ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロレント・F・シュゲルグ


ヨミ: ロレントエフシュゲルグ
掲示板をミル!
45カキコ!

ロレント・F・シュゲルグとは、『ファイナルファイトシリーズ、及び『ストリートファイターZEROシリーズ等のキャラクターである。


概要


ファイナルファイト』のアーケードステージ4のボスとして初登場(SCE移植版には登場せず、続編の『ファイナルファイト2』にてステージ5のボスとして登場)、『ストリートファイターシリーズでは『ストリートファイターZERO2』から参戦している。

代表アメリカだが出生は旧東ドイツ1980年アメリカへ亡命している。年齢は推定30代後半~40代半ば(ZERO2時点)。
カーキ色の軍服ベレー帽姿で、顔に斜めにはいった大きな傷跡が特徴的。一人称が「輩」など、口調や発言も軍人然としたものである。やや狂人じみた性格で人的とは言い難い面も立つが、洗脳による統治を否定する等、彼なりの美学も持ち合わせている。

犯罪組織マッドギアの元幹部であり、マッドギア壊滅以降は「全員が軍人」という究極理想国家を建すべく奮闘。
究極の防と璧な平和の実現をしている。軍備増強や人材集めに余念がなく、勝利メッセージ等で、の高い格闘を部下として自分の軍隊に引き入れようとする様子が見て取れる。

爆薬銃火器の扱いに精通した兵戦のプロで、勝利のためには手段を選ばない。『ストリートファイターシリーズではロッドによる攻撃は論のこと、生身の人間手榴弾を仕掛ける、惜しげもなくナイフを投げる等、およそストリートファイターらしからぬ技の数々で相手をイラつかせ翻弄する。

そのやり口は「卑怯」「狡猾」と評されることがあるが、本人は『ZERO2』にて「卑怯者という言葉は負け犬から聞ける最大の賛辞である」としている。

ZERO2』エンディングでは、戦車に乗り込みメトロティで武装起を起こそうとしている。

ZERO3』ではサイコドライブを奪うためベガと戦うが、「洗脳による統治など愚の頂」としてこれを破壊した。その後、一度は袂を分かったマッドギア時代の同僚・ソドムが再び現れて「ロレントの夢である璧な平和をどうやって果たすか見てみたい」と言い、ロレントは彼を「同志」と呼び、璧なる平和を築くと宣言した。一方ソドムエンディングでは、ベガサイコドライブに命をかけて突撃したソドム生存を信じた。

ファイナルファイトリベンジ』では概ね『ZERO2』のエンディングを踏襲している(ちなみに当作品のハガーエンディングはその逆側からの視点である)。また、部下であるエルガドの家族を殺したと設定されており、エルガドのエンディングでは隙を見せたために彼の復讐を受けるところで終わる。

ストリートファイターEX』では、ドクトリンダークバックストーリーに関っており、ロレントの部隊はダークの所属していたガイル直属の部隊を壊滅させ、ダークに重症を負わせている。これによりダークの性格が一変し、ガイルとロレントに対し復讐論むようになった。


ストリートファイターとしての性能


必殺技は移動技から追加入で奇襲技に変化するものが多くトリッキーキャラ。接近戦は弱Pや投げで追い払い、とにかく逃げるそこから奇襲や牽制で、うまく相手の移動や牽制を潰していくのが基本的な戦法。


蛇足


スーパーストリートファイターⅣマッドシティメトロティステージ開された際ロレントの参戦を期待されたが、全然そんなことはなかった

…が、2014稼動のストⅣアッパーバージョンウルトラストリートファイターⅣ』にて遂に参戦。
「S.I.Nが開発した強化装置の情報を得て、軍備拡のために強奪を計画する」というストーリーになっている。

尚、テーマ曲は『ファイナルファイト』のSTAGE4後半のアレンジである。ロレントのテーマ曲は『ZERO2』以降長らくSTAGE5前半、いわゆる「ベイエリア」のアレンジであったため、『ウル』にてようやく彼本来のテーマ曲が使用されたと言える。


関連動画



■sm3150351[ニコ動]

■sm1917687[ニコ動]


関連商品


■azB000UN8QHG
■azB000VPD21S
■azB00005QBBE


関連項目



最終更新日: 16/05/20 02:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ