ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワギャン


ヨミ: ワギャン
掲示板をミル!
3カキコ!

ワギャンとは、ナムコが生み出したメカっぽい恐竜キャラクターである。


ワ 概要


ワギャンの本格的なデビューファミコン時代……よりさらに遡ることを知っている人は少ない。
1987年に、エレメカ(業務用の遊戯機械)の一つとしてアミューズメント施設に登場したのが、ワギャンというキャラクター歴史の始まりである。

檻の中に入れられたロボットのような恐竜「ワギャン」に向かってお客が大を浴びせると、その量を機械が測定して、その大きさ次第でワギャンの返事が変わるという、なかなか奇抜な内容のゲームだった。庭用の玩具としても発売されており、基本的な内容はほとんど同じである。
キャッチコピーは「クチのへらない卓上怪獣」で、セリフも今のワギャンのイメージからすると、かなり口が悪い。ちなみにこの時、録音したをより大きな音として再生させる玩具、「ワギャナイザー」も発売されていた。

この頃のワギャンは「大怒で発見された、生意気な性格の怪獣」という設定であり、黒一色のつぶらなものとなっている。しかしキャラクターデザインはこの時点でほぼ完成されており、今に至るまでワギャンの形自体はほとんど変わっていない。

1989年ファミコンソフトワギャンランド」が発売された。ワギャンと言えばこの辺りのシリーズが有名であろう。このゲームでは設定はまるで異なっており「ロボット怪獣ワギャンが、悪の科学者、Dr.デビルによって征された故郷のを取り返し、捕らえられた仲間達や家族を救い出す」というストーリーアクションゲームとして仕上げられている。
ワギャンの技として「音波」という武器とする攻撃方法が採用されたのは、やはり出自となっているエレメカ時代のゲームコンセプトが元になっているのだろう。
ワギャナイザーは、この音波を強化するアイテムとして登場しており、玩具の設定をゲーム用にいろいろアレンジしたことが見てとれる。

ワギャンパラダイスによれば、ワギャンは元々ナマーズ族のペットだったらしいが、数世代後の物語とはいえこの設定が全シリーズに対応するかは不明。このゲームでは、始めてプレイアブルキャラとして女の子のワギャン「カリン」が登場した(一応注釈しておくと、元から女性のワギャンは存在している)。

最新作「ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険」では秘宝「シルスベ」を守っている守護という設定になっており、周囲からは崇められている。しかし、メカっぽい恐竜というデザインはやはり変わっていない。


ギャ 関連動画



■sm9627761[ニコ動]


ガー 関連商品


■azB000068H3G
■azB000068H4C

■azB000068H4X
■azB001JJCJQ4


ギャー 関連項目



最終更新日: 13/09/19 05:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ