ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワルプルギスの夜


ヨミ: ワルプルギスノヨル
掲示板をミル!
765カキコ!

もしかして
ワラキアの夜
オギプルギスの夜
魔法小木おぎか☆オギダ


ワルプルギスの夜独:Walpurgisnacht / 英:Walpurgis Night)とは、

  1. ヨーロッパの一部地域で行われる伝統的な祭り。「ヴァルプルギスの夜」(ドイツ語読み)とも。
    4月30日から5月1日にかけてのす。
  2. アニメ魔法少女まどか☆マギカ』に登場する魔女

この項では 1.にも触れつつ、2.について重点的に記述する。


1の概要


4月30日5月1日(特にドイツなどでは4月30日から5月1日にかけての)に、スカンジナビア半島から中欧にかけての地域を中心にヨーロッパの広い範囲で行われている祭り

古くはを迎えるための儀式の一つであったが、ヨーロッパキリスト教が広まってからはこれらは異教の習であるとされ、次第に魔女による儀式として変容していった。ドイツでは、4月30日魔女たちがブロッケン山に集い催される宴として言い伝えられている。

魔法少女まどか☆マギカ」のモチーフの一つと思われているゲーテの戯曲「ファウスト」にもワルプルギスの夜が魔女の集会として登場する。魔法などの異教や異文化を取り扱った作品には、ワルプルギスの夜の習を取り入れたり影を受けたものが多い。

現代では、通しでお酒を飲んだりバカ騒ぎしたりパレードをしたり最ただの魔女仮装パーティと化していたりする。特に北欧ではを挙げた大規模な祝宴としていることが多く、この様子は観光としても人気


関連動画



■sm11287018[ニコ動]


2の概要


ネタバレ注意 ここから先は、アニメ魔法少女まどか☆マギカ最終話までのネタバレ成分を多く含んでいます。
続きを読みたい方はスクロールをしてください。

単独の魔法少女では対処しきれない魔女。本作のラスボス的な位置づけとなっている。

「ワルプルギスの夜」という名前は通称であり、本名は公式で「不明」という設定。
舞台装置の魔女』で性質は。この世の全てを「戯曲」に変えるまで世界を回り続けるという。(公式サイト[外部]魔女図鑑[外部]、及び用語解説[外部]より)

アニメメインの時間軸では第11話と第12話に登場した他、第1話(冒頭の夢オチシーン)と第10話(過去話回)にも登場している。

他の魔女とは違い強大すぎる事から結界内に身をひそめる必要がなく(第11話での暁美ほむら台詞より)、現実世界にも多大なる被害をもたらす。
雑誌記事の紹介に寄れば、「現実世界に及ぶその膨大な破壊の影もあって、魔のない人間には自然災害として認識される」という。実際に、第11話においては一般の気観測センターではワルプルギスの夜の出現以前にスーパーセル発生が観測されており、機関の手での住民に避難が呼びかけられている。

その存在は、魔法少女の間では広く知れ渡っているようで、第6話で「2週間後にやってくる」と予言した暁美ほむらは当然だが、佐倉杏子や別時間軸の巴マミもこの魔女の存在と名前を知っていた。更に佐倉杏子の「二人がかりなら倒せるかも」という発言から、魔女の強さに関してもある程度のことは把握している魔法少女もいるようだ。これらのことから以前より至る所に出現しては悪さをしていたものと考えられる。

ちなみにあの高笑いを勤めたのは、巴マミ鹿目タツヤと同じ水橋かおりである。(公式ガイブック you are not alone.より)

また、「ワルプルギスの夜が登場する回が放映されると何らかの自然災害が実際に起こる」という『ワルプルギスの夜のジンクス』と呼ばれるモノ(一例:完結編TV本放映時[動])が存在するが、むしろ2011年という年がそれ程までに世界中で大規模災害が頻繁に起こった年だったからともいえる。


外観


[画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]
ワルプルギスの夜の威厳溢れる御姿
(※画像はイメージです)

1 | 2 | 3
[画像を見る]
ワルプルギスの夜の威厳溢れる御姿


1 | 2 | 3
[画像を見る]
ワルプルギスの夜の威厳溢れる御姿


1 | 2 | 3

全長は200m~400m(KEY ANIMATION NOTE vol.6より)。ツートンカラードレスを身にまとった細身の女性のような姿をしている。スカートからはゆっくりと回転する巨大な歯車が顔を覗かせ、そちら側を上にして逆さまに宙に浮いていることが多い。下半身と呼べるものは確認できず、歯車から伸びる細長い軸が胴体に直結している。

ただし、公式サイト魔女図鑑の説明や「舞台装置の魔女」という設定、サムネイルに写っている箇所などから、人の部分ではなく歯車の部分がこの魔女の本体だと考えられる。

公式ガイブックに掲載されている設定資料には、本体は歯車であるとの記述があり、人の部分は後付けの人形とされており、最終話においても実際に最後まで歯車部分が残っている描写がある。

逆さまになっているためわかりづらいが、スカートの内側つまり歯車の上が舞台になっており、そこで使い魔演劇を上演できたらしいが、本編では使われなかったそうだ。

移動するだけで町を破壊する極めて強魔女であるが、本人に破壊の自覚はなく、演が大事であり、観客をめて人の集まっている場所をしているだけらしい。

また使い魔には、つかまえた相手の体を石のように重くするがあったらしいが、同じく本編で発揮されることはなかった(以上、公式ガイブックより)

魔女の背後には七色く「輪後光」のようなものが映し出されている。「ブロッケンドイツにおいて『ワルプルギスの夜』に魔女たちが集まるとされる『ブロッケン山』で起こりやすい学現)」を表しているのかもしれない。

本編登場の魔女の中で最初に劇団イヌカレーの手でデザインされた魔女で、デザインに際しての脚本虚淵玄の説明は「の1つ2つ軽く吹き飛ばす魔女」というものであったそうだ。

戦闘

戦闘では、暗くどんよりとしたを覆い、破壊された建造物の残骸が宙に浮いている。
第11話においては、予兆としてスーパーセル現実世界で観測された後、まるでサーカス的に飾られた数のに万国旗のようなモノで連結され、そのパレードと共に出現、カウントダウンに合わせてワルプルギスの夜の、い口しかない真っ白い貌が、笑いと共に映しだされた。

第1話および第10話における部分的描写からファンが予測していたのをかに上回る強大さを見せつけており、持てる火力の全てをフルに投入し、ワンマンアーミーとでも呼ぶべき三面六臂の活躍を見せる暁美ほむらとのその戦いは、本作を代表する名戦闘シーンであると言って問題ないであろう。

アニメ第11話での戦いのハイライトとも言うべき、大量の爆薬を用いた一斉爆破による打撃を与えられながらも爆炎を背に傷で健在な姿をほむらに見せつけるワルプルギスの夜の姿は畏怖をももたらす程。

その直前のシーンでは、魔法少女のような姿をした使い魔たちが確認でき、ワルプルギスの夜と交戦する暁美ほむらに執拗に干渉し惑わせていた。

尚、番組中の大スペクタルバトルとなった第11話の暁美ほむらとワルプルギスの夜の死闘であったが、後日更新された公式HP魔女図鑑から「本気になると普段逆さまの人部分がひっくり返り、のようなスピードで飛び回って地表の文明をひっくり返す」といったことが明らかになった。
第11話では終始逆さまに浮いていたことから、あの戦いですら全然本気ではなく遊び気分であったという事実が明かされ、めて視聴者達を戦慄させたのであった。

ハノカゲによる公式コミカライズ版では、巴マミ美樹さやか佐倉杏子の姿をした三人の使い魔(全てシルエット)が登場し、また途中から逆さまの状態から正位置に変化して、本気を出している。正位置になると人形部分のドレスも変化し、姿がより禍々しいものになっていた。伝承の通り、凄まじい速度の突進を繰り出していたが、さすがに地表をひっくり返すほどの威はなかった。ワルプルギスの夜が本気を出した描写があるのはゲームなどを含めて、おそらくはこのコミカライズ版のみであると思われる。


呼称


前述のように「ワルプルギスの夜」は仮の名前に過ぎず、本名は公式設定で「不明」である。

特殊文字で表記された人名が与えられているものの作中ではその名で登場人物達に呼ばれることのない他の魔女とは異なり、この魔女だけが固有の名称を与えられ、作中の魔法少女たち、及びキュゥべえからその名で呼ばれている。

その名前が「ワルプルギスの夜」という人名とは思えないもので、しかも本編でそれがどのようなものか説明がされなかったので、初めて名前の出た第6話の時点ではそれが魔女なのか現なのかすら不明瞭であった。のちに、第8話の暁美ほむらの室内にあるワルプルギスの夜の資料に第1話のアバンタイトルに登場した魔女に似た絵が描かれていたことで、ようやく第1話のアバンタイトルとワルプルギスの夜が関連していることが明確になった。

また、同話のワルプルギスの夜の資料には、ラテン文字で“Walpurgisnacht(ドイツ語で『ワルプルギスの夜』)”と表記されている。
見逃しがちだが、第11話の戦闘直前のカウントをよく見ると、 [画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る](Walpurgisnacht)と表記されているのが確認できる。初めて他の魔女のように特殊文字で表記されていた。


正体


ワルプルギスの夜の正体についてはが多く、アニメ放映終了後に更新された公式HPの『魔女図鑑』において「もともと一人のかなのか多くの魂の集合体なのかわからない」と記載された以外に情報がなく、正体に関しては長らく物議を醸していた。

しかし、放映終了一ヶ以上がたった5月末に雑誌インタビューによってようやく、「もともと一人の魔女で、のちに他の魔女の波動を集めることで現在の姿となった物」だと明らかになった。
なお、プロダクションノートによると中核となった最初の魔女の名前は「演劇魔女」という設定らしい。

以下に、ワルプルギスの夜にの正体についてこれまで考えられた説のうち、有なものを挙げる。

『魔女の集合体』説

物語的にラスボスとしての格を満たしうる事や、現実世界での「ワルプルギスの夜」が魔女の集会とされている(記事冒頭の『1の概要』参照)ことから考えられた説。

また、第11話における戦闘シーンに登場した使い魔と思われる少女達の影が、第12話のエピローグで描かれた『主人公達』+『これまでに倒してきた魔女達の魔法少女時代の姿』と思われる集合シルエットの一部と酷似していたことから、完結編放映後は最有な説とされていた。

尚、これらの魔女魔法少女)の集合体の中核(=歯車)となる人物が、下記の「の子」や「集合影絵杏子の隣の」や「暁美ほむら」であるという考え方も支持されている。

『緑の子』説&『緑の子中核』説

第12話において、鹿目まどかが自分の役を果たすために最初に救済に行った、緑色衣装魔法少女であるという説。上記の「魔女集合体」の中核だとする考え方も支持されている。

魔法少女が倒れた地の周囲に連結して掲げられていた色とりどりの旗から、第11話のワルプルギスの夜の出現時のサーカスの旗が連想できることなどから提示された。

尚、呼称は「の子」「緑髪」「チベットの子」「チベッ子」「チベットっぽい子」「チベットちゃん」などとぶれているが、「の子」という呼称が最も直感的でわかりやすいからか、今のところこの呼称が最もよく用いられている。

当初は中国東南アジアサーカスの子ではないかと周囲の風景やその衣装から推測されていた。
チベットの子」などというように呼ばれるようになった所以は、彼女の死に際(魔女化際)に魔法少女衣装が外れた際の私姿が、チベット自治区ネパールブータンインド北部などのチベット文化圏で見られるチベット系の民族衣装に見えることや、周囲の旗も同地域で見られる『タルチョ(別名:ルンタ)』と呼ばれる伝統の五色幕に見える為。
に『チョルテン』と呼ばれるチベット圏に見られるらしき物(サーカスのテントとも考えられる)も在ることやソウルジェムと反対の手に持っているのが数珠にも見える事から、チベット仏教宗教施設ではないかと推測されている。

『単なる強大な敵(その他の魔法少女)』説

ワルプルギスの夜自体は、物語においては「暁美ほむらが運命をえられない徴」と取れることから。

第12話のラスト魔法少女たちが横に並んだシルエットの中に、第8話のワルプルギスの夜の資料の中にあった絵(明るいセピア色の背景の、ひときわ立つ絵)に似た姿をした魔法少女がいることから、これがワルプルギスの夜の元の姿だとする説が存在し、これも多くの人に支持されている。佐倉杏子の右隣がそれに当たる。


次へ»
最終更新日: 15/08/05 19:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ