ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ローザ(デススマイルズ)


ヨミ: ローザ
掲示板をミル!
27カキコ!

ローザとは、シューティングゲームデススマイルズシリーズに登場するキャラクターである。


概要


ローザ

初代作『デススマイルズアーケード版)』で、プレイヤーキャラ(自機)として登場。ただし当初は使用制限がかけられており、存在自体も隠されていた。グレードアップバージョンである『デススマイルズMBL』および庭用(Xbox360版)では最初から使用可となっている。

デススマイルズ2』ではデモシーンおよびエンディングにのみ登場。
その後、Xbox360移植作である『デススマイルズ2X』にて自機として復活した。


自機性能


攻撃はショットレーザーともに高威・広範囲を誇る。一方で「使い魔ショット時固定(これについてはキャスパーと同様)」「ロックショットの照準が自機後方に展開」「移動速度レーザー時の方が若干速い」というクセがある。もっとも、高火力メリットがそれらに勝るので、初心者にとっては「クリアに最も近いキャラクター」と言われることもある。

ただし、『デススマイルズMBL』では他のキャラに相応なパワーアップが施されたため、アドバンテージはほとんどくなってしまった。そして『デススマイルズ2X』で待望の復活を遂げたとき、再び強キャラの座に返り咲くこととなった。


人物


アメリカカリフォルニア出身の17歳ディオールの長女。妖精ティティー”を使役する「精霊使い」。

8歳のころ交通事故に遭遇。瀕死の重傷を負ったところで異世界ジルバラード”へ飛ばされ「生きたい」という強い思いが異世界へのを開く、と言われる。ディオール卿の保護を受けることに。以降、「ローザディオール」を名乗り本来のファミリーネームは不明。、同じくディオール卿に保護された少女たちのとして、また身につけた魔法で人々に貢献する“エンジェル”のリーダーとして、たちをまとめ上げている。

露出の高いドレスを身につけ、緊迫した場面でも「~わぁ」「~よぉ」「うっふ~ん」といった口調で、色気を含んだ言い回しを好む。これらはたちの緊を和らげ、場を和やかにしようという本人なりのジョークのつもりらしい。しかし、ハズし気味なのが事実である。

見たとは裏に、実際は庭的で家族に満ちた少女。特にディオール卿への敬姉妹の中で最も深く、その様はエンディングから垣間見ることができる。

・・・・・・以上のように「崩せるところは崩し、締めるところは締めるキャラ」という設定なのだが、コミカルタッチに路線を変更した『デススマイルズ2X』において、最もキャラ崩壊しいキャラでもある。最たる例はフォレットとの2人プレイ時で、ステージ間の会話シーンではもうやりたい放題である。

使い魔:ティティー

ローザに仕える妖精。自機として使用時の高火力は、彼女の放つ特殊弾に依るところが大きい。

場違いなローザ台詞に対して、ツッコミを入れる役回りが多い。濃いキャラクタが多い本作(のみならずCAVEシュー全体)において重な常識人(?)であるが、その様ははいてないようせい。『デススマイルズII』でやっとを着た。

他キャラからの評価

年齢的にも異世界での居住期間においてもエンジェルの中でトップであり、他の少女(&少年)からとして、リーダーとして、一定の尊敬を集めているようである。

対ウィンディア

エンジェルとしては後発であるウィンディアのことは何かと気にかけており、優しいであろうと心がけている。しかし『デススマイルズ2X』では、敬するディオール卿の危機から余裕を失っており、ついつい辛く当たってしまう。とはいえウィンディアの方は、「体調が悪いのかな?」程度であまり気にしていないようであった。

対キャスパー

上の人間に対する敬意が足りないように見えるキャスパーだが、ローザに対しては「最も身近にいる大人女性」として憧れをいだいているようであり、『デススマイルズ2』のエンディングでは「ローザのようなセクシードレス」を所望するシーンが有る。

対フォレット

キャスパーと逆に、最もローザを尊敬しているのがフォレットである。もはやその敬意は一線をえており、フォレットローザに近づくと、ローザ薔薇百合に変わる。

対スーピィ

その年齢差、実に10歳! イメージソングデスクリスマイルズ”には「ディオール爺さんピンチ!」という歌詞があるが、ピンチなのはむしろローザの方である。案の定、初対面の際には、スーピィからおばさん呼ばわりされてしまうのであった。

対レイ

初対面の時点で、レイ男の子であることを見抜いたローザ。さっそくそれをエサに、「(黙っていてくれたら)何でもします!」という言質をまんまと得てしまう。その後もサタンクロウズに(性的な意味で)をつけられたレイをからかうなど、どうやら尊敬より畏怖の方を集めてしまいそうである。


評判


「狙いすぎなお色気担当」かつ「不相応な17歳という年齢設定」のせいで、登場ネタキャラの烙印を押される。名前を呼ばれるときは必ずと言っていいほどローザさんじゅうななさい“。本人も実年齢以上に見られるのを気にしていることが、『デススマイルズIIX』の“おねだりエンド”(エンディング選択肢で「おねだりする」を選択)で知ることができる。が、そこでとった行動により、ますます○○○に見られることに・・・。

一方で、ネット上でローザを熱心に支持する層も存在。ヨークを中心とするこれらの層がローザへのを説くと、ランカスターを擁するネタが「ローザさん自作自演」と即座に返し、小競り合いから内紛にまで発展。シュバルリッツ・ロンゲーナ大佐による千年闘争(英:The Thousand Years War終戦後に勃発したこの内紛は、ローザを中心に起こったことから後に薔薇戦争鋳薔薇』は関係ない。英:Wars of the Rosa)と呼ばれることとなった。

こんなにかわいいローザちゃんをいぢめるなんて、信じられないわぁ

・・・とにかく、CAVEシューターの中でもこのように評価が分かれる、しいキャラである。

特別ふろく ~あなたのハマリ度チェック~


関連動画



■sm2309252[ニコ動]

■sm3589448[ニコ動]
■sm5010008[ニコ動]
■sm5257499[ニコ動]
■sm10857571[ニコ動]


関連コミュニティ


■community


関連商品


■azB001JQKZGI
■azB003AQBANW
■azB000A38SL0


関連項目


 


最終更新日: 10/06/02 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ