ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワタナベ(ライブ・ア・ライブ)


ヨミ: ワタナベ
掲示板をミル!
15カキコ!

ワタナベとは、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)のSFCゲームライブ・ア・ライブ」に登場するキャラクターである。


概要


基本的にと子の2人組で登場し、何らかの理由で死亡や怪などの被害を受け、子が泣くと言う演出が全ての時代のストーリーのどこかに挿入されている、いわゆるネタ要員。

編によって全なギャグ要員として登場する一方、ストーリーの一部に絡みシリアスな登場をする話もある。
また隠し要素となっている場合もあれば、必ず遭遇する場合もある。

何故「ワタナベ」と言う名前なのかは明らかにされていない。
ワタナベ」と言う名前そのままで登場する時もあれば、良く似た別の名前で登場する時もある。
また、必ずしも人間として登場する訳ではない。


原始編


落とし穴がある洞窟にて、父親が体をって息子の向こう側に渡らせようとする。
息子事渡りきるが、父親尽きて落下してしまう。

当然だが、セリフが一切登場しない原始編なので、名前もい。
また、ストーリーの流れ上、前情報しでこのイベントに遭遇する可性は低い。


幕末編


屋根裏のある場所に差し掛かると、小僧盗賊子として登場。
宝箱を発見し父親宝箱に向かうが、寸前で気配を察知され、下からで突き刺されて死亡
息子が泣きながら父親を引っってどこかへ消えていく。

おここでのイベントを見る前に、ここの下に位置する部屋にいる人物を殺しておくと、ワタナベが死なずに済む。
当然、狙っていた宝箱を入手する事に成功するため、こちらが手に入れられなくなる。

義賊になろうとしてるようだが、利己的な発言が多く、本当に義賊になるつもりがあるのかどうかはやや疑わしい。


現代編


グレートエイジャ戦で、エイジャが左上を向いている状態で「カミツキ」を使うと、外野からのヤジとして空き缶が飛んでくる。
この空き缶を投げるのがワタナベである。(ただし、名前などは一切登場しない)
投げた後はエイジャが場外へ行きワタナベボコって戻ってくる。

条件が厳しめの上に空き缶が飛ぶ確率が高くないため、中々見られないイベントである。


近未来編


必ず登場。
ワタナベ子はちびっこハウス(孤児院のようなもの)に預けられている、の帰りを待つ子供として冒頭から登場する。
主人公のパシリ的な存在になっているので、ちびっこハウス子供の中でもかなり立つ方である。

ワタナベ物語終盤にて、敵組織に実験体とされ戦闘兵器改造され人間ではなくなった姿(液体人間W1号)で登場する。
主人公らとの戦闘敗北した後、死の間際に人としての記憶を僅かに取り戻し、息子の安否を気遣って死亡する。
最期まで息子と出会うことはかった。

なお、父親フルネームワタナベコウゾウである。息子の名前は不明。


SF編


必ず登場。
人物としての登場ではなく、主人公らが乗る宇宙船「コギトエルゴスム号」の外部通信アンテナとして登場する。
アンテナと子アンテナセットで機するシステムで、「ワタナベイション・システム」と命名されている。
アンテナ地球への送信、子アンテナ地球からの受信を担当している。

イベントにてアンテナが破損する。
船のクルー修理を試みられるが、アクシデントにより結局修理されないままであった。
しかも、その後別のイベントにより爆破され、アンテナアンテナ共々宇宙の藻となってしまった。

扱いは軽いが、光速通信(または超空間通信)が使えるはずであり、実はけっこう高性である。


西部編


必ず登場。

物語後半、どこからか荒野を3日3晩歩き通しでようやくサクセズタウンを発見し辿りついたが、サクセズタウンに攻め込もうとする法集団「クレイジーバンチ」にが射殺される。息子は泣きながらを引っって退場。

なお「ワタナベ」と言う名前は出ていないが、息子の名前(または称)は「ワット」。


功夫編


心山拳の継承者にサモを選んだ場合にのみ、物語終盤に義破門団の本拠地へ乗り込む際にワタナベ子のみ登場。

かつて義破門団に殺されたと言うワタナベの敵を取るため、拳法ワン・タンナベ拳」を用いて乗り込むが、義が不発して自爆してしまい、逃走する。


中世編


必ず登場。

物語冒頭にて、武術大会準決勝のストレイボウの対戦相手としてワット・ナーベが登場、主人公アームストロングと戦っているであっさり敗北する。
敗北すると息子が泣きながら駆け寄ってくるが、兵士に連れられあえなく退場。

余談ではあるが、この武術大会の優勝者に与えられるのはアリシア婚する権利である。
子持ちの(即ち既婚者でもある)ワットがなぜこの大会に出場したのかはである。


最終編


とあるダンジョンの中に登場。

他のルクレチア人とは違い石化した状態で存在し、アキラテレパシーによって心を読む事が出来る。
ストーリーに関係した事は言わないが、代わりにとあるボスの登場条件についてヒントをくれる。

名乗らないので名前は不明だが、から読み取れる文字から推察すると「ワタナ○」である。
なお、最終編はストーリーとしては中世編と同じ世界のすぐ後の時代の話であるが、中世編に登場したワット・ナーベとその息子子とは別人の様子。(名前が違う)


関連動画



■sm2196200[ニコ動]


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 16/05/07 07:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ