ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロンドンオリンピック


ヨミ: ロンドンオリンピック
掲示板をミル!
974カキコ!
  1. 第4回夏季オリンピック⇒ロンドンオリンピック(1908年)
  2. 第13回夏季オリンピック⇒ロンドンオリンピック(1944年)
  3. 第14回夏季オリンピック⇒ロンドンオリンピック(1948年)
  4. 30夏季オリンピック当項で解説

ロンドンオリンピック(London Olympic)とは、2012年に開催された第30夏季オリンピック(Games of the XXX Olympiad)である。

日本との時差は-8時間(サマータイム)。なお日付は全て現地時間記載とする。

日本メダル獲得数  :7個 :14個 17個  計:38個

→詳細はこちら

概要

夏季オリンピック
ロンドンオリンピック
正式名称
30オリンピック競技大会
Games of the XXX Olympiad
基本情報
開催 イギリスイギリス
開催都市 ロンドン
開会式 2012年7月27日
閉会式 2012年8月12日
競技種 26競技302
参加・地域 204
新採用/追加競技
  • ---
オリンピックテンプレートボックス

ロンドンでのオリンピック開催は1908年の第4回、1948年の第14回に続き3回となる。1944年の大会は中止となっているため、回数としては4回である。同一都市での近代オリンピックの3回開催は史上初。

2012年季ロンドンオリンピック大会は204と地域から選手が参加し、2012年7月27日から812日までの間、26競技、302が行われた。また、史上初めて全てのと地域から女子選手が参加した大会ともなった。マスコットは一つが特徴的な「ウェンロック」で、近代オリンピック発祥の村「マッチ・ウェンロック」がその名の由来となっている。


Inspire a generation


ロ ンドン五輪スローガンは、「Inspire a generation」(世代をえたインスピレーション)。このスローガンを表すかのように、開会式のリレーの最終ランナーには7人の10代のアスリートが選ばれ、かつてのメダリストたちから託された火トーチをもって火台への点火を行った。


テーマは「エコ」


ロンドンオリンピックは「史上最もエコオリンピック」をし、準備段階からCO2排出量やごみ削減などの標値を明示するなど、環境に配慮した大会作りが行われている。会場用地として土壌汚染地域の浄化・再生、あふれる公園の配置、建造物へのリサイクル資材の活用、再生エネルギーの利用、公共交通機関・徒歩・自転車での移動の推奨など、環境に配慮した様々な取り組みが行われた。既存施設の活用や、会場全体がコンパクトな地域に収まっているといった特徴も。


ソーシャルメディア時代のオリンピック


ロンドンオリンピックは、本格的なソーシャルメディア時代を迎えて以降初のオリンピック であり、TwitterSNSを通しての情報発信が運営側、選手本人、協賛企業など各所で活発に行われ、またソーシャルメディアを利用して観戦を共有する場も多く用意された。それを意識して開会式では、TwitterFaceBookを匂わせるCGが多用されSNSサービスを意識した演出が使われた。

一方でIOCはチケット保有者や関係者に対して「ソーシャルメディア等のインターネットサイト上での画像・動画・音を配信・開の禁止」「第三者に画像・動画・音を利用させることの禁止」「発言範囲の限定」等の厳しい規制も設けている。オリンピック関連の写真動画の利用や転載には注意した方が良いかもしれない。


ロンドンオリンピックでの主な規制



日本代表選手団


日本代表選手団は選手293人、役員225人の合計518人。選手内訳は男子137人、女子156人であり、過去二番の規模である。団長全日柔道連盟会長でモントリオール五輪メダリスト上村将はやり投げ代表の村上幸史、副将はレスリング代表の吉田沙保里。開会式での選手入場では、日本代表団は95に登場し、旗手はレスリング代表の吉田沙保里選手が務めた。

今回のオリンピックでは初の試みとしてマルチサポートハウスメイン会場近くに設けられた。トレーニング室やミーティング室、さらには日本レストランサウナ、畳敷きの部屋、ウォッシュレットなど日本選手をサポートするための様々な施設が備えられている。

競技

今回五輪より野球ソフトボールが競技種より除外された。

競技結果(日本)

メダル獲得数  :7個 :14個 17個  計:38個

金メダル
松本 - 柔道女子57kg級 ※この階級での金メダル獲得は日本
内村航平 - 体操男子個人総合 ※個人総合での金メダルロサンゼルス大会以来28年ぶり
小原日登美 - レスリング女子フリースタイル48kg級 ※この階級での金メダル獲得は日本
調 - レスリング女子フリースタイル63kg級 ※日本女子選手として全競技通じて史上初の大会3連覇
吉田沙保里- レスリング女子フリースタイル55kg級 調に続き日本女子選手史上2人の大会3連覇
村田諒太 - ボクシング男子ミドル級 ボクシングでの48年ぶり、この階級でのメダルは史上初
満達 - レスリング男子フリースタイル66kg級 レスリング男子でのソウル大会以来24年ぶり
メダル
平岡 - 柔道男子60kg級
三宅 - 重量挙げ女子48kg級 日本女子の重量挙げでのメダル獲得は初
中矢 - 柔道男子73kg級
内村航平加藤田中和仁・田中典・山室 - 体操男子団体
鈴木聡美 - 競泳女子200m泳ぎ
入江陵介 - 競泳男子200m背泳ぎ
古川 - アーチェリー男子個人
杉本美香 - 柔道女子78kg
藤井瑞希・垣岩- バドミントン女子ダブル ※日本人選手としてバドミントンでのメダル獲得は初
入江陵介・北島康介松田丈志・藤井拓郎 - 競泳男子400mメドレーリレー ※日本選手団としては史上最高位
内村航平 - 体操男子別ゆか
太田千田健太淡路卓・三宅 - フェンシング男子フルーレ団体 ※団体でのメダル獲得は初
福原愛石川佳純平野早矢香 - 卓球女子団体 ※日本として卓球でのメダル獲得は初
サッカー女子(なでしこJAPAN) ※女子サッカーでのメダル獲得は初
銅メダル
萩野公介 - 競泳男子400m個人メドレー 日本男子の個人メドレーでのメダル獲得は初。競泳で高校生メダル獲得は56年ぶり
海老 - 柔道男子66kg級
早川江美中香緒里 - アーチェリー女子団体 ※団体でのメダル獲得は男女通じて初
- 競泳女子100m背泳ぎ 27歳でのメダル獲得は日本競泳女子の史上最年長
入江陵介 - 競泳男子100m背泳ぎ
鈴木聡美 - 競泳女子100m泳ぎ
上野順恵 - 柔道女子63kg級
松田丈志 - 競泳男子200mバタフライ ※2大会連続
西山将士 - 柔道男子90kg級
立石 - 競泳男子200m泳ぎ
- 競泳女子200mバタフライ
鈴木聡美・加藤ゆか・上田 - 競泳女子400mメドレーリレー
室伏広治 - 男子ハンマー投げ
松本隆太郎 - レスリング グレコローマン60kg級
湯本進一 - レスリング男子フリースタイル55kg級
清水 - ボクシング男子バンダム級 男子ボクシングでは44年ぶりの日本メダル獲得
バレーボール女子 28年ぶりの銅メダル獲得

次へ»
最終更新日: 18/02/10 19:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ