ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワイト


ヨミ: ワイト
掲示板をミル!
92カキコ!

ワイトとは、元々は古い英語で「人間」を意味していたが、時代がたつと人間妖精を含めた「山の住人」という意味となり、さらに時代をえて「惨めな人間」という意味を持つようになった。
ファンタジー作品などでは、アンデッドクリーチャーの意味を持つ。
変わったところでは、イギリスの1つに、ワイトという名前のところがある。


概要


アンデッドクリーチャーは様々な作品に登場していたが、初めてワイトが登場したのはおそらく指輪物語である。(ただしワイトという言葉自体は昔から小説に使われていた)
指輪物語に出てくるワイトは塚人(バロー・ワイツ)と呼ばれる。王族を葬るなる場所に、悪霊たちがやってきて王族の死体に乗り移ったゾンビである。
存在そのものが邪悪であり、視線は冷たくり、には人を眠らせる効果がある。捕まったら儀式の末に同じワイトにされる。ホビットフロドも捕まるが、なんとか脱出した。


その他の作品に出てくるワイト



遊戯王OCGのワイト


ニコニコ動画で一番有名なのはおそらくこちら。
MAD動画で使われたことで何故か広く認知されている。そちらの詳細は「ワイト(けものフレンズ)」の記事にて。

以下、遊戯王カードwikiより。

ワイト/Skull Servant
通常モンスター/1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。攻撃は弱いが集まると大変。

 1999年3月、初期に登場したカード。当初はただの雑魚カードであり、使いはなかった。一応は融合で「フレイムゴースト」「アンデット・ウォーリアー」になるが、どちらも貧弱なステータスである。しかし1・通常・闇属性とそして「ワイト」である事、後にこれを補助することができるカードがいくつも発売される。
現在はワイト本体が手札に複数枚来てもリンク召喚素材にできるため、手札に来ても事故にはならない。
アニメにも何度か登場。何気に各作品一回は登場している。
上記の融合モンスターも「簡易融合」からのシンクロ素材化など、使いが少しずつ増加している。

ワイトキング/King of the Skull Servants
効果モンスター/1/闇属性/アンデット族/攻 ?/守 0
このカードの元々の攻撃は、自分の墓地に存在する「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。このカード戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体をゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。

2005年2月に発売されたカード。ワイトが墓地にたまれば最高で5000もの攻撃を誇る、アンデットらしい墓地依存である。

ワイト夫人/The Lady in Wight
効果モンスター/3/闇属性/アンデット族/攻 0/守2200
このカードカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。また、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上に表側表示で存在する「ワイト夫人」以外のレベル3以下のアンデットモンスター戦闘によっては破壊されず、魔法カードの効果も受けない。

2008年2月に登場したカード墓地ではワイトとして扱うために、ワイトキングの攻撃が最大で8000となった。下級モンスターで最高クラスの守備を誇り、さらにそのでワイトを守る。

ワイトメア
効果モンスター/1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。 ゲームから除外されている自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を選択して自分の墓地に戻す。 ゲームから除外されている自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を選択してフィールド上に特殊召喚する。

2010年7月に登場したカードアンデット族最大の弱点である除外に対して強い。これの登場によりワイトキングの攻撃は最大で11000にまでなれる。ここまでったら「ワイト」いらないんじゃない?

ワイトプリンス
効果モンスター/1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0
(1):このカードカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
(2):このカード墓地へ送られた場合に発動できる。 「ワイト」「ワイト夫人」1体ずつを手札・デッキから墓地へ送る。
(3):自分の墓地から、「ワイト」2体とこのカードを除外して発動できる。 デッキから「ワイトキング」1体を特殊召喚する。

2014年4月に登場したカード墓地に送られるとワイトとワイト夫人を連れて行き、さらに除外コストワイトキングを呼ぶ。これの登場によりワイトキングは最大で14000になれる。やはり「ワイト」は必要。

ワイトプリンセス
効果モンスター
3/属性/アンデット族/攻1600/守 0
(1):このカードカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ワイトプリンス」1体を墓地へ送る。
(3):自分の手札・フィールドのこのカード墓地へ送って発動できる。
フィールドの全てのモンスターの攻撃・守備ターン終了時まで、
そのレベルまたはランク×300ダウンする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

2016年10月に登場したカード。ワイトプリンスを名しで墓地に送るため、これ一枚で大量の墓地肥やしが可となる。ワイトが必要なワイトプリンスを要しているため、やはり「ワイト」は必要。
また、手札かフィールドから墓地に送ることができ、その場合全体の弱体効果が発動できる。ただし、リンクモンスターはこの効果の一切を受けないため、注意が必要。
ワイトシリーズの中で属性のため、【カオスギミックを挟むことも可
ちなみに攻撃レベルに反して高い。

ワイトは数年おきペースで強化されている。


関連動画



■sm3454780[ニコ動]

■sm11790573[ニコ動]

■sm10076960[ニコ動]
■sm21339031[ニコ動]


関連静画


■im4475678(静画)
■im4943742(静画)


関連項目



最終更新日: 17/12/08 21:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ