「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」にも引き続いて参戦している。

参戦発表PVではロボットである事が強調され、ロックバスターからの変形のプロセスや関節部分がメカニカルに描かれてたりと外観デザイン有賀ヒトシ版ロックマンに近いものになっていた。ちなみに同作のロックマンにはボイスが収録されていない。

チャージショットやスライディングがある事から、仕様ロックマン8以前のものに近い。特にモーションはファミコン時代のロックマンを元に作られている。場外になった際は例のティウンティウンティウンエフェクトも発生する。特にフィールドスマッシュでロックマンを使うと割と本家ロックマンに近い操作感覚が味わえる。
チャージショットロックアッパー・タップスピンを繰り出した際、同じ会社のどこぞやの波動をぶっぱなす格闘を思い出すのは気のせいだろうか。・・・と思っていたらその格闘家本人DLCとして参戦してしまった。

強攻撃や各方向スマッシュ攻撃、必殺技、投げの各アクションには他のボスから奪取した「特殊武器」が使われている。
最後の切りふだは、エックスロックマンエグゼロック・ヴォルナット、流星のロックマンとともに一斉チャージバスターを食らわせる「ロックマンスペシャル」。桜井く「夢の共演」。ロック・ヴォルナットは任天堂ゲーム機に出ていたっけ?と思われる方もいるだろうが、ロックマンDASHは第一作のみN64でも発売された事がある。
スマブラSP」ではさらにブルースフォルテも加勢してくれる。

実はロックマンのスマブラ参戦はかなり前から検討はしていたが、諸般の事情で今までは困難だった事を桜井っていた。

2014年7月にはニンテンドー3DSすれちがいMii広場ミニゲーム「ピース集めの」にモンスターハンター4に続いてサードパーティータイトルであるロックマンのパネルが突如追加された。おそらく大乱闘スマッシュブラザーズfor 3DS/Wii Uへの参戦によるものと思われるが、あくまでもロックマンのタイトル表記である。

なお、スマブラで披露した両腕をロックバスターに変形させるアクションだが、十数年前に既に「スーパーアドベンチャーロックマン」で使用している。
作中でオーバーヒート覚悟で放っていることからも分かる通り、両腕をバスターにすることにリスクがあるのはこの作品の時点から設定されている。スマブラにおける下スマッシュ攻撃「フレイムブラスト」を使用した際にバスターが展開するのは、放熱してオーバーヒートを防ぐ為である。なお「フレイムブラスト」は本家と異なり、フレイムマンが繰り出すモーションに近い。同様に「スパークショック」も本家と異なり、スパークマンのように電極針を両腕のバスターから突き出して電撃を与えるものになっている。モーションはスパークマンのチャージ状態と非常にそっくり。
実はナンバリング作品ではロックマン5の特殊武器は登場しないが、サポートキャラに関しては5初出のビートを必殺ワザカスタマイズで使用する事ができる(仕様は7のもの(落とし穴からの脱出)に近い)。また、スライディングに攻撃判定がある事を考えると5の特殊武器の一つスライディング攻撃のチャージキックの要素も内包していると言っていい。

2017年12月には、久方ぶりのナンバリングロックマン11 運命の歯車!!」の発表に合わせてか、ソーシャルゲームスーパーロボット大戦X-Ω」へ参戦(人間サイズロボットならば既に同作でも「ヘボット!」が参戦しているため、前例はある)。
名義は「ロックマン」だが、ロックマンだけでなくブルースフォルテも参戦する。


サウンドトラック



次へ»
最終更新日: 19/01/05 20:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ