ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ローズマリー


ヨミ: ローズマリー
掲示板をミル!
129カキコ!

ローズマリーとは…

  1. 地中海沿地方原産のシソ科の常性低木。から先にかけて咲かせるがかったが美しく、観賞用として用いられるほか、香ハーブ、精油の原料としても利用される。丈夫で栽培が容易なこともあり庭でもメジャー植物である。言葉は「変わらぬ」「貞節」「実」など。
  2. アニメ明日のナージャ』の登場人物。本稿で解説
  3. ゲームpop'n music』の登場人物 →「Fantasia
  4. アニメThe World of Golden Eggs』に登場する二人組の男性ローズ&マリー
  5. ゲームネクストキング』の登場人物
  6. ゲームメタルギアソリッドシリーズの登場人物。通称ローズMGS2MGS4外伝に登場。
  7. ゲーム邪聖剣ネクロマンサーNIGHTMARE REBORN』の登場人物(マリー)。このゲーム仲間ハーブ繋がりな名前なのでマリー元ネタもローズマリーだと思われる

概要


ローズマリーとは、20世紀のお様をめざすプリンセスである

東映アニメーション制作テレビアニメ明日のナージャ』の電波であり、日曜8時30幼女恐怖のどん底に叩き落し、ついでにプロデューサーもどん底に叩き落した女児アニメ史上最狂のヒロインとの呼びが高い

主人公であるはずのナージャを差し置いてニコニコ大百科に記事が出来るほどに、視聴者の心に刻まれている。

なお、「ナージャ」が放送された2003年期の日曜アニメでは彼女に限らず『爆竜戦隊アバレンジャー』の「アバレキラー」と『仮面ライダー555』の「草加雅人」という、彼女並みにんだキャラクターが2人も活躍していたため、子供向け番組史上類を見ないほど陰キャラが3作品に渡って登場するというトリプルパンチ状態だった。

数々の名台詞伝説としてり継がれている。


来歴


初登場は第1話。この時点では名前すら定められてない、いわゆるモブキャラだった。

第2話でようやくセリフと名前が与えられるものの、ナージャがすぐに立った為、そのままフェードアウト
以降は回想シーン等にチラチラと姿を見せるだけで、この時点では「ナージャと同じ孤児院にいた女の子」以上の役割を持たないキャラだった。しかし…


モブキャラから悪役へ 


28話にて再登場(夏休み再放送の終わりにあわせて放送された新作だった)。

みすぼらしいメイド服を着て、中流貴族ボンボンにこき使われながらも、時折、屋根部屋ボロボロドレス着替え私はプリンセスローズマリー。明日はきっと、王子様が迎えに来るわ。と、ありもしない妄想に浸る、非常に痛々しい可哀そうなキャラになっていた。

このローズマリーの妄想を(本人が望まずとも)達成していたのがナージャであり、それを知ったローズマリーは嫉妬に狂い、ナージャのすべてを奪うためにその手を汚して奔走するのである。

ナージャ、あなたは私の忠実なナイトだったはず。なのに、まるでお様みたいに振舞って!
この裏切り者ぉー!!!

その後、ナージャを続けている間、ローズマリーは着々と計画を進めていく。
自らナージャ替え玉となり、本物のプリンセスになるために(最初は短かった出演時間も、回を重ねるごとに段々長くなっていった)。

そして、ナージャの存在を世間にアピールするために出席した舞踏会で、ふたりは突する。


ナージャとの対決、運命が味方した勝利


ナージャはそれまで、どんなに困難も主人公補正たぶらかした男共を利用することでその純っ直ぐな心と、ひたむきな行動で乗り越えてきた。

手を汚しきって悪役に成り果てたローズマリーに勝ちはない様に見えた。

しかし…

想像もしてなかったでしょう? このお人よしがッ!
優しくて可くて、からも好かれてるってだけじゃ、幸せになんてなれないのよ!

ローズマリーは見事にナージャを出し抜いて、舞踏会から叩き出す事に成功する。
それでもナージャは諦めなかった。母親会いたい一心で、危険を省みずに屋敷に向かう。

そこでナージャが見たのは、以前、互いの素性を知らずに意気投合した女性だった。
ナージャを一見れば実のである事に気づくはずである。

ナージャ必死に叫んだ。だが、教会の鐘の音に遮られ、その母親に届くことはなかった。

ローズマリーには脚本家運命すら味方していたのである。

あらまあ、しいおさんがいるわ。それとも、それも芸人の芸なのかしら?
その子、どろぼうよ! お願い…私の大切なブローチを、そのどろぼうから取り返して!


ナージャとの再戦、予想外の結末


その後、ウィーンを追われる事になったナージャようやく主人公らしい苦労を重ね、紆余曲折を経てふたたびローズマリーと対峙する。

流石のローズマリーも、今度ばかりは命運が尽きたかと思われた。
だが…

あなたが私に勝てるわけないじゃない。おばかさんなナージャ」 

ナージャの烙印を押され、投される本物のナージャ
の降る中、広大な屋敷の庭で一人、暗いに向かって高々に笑うローズマリー。

その喜びを分かち合う者は視聴者以外もいない…。

…この後、ローズマリーは公爵財産の独占を当てに自分と手を組んだ勘当息子ヘルマンとその手下の悪行が暴露され失墜。誤解が解けたナージャ本人によりビンタの一撃を食らった。優しいナージャが見せた本気の怒りであった。

そして然と返してあげる。何もかも。」 「私は、自分のおを探す。と、如何なる社会においても勝ち抜くと言う、自分の生き様を表した。

最後にはナージャに対してを奪ったことのみを謝り、また会えるのを楽しみにしてるわ。ご機嫌よう、プリンセスナージャ の一言を残し、プレミンジャーの宮殿を後にした。

その後の彼女行方を知るものはいない…。

…と、思われたが、本編の後日談を描いたドラマCD「明後日のナージャ」で生存が確認された。

プリンセスだったころのわがままっぷりが抜けず、必死に資をやりくりするナージャを振り回している。


ローズマリーが登場した経緯、その後の評価


明日のナージャ』は少女アニメの原点をして製作されたアニメである。
しかし、玩具の販売を中心にした商品展開が、世界観と噛み合わなかった為か、視聴率、玩具の売り上げ共に振るわず、不人気作品のレッテルを貼られてしまう。その状況を覆すべく、投入されたのがローズマリーだった。

それまでのナージャのすべてを否定する強キャラ付けを持って、順満帆で欠だったナージャを一度ならず二度までも不幸のどん底に叩き落し、ストーリー引っ掻き回した盛り上げた事は、良くも悪くも話題を呼んだ。
だが、ローズマリー関連の商品は発売されなかった為、結局玩具の売り上げは振るわず、未だに不人気作品のレッテルは貼られたままである。

翌年からスタートした『プリキュアシリーズ少女アニメとして前の人気シリーズとなったこともその一因であろう。

だが忘れてはならない。信念を貫き通した少女の名を。


関連動画



■sm3717498[ニコ動]

■sm6109420[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/04/20 20:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ