ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロマンシングサガ ミンストレルソング


ヨミ: ロマンシングサガミンストレルソング
掲示板をミル!
232カキコ!
サガシリーズ > ロマンシング サガ ミンストレルソング

ロマンシング サガ -ミンストレルソング-2005年4月21日スクウェア・エニックスから発売されたPS2RPGである。
1992年に発売されたロマンシング サ・ガリメイクアレンジである。
ゲームシステム閃き形、連携などのこれまでのサガシリーズシステムを取り込んだ新しいものとなっている。

リメイクについては賛否両論である。ただ、近年のスクウェア・エニックスリメイク作品の中では売り上げ・評価が高め。


概要


サガシリーズ
ロマンシングサガ ミンストレルソング
基本情報
ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション2
開発元 スクウェア・エニックス
発売元 スクウェア・エニックス
発売日 2005年4月21日
年齢 CERO:A
ゲームソフトテンプレート

ガラハド禿げた。
ずくで奪う!→吹雪全滅
殿下棒読みになった。
イクゾー」「コレガワカラナイ
シフツフになった。
「やるよ」


システム



フリーシナリオ


アレンジ元となるロマンシングサガ(以下SFC版)で採用されているフリーシナリオは健在である。またイベントSFC版のものはほぼそのまま残し、さらに追加されている。
主人公SFC版と同じく8人の中から選択し、個別のオープニングイベントを終了した後、自由イベントを選択していける。イベントの中には最低2回はクリアしないと出現しないものもある。

発生するイベントは進行度によって変化する。進行度は戦闘回数により進んでいくため、より多くのイベントをこなすにはある程度順番を決めて行動しなければならない。


熟練度システム


他のサガシリーズ同様、キャラクターの成長は戦闘によってパラメータが上昇する熟練度システムを採用している。


スキルシステムとクラス


武器や術、マップアビリティレベルはジュエルを支払い上げていくシステムとなっている。
またクラスはこれらのスキルレベルが一定以上になると変更することができる。
クラスには様々なアビリティがあり、上手く活用することによって有利にイベントを進めることが可


技について


ロマサガ2で導入された閃きシステムが導入されている。

本作では技の使用には基本的にBPを使用する。BPは他のシリーズで言うところの技ポイントであるが、最大値まで回復した状態で戦闘が始まり、消費した分をアイテムや宿屋で回復する…と言った従来とは異なり、「最大値」「初期値」「ターン回復量」の3つがそれぞれ設定されている。初期値はあまり高くない場合が多いので、戦闘開始直後にいきなり強な技をぶっ放す事は難しく、2~3ターン待ってBPが溜まってからでないと使えない。最大値と毎ターンの回復量は戦闘によって増加するが、初期値はキャラごとに固定である。
一部の強な技は、BPに加えてさらにEPを消費する。EPは要するにその武器の耐久度であり、0になると武器が破壊され、武器の修理を行うまで使用できなくなる。武器の強化によって強度を上げる事が出来、強度を上げるとEPの消費量が下がる(強度を強化すると武器の攻撃などが下がったりするため、強化の仕方は好みによる)。武器を使わない体術はEPの代わりにLPを消費し、また武器の中にもEPが存在せずLPを消費するようになっている武器がいくつか存在する。

特定の技では、「足」「加撃」と言った追加効果が発動する事がある。
足は突進技などのキャラクター自身の移動を伴う技に多く、通常よりもかに高スピードで移動して技を繰り出す。
加撃は文字通り追加攻撃を付け加えるもので、多段技に多い。
さらに一部の技ではこれらが同時に発動することもあり、同時に発動した場合は「義」となる。シリーズ定番の「乱れ雪月花」は今作ではある技の義である。

これらの他にも連携システムも導入されている。
連携はこちらのキャラクターが連続して攻撃を行う時、1度に攻撃を繰り出して効果UPを生み出す。この時連携の名前が、各キャラが繰り出す技名を(一定の法則に従って)そのまんま繋げただけのものであるため、ネタとしか思えない名前になる事もある。
また、「」と呼ばれる特別な連携が発動することもある。(後述)
ターン内の行動順を定することも可なため、上記のネタ名連携などを狙って出すことも可


術について


術は火・・土・幻・魔・・闇・気・邪の10系統。このうち闇と邪の術は特定キャラクターのみの固有術であり、任意で覚えることはできない。
基本的にBPを消費することで使用可だが、強な術はLPを消費する。

合成術は特定クラスで術合成を行うことで使用可
術合成を行うことで威自体を強化できるほか、BP/LP消費を抑えたり補助効果を加えることが出来る。


陣形について


形は名前のついた特定配列の中からセレクトするのではなく、パーティメンバーキャラの左右の並び順、および前列・中列・後列のどこに配置するかを個別に選ぶ。

形において、特定の位置関係にいる3人以上のキャラクター特定の順番で技を繰り出す時、「」と呼ばれる特別な連携(形技)が発動する事がある。


敵モンスターについて


他のロマサガシリーズ同様シンボルエンカウント方式を採用。敵レベル戦闘回数により上昇し、逃走時には変化しない。但し逃走にはLP消費が必要なので多用できない。

敵の種族ごとに「どのようにして外敵を探しているのか」が決められており、例えば人間動物などはで見て探しており、植物昆虫は音で探している。そのため、視覚に頼っている敵はステルスで姿を隠し、音に頼っている敵は忍び足で足音を消すと発見されなくなる。機質系などは敵を探している方法が嗅覚であり(アルティマニア参照)、どちらを使っても隠れる事が出来ない。

ラスボスよりも強いボスが何体か存在し、ラスボスもある手順を踏めば非常に強になる(後述)。
あるイベントをこなすことでSFC版では戦うことが出来なかったシェラハと戦闘できるが、対策しではのように強い。


ディステニィストーンについて


ストーリー上のキーアイテムとして、「ディステニィストーン」と呼ばれる宝石が合計で10個登場する。詳細はディステニィストーンの項を参照。


おもな登場人物


主人公
主人公以外

次へ»
最終更新日: 18/03/03 02:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ