ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワープドライブ


ヨミ: ワープドライブ
掲示板をミル!
11カキコ!

ワープ航法(Warp drive)とは、SFなどに登場する間などをねじ曲げる等の移動方法である。


概要


ワープ航法(Warp drive)とは、アニメ映画小説漫画などに登場する移動方法である。日本では略して「ワープ」とも呼ばれる。

ワープ=捻じる・める」「ドライブ乗り物を運転する」ことから「曲航法」とも呼ばれる。定義によって異なるが本来なら、長時間かかる移動時間を間をねじ曲げることによって短時間にすることができる場合が多く見られる。

テレポーテーション瞬間移動とは違い定義が異なるらしい。

海外では「スタートレック」、日本では「宇宙戦艦ヤマト」がこの言葉を世間に広めたと言われている。日本では単に「ワープ」と言った場合、この「ワープ航法、ワープドライブ」の事をす場合が多く見られる。


アルクビエレのワープ理論


長らくワープドライブはSF世界だけの用で、現実に存在し得ないと思われていた。ところが、スタートレックファンメキシコ物理学ミゲルアルクビエレ教授現実にも成立しうるワープドライブの理論を発表して以来、ワープドライブは物理学の問題の一つとして現在議論が行われている。

端的に言えばアルクビエレの理論の要旨は「物体は光速えて移動できないが、間は光速えて伸び縮みできる」というものだ。まず宇宙船全体をエネルギーフィールドで包み込む。宇宙船の進行方向前後は正のエネルギー密度、宇宙船の側面周囲は負のエネルギー密度(エキゾチック物質あるいは反重力物質と読み替えてもよい)で覆われることになる。そして正のエネルギー宇宙船前方の間を押し縮め、後方の間を押し広げる。これにより宇宙船は自分のいる間から一歩も動くこと光速えて移動できるのである。

問題はエネルギーフィールドを作り出すエネルギーの総量で、直径100mのフィールドを作った場合試算によるとアルクビエレの理論そのままでは宇宙の全質量の100億倍のエネルギーを要することになる。もちろんこんなことは現実には不可能だ。ただし回りというものはあるもので、超弦理論M理論などの余剰次元間をマクロ4次元ミクロサイズに押し込められた6次元あるいは7次元からなるとする世界)を持つ理論を使えば必要なエネルギー木星一つ分まで抑えることができると考えられている(それでもかなり桁外れだが縮退させた反物質と正物質を燃料にすれば不可能ではない)。


関連動画



■sm50277[ニコ動]

■sm10091137[ニコ動]


関連商品


■az4140812397
■az4140813245


関連コミュニティ


ワープドライブに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 11/09/04 07:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ