ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロドニー・ペドラザ


ヨミ: ロドニーペドラザ
掲示板をミル!
5カキコ!

ロドニー・ペドラザRodney Pedraza、1969年12月28日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手劇場守護)である。

よく間違われるが、「ペトラザ」ではない。「ペラザ」である。


概要


OB
ロドニー・ペドラザ
Rodney Pedraza
基本情報
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
出身地 テキサス州
生年 1969年12月28日
身長
体重
186cm
98kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1991年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

1999年福岡ダイエーホークスに入団。先発要員としての獲得だったが、城島健司の進言でリリーフに回り、5月に初セーブを挙げると、藤井将雄吉田修司篠原貴行と強勝利の方程式を形成。48試合に登板し、3勝1敗27セーブ防御率1.98という好成績を挙げ、ダイエー初の優勝日本一胴上げ投手となった。

2000年渡辺正和吉田篠原らとともに奮闘。51試合で3勝4敗35セーブ防御率2.15の成績でセーブ王タイトルを獲得。リーグ連覇の原動となる。35セーブは当時のリーグ最多タイ記録。この2年間は絶頂期で、非常に安定感のある優秀な守護だった。

2001年からは勤続疲労による球威・制球の低下で徐々に行きが怪しくなる。この年は54試合で4勝4敗、34セーブを挙げ2年連続のセーブ王いたのだが、防御率は3.65。99年には0、2000年は3だった被本塁打が10に増するなど、前年までの安定感は消え失せ、劇場守護として名を馳せることになった。ロッテファンの間で伝説となっているボーリックナイトはそれを徴する出来事といえる。

2002年の衰えは隠せず、岡本らが抑えを務める場面も増え、34試合で1勝2敗21セーブ防御率3.30という成績に終わる。本人は翌年もダイエーでのプレー希望していたが年俸面で折り合わず、この年限りで退団。

2013年、衰えが明らかだったにもかかわらず、読売ジャイアンツが獲得。河原純一に繋ぐ中継ぎ河原の代役の抑えとしての獲得だったが当然のように炎上し、6月には右肩痛で帰、そのまま解雇された。


引退後


テキサスで牧場をしているらしい。


プレースタイル・人物


全盛期でも速球は140km/h台で剛球タイプではなかったが、球持ちの良さと制球の高さ(2000年は年間で僅か4四球)、変化の大きい縦スライダーを武器に活躍した。ダイエー時代に挙げた通算117セーブは当時の球団記録(のちちに馬原孝浩更新)。連覇時のっぷりと2001年以降の劇場っぷりの落差がしいが、最高の助っ人クローザーか?という話では今でもよく名前が挙がる。

ちなみに、『ドカベン プロ野球編』に登場したことがあるしい外国人選手(権利関係が複雑なので普段は滅多に外国人選手は出てこない)。


成績



通算投手成績


通算:5年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 194 0 0 0 12 12 117 - .500 202.0 30 126 73 67 2.99

タイトル・表彰


タイトル
最優秀セーブ投手 2回 2000年2001年
MVP 1回 1999年6月

関連動画



■sm3322328[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/09/08 12:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ