ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヴァルシオン


ヨミ: ヴァルシオン
掲示板をミル!
72カキコ!

私とヴァルシオンを倒さぬ限り、DCは滅びぬ!!

ヴァルシオン(VALSION)とは

  1. ゲームスーパーロボット大戦シリーズに登場するロボット
    開発者兼パイロットであるビアン博士については、「ビアン・ゾルダーク」を参照。
  2. シリーズにおいて、に1のロボット戦闘時に流れるBGM

ここでは双方について解説。


ロボット概要


バンプレストオリジナルを代表するロボットで、第2次スーパーロボット大戦ラスボスとしての登場が初出。

第1作の「スーパーロボット大戦」はパイロットと言う概念がく半ば擬人化されたキャラクターであり、また現在スパロボシリーズストーリー上でも何のつながりもい作品であったため、実質的に「現在あるスーパーロボット大戦シリーズ最初のラスボスキャラロボット)」であり、その後も継続して長く登場している名機体である。
スーパーロボット大戦シリーズる上で欠かせない機体の1機と言っても過言ではない。

「究極ロボ」の異名を持ち、初登場からOGシリーズに至るまで一貫してトップクラスを持つボスクラスユニットとして活躍している。
おこの究極ロボと言う異名は単に強いからと言うだけではなく、開発に至る経緯にも関連している。

を基調としたカラーリングで、全体的にトゲトゲしい威圧感のある外見が特徴。


ストーリー・背景


天才科学ビアン・ゾルダーク博士が異人の侵略を予見し、それに対抗するために建造された。

人との戦いにおいてフラグシップ的な存在になるべく、知的生命体に対して心理的威圧感を与えるための外見のインパクトを重視して開発した結果、かなりトゲトゲしい外見になった。
(このせいでリューネに大不評を買ってパイロットになるのを拒否され、用の機体として全く別の外見でヴァルシオーネを開発する事となっている。)

外見だけではなく、実際の性の方も1機で戦局を左右できる機体として開発されており、凄まじい性を誇る。
それでいて拡性にも優れ、ヴァルシオーネを始めとした後継機や「」の開発、その他DCが開発していた兵器などの基礎ともなっている。

なお機体開発の経緯から、ディバイン・クルセイダーズ(DC)の結成と密接な関わりを持つ。
第○次シリーズOGシリーズでは大元の流れは共通しているものの、細部が異なる。


スペック


全長 57.0m
重量
(全備重量)
550.0t ※1
(615.0t)
登場人員 1人
移動タイプ ・陸 ※2
武装 ディバインアーム
クロスマッシャー
メガ・グラビトンウェーブ
その他装備 Iフィールド ※3
シールド ※4
フィールド ※5

機体のバランスとしては重武装・重火力に寄っている節がある。
火力は凄まじいが機動余り高くなく、腕の可動域が広くないため、動きに柔軟性があまりい。
(そのため、2号機であるヴァルシオーネは機動性を重視した設計になっている)


武装



ヴァルシオン改


一部のシリーズには「ヴァルシオン」が登場する。オリジナル機共々、詳細は後述させて頂く。

「第3次」で初登場するのだが、「第4次」ではなんとと付いていないのにカラーのヴァルシオンが登場。
このヴァルシオンは何故かメガ・グラビトンウェーブもビッグバンウェーブも搭載されておらず、後述のOGシリーズにおける量産機としての「」のような性に仕上がっている。

この「じゃないのに」ヴァルシオンはF・F完結編でも引き続き登場する。
これらの作品にはちょうどオリジナル機としてのいヴァルシオンが登場しないため、オリジナル機のヴァルシオンのカラーにと設定そのものが変更されたのか、単にと呼ぶのが面倒くさくなっただけなのかイマイチはっきりしなかった。

しかし、第2次・第3次・EXの3作をPSリメイクしたコンプリートボックスで事態が斜め上に覆る。第3次とEXの2作はいずれもノーマルのヴァルシオンと「」とが両方登場するが、その全てにおいてノーマル機がで「」がカラーと、逆になっていた。
どうやら、EXの後に設定が変更され、ノーマルカラーとなったというのが正解だったようだ。つまり、第4次やFに登場したヴァルシオンは「」ではないと言う事だろうか?


登場作品


第2次スーパーロボット大戦

ラスボスとして登場。パイロットビアン・ゾルダーク博士

この作品でのヴァルシオンはHP6000と後のシリーズからすると非常に弱いように見えるが、ここでは「味方や雑魚ユニットHPは3桁が基本、多くて1000」と言うシステムだったので、こちらの10倍弱のHPがあるという点で見れば後のシリーズと変わらない。

後に発売されたリメイク版、第2次スーパーロボット大戦Gでは第3次や第4次のようなバランスめられ、こちらのユニットHP3000とか5000と言う機体が標準になったが、ヴァルシオンのHP40000。やはり10倍前後である。
さらに後のコンプリートボックス版でも40000である。

第3次スーパーロボット大戦

パプテマス・シロッコ機としてラスト付近で登場する他、ウェンドロシュウがお供として引き連れてくる事もある。
今思えばもうこの時点でヴァルシオン量産化のフラグが立っていた気がしなくもない。

ヴァルシオンのたる機体「ヴァルシオン」が本作で初登場。ルートによって、シロッコインスペクターの技術を利用してヴァルシオンを更に改造した機体として登場する。
オリジナルのヴァルシオンがを基調としたカラーリングであったのに対し、「」はを基調としたカラーリングになっている。

また、シロッコが登場するルートには2種類あり、シロッコ自身がラスボスとなるルートでは通常のヴァルシオンではなく、ヴァルシオン乗り換えて出てくる。
シロッコなんだからジ・Oに乗れよと言うが一部で上がるが、この作品のジ・Oラスボスるにはちょっと物足りないので仕方がい。と言う言い訳をたまに聞く。

武装はメガ・グラビトンウェーブが外されてビッグバンウェーブが追加。
ビッグバンウェーブはMAP兵器であるため単体攻撃としては使用せず、そのため異常な命中率を誇り反撃でガンガンこちらのユニットを落として行く・・・と言う事がくなったため、正面から殴りあう分には逆に楽になった感がある。
しかしビッグバンウェーブも似たような高命中率を持っているため、調子に乗って群がるととっても悲しいことになりかねない。特にコンプリートボックス版ではMAP兵器の使用に遠慮がくなっているため、その確率がさらに上がっている。


次へ»
最終更新日: 13/12/30 07:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ