ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロラン・バルト


ヨミ: ロランバルト
掲示板をミル!
2カキコ!

ロラン・バルト(1915~1980)とは、フランスの文芸批評家である。


概要


作者の死」でおなじみの人である。

シェルブールに生まれ、バインヌに育つ。諸ジャンルを横断しながらも常に書く行為、書かれたもの:「エクリチュール」に対する思考と実践を行い続けた。

処女作である『零度のエクリチュール』で作家の形式におけるアンガージュマン(社会運動参加)をし、続いて『現代社会神話』で日常生活に浸透したブルジョワ・イデオロギーを批評的な視点から浮き彫りにした。ここで用いられているのが「デノテーション / コノテーション」である。デノテーションとは字義通りの意味であり、コノテーションとはその上に重ねられる二次的な言外の意味である。
バルト現代社会には「コノテーション」の次元に属するイデオロギー的な「神話」があふれており、それを批判したのである。こうしてボードリヤールやカルチュラル・スタディーズに先んじてマルクス義と記号学を融合させた提言を行ったのが初期のバルトであった。

記号学の原理』でソシュールやイェルムスレウなどの理論を取り入れ記号学を練り上げると、「文学科学」を志向し「物語論」につながる構造義的な批評を行ったが、やがて60年代の終わりにあきらめたようだ。そして新批評に対する批判からバルトは新しい着想に着手する。そしてかの有名な、ファッション記号論的に取り上げた『モードの体系』などを発表した後、ついに「作者の死」に至る。

作者の死」とは文学作品を読解する際、作者の意図などを理解すべきだとし、読者作者オリジナル性を作品理解のためにめるが、バルトはこうした前提は近代に特有の発想であって、今こそ解体しなければならないとしたのである。そして「作者の死」の後に来るものとして「様々な引用によって織り合わせたもの」、「テクスト」をバルトは「作品」から区別したのである。つまり「作者」と密接な関係を持つ「作品」など存在せず、あるのはただ一絶対の意味=起など持たない、ほかの様々な「テクスト」によって織りなされた「テクスト」だけであり、「読者」こそがそこにそれぞれの読解で異なる意味を産出していくのである。
こうしてアルチュセールのイデオロギー論と同様、実存義などによって提唱された近代的な自立的体が消失する打撃が与えられたのである。

70年代に入るとバルトは、何らかの文学理論を提示することよりもエクリチュールの快楽的実践へ向かったといえる。しかし依然として鋭い批評的考察が続けられていったのである。


関連商品


■az4480094105
■az4622081113


関連項目



最終更新日: 17/05/24 02:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ