ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワイルドバンチ強盗団


ヨミ: ワイルドバンチゴウトウダン
掲示板をミル!
8カキコ!

ワイルドバンチ強盗団(Butch Cassidy's Wild Bunch)とは、
アメリカ合衆国西部開拓時代に活動した強盗団である。


概要


1890年代、西部開拓の末期に活動した、最後にして最大の法者集団と評される。
ビリー・ザ・キッドジェシージェイムズなどと並び、現在でも人気が高い。

ワイオミング州の開拓地「ホールイン・ザ・ウォール()」を根とし、銀行強盗列車強盗畜泥棒などで荒稼ぎを行った。

最盛期のメンバーは10名だが、以下は最も有名な二人についてのみ述べる。

ブッチ・キャシディ(Butch Cassidy)
本名:ロバート・ルロイパーカー。ワイルドバンチ強盗団の創設者とされる。
ブッチとはButcher(屠殺者)の略称で、それに加えて師と仰いだ法者の名字を名乗った。
やくざな商売とは裏に、人好きのする性格で女には優しく、多くの人に慕われたという。
計画を立てる天才であり、彼が南に高飛びした後、強盗団残党による襲撃計画はほとんどが失敗に終わっている。

サンダンスキッドSundance Kid
本名:ハリーアロンゾ・ロングボー。ブッチの相棒
15歳犯罪に進む。泥棒に失敗して最初に逮捕された土地の名が「サンダンス」であった為にこの名をつけられ、生涯用した。
撃ちの名手であり、また美男子でもあった。現存する写真では美を蓄えたなかなかのイケメン
アメリカ映画祭「サンダンス映画祭」の名前の由来でもある。

有名になるにつれて指名手配の賞額が上がり、賞稼ぎや保安官、ピンカート探偵社のエージェントに追われる形で、二人は南アルゼンチンを経て、ボリビアへと高飛びする。
ブッチはカタギの牧場になる事を望んでいたようだが、結局そこでも強盗稼業は辞められなかったようで、南でも彼らの悪名は名高いものとなってしまった。

1908年11月3日、サン・ビセンテという鉱山町の宿屋に、二人組の男が宿泊する。
彼らが連れていたロバが、鉱山の所有を示す焼き印を押されており、しかもそれは彼らが投宿する直前に強盗されたものだった。
これに気づいた男の密告により、ボリビア陸軍騎兵部隊が宿屋を包囲。銃撃戦の末、二人は死体となって発見された。
検証の結果、片方が致命傷を負った相手を安楽死させ、その後自殺したと見られている。その後彼らは身元を特定されないまま、町の共同墓地埋葬された。

後に調団により埋葬地の発掘と検証が行われたが、DNA明できる遺物は見つかっていない。この事から、二人組はブッチでもキッドもなかったというが存在する。
説によればアメリカに戻り家族と共に平和に暮らしたとも、会社を立ち上げて実業として財を成したとも言われているが、彼らが何処でどのような最期を遂げたのかは、今もって判明していない。

2008年サン・ビセンテにブッチとキッドの記念館(Museo Butch Cassidy & Sundance Kid)が設立。当時の手配書や推定上の遺が展示されているという。


元祖ワイルドバンチ


こちらは1893年に結成された強盗団である。
中心メンバービル・ドゥーリンビル・ダルトンの名を取って「ドゥーリンダルトンギャング(Doolin–Dalton Gang」とも呼ばれ、カンザス州からオクラホマ準州を股にかけ荒らしまわった。

団の前身としてダルトン3人が中心となった「ダルトンギャング(Dalton Gang」があるが、カンザス州コフィービルでの銀行強盗の際に銃撃戦となり、2人が射殺、1人が逮捕役。強盗に参加しなかったメンバーだったドゥーリンダルトンが生き延びて手を結んだのが始まりである。
一部からは義賊的な扱いを受けており、一般人からの人気や交流、援助もあったことは、「後輩」のワイルドバンチと共通している。イーグルスの楽曲「Doolin Dalton」はこの事を題材にしている。


創作として


その波乱に満ちた生涯と活躍から、西部劇を始めとした多くの作品に彼らは登場している。


映画


その中でも最も知られているのは、1969年映画明日に向って撃て!であろう。
挿入歌雨にぬれてもRaindrops Keep Fallin' On My Head)」と共に大ヒットした。
ポール・ニューマンがブッチ、ロバート・レッドフォードキッドを演じている。絶望的な状況下、を手に飛び出す二人のストップモーションに一斉射撃の音が重なるという、衝撃的かつラストシーン話題を呼んだ。

もう一つ、映画としてはサム・ペキンパー1969年製作したワイルドバンチ」が挙げられる。
1913年のテキサスを舞台として法者達の「滅びの美」を描き出し、ペキンパーの最高傑作にして「最後の西部劇」と評されている。スローモーションを駆使した暴力描写は秀逸で、ラスト銃撃戦は「死のバレエ」と呼ばれて後続の作品にも大きくを与えた。


漫画


平野耕太漫画ドリフターズに、ワイルドバンチ強盗団が登場する。
「生死不明のまま消息不明となった人物」が「漂流物(ドリフターズ)」として異世界に漂着するという設定に準じ、ブッチとキッドの二人が登場した。

ブッチは襤褸布を被った蓬青年キッドテンガロンハットヒゲ男として描写。享楽的なブッチに対して、キッドの方がやや常識的で、入手手段のなくなったタバコ弾を出し惜しみしながら使っている。
手回し式ガトリング砲を積み込んでおり、二挺拳銃ライフルと共に、この世界では重な火力を担当。ハンニバルとスキピオを擁してのカルネデス脱出において、追跡する黒王軍を掃討して血路を切り開いた。

その後は十月機関(オクト)の導きで組と合流。ガトリング砲の残弾を全て叩き込み、不死身かと思われた廃棄物ジルドレを撃破した。その後、黒色の開発を進める織田信長に弾の尽きたを託し、他の漂流物の探索と保護に回る。

その後、菅野直とスキピオが率いる人・人連合軍に合流。
ちなみに菅野から

お前らどこのガイジンだ 西部劇丸出しのカッコだが
アメリカだったら蹴る イギリスでも蹴る」

と聞かれた時に色々察したらしく

「ボリビーア!」「ハッハッハもうボリビーア!」
「アメリーカナンテシリマセーンHAHAHA

とぼけることで回避した。どこだよボリビアってそんなねーぞ


関連動画



■sm5232037[ニコ動]

■nm13179298[ニコ動]


関連商品


■azB000BR2LMM
■azB01JFLSM40


関連項目



最終更新日: 20/05/17 17:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ