ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヴァーゲンザイル


ヨミ: ヴァーゲンザイル
掲示板をミル!
14カキコ!

ヴァーゲンザイル(Waagenseil)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV.山口健石黒監督OVA)。


概要


ローエングラム朝銀河帝国軍・大将

石黒監督OVAにおける旗艦は新世代標準型戦艦の試験艦の一隻、<バレンダウン>。同作のデザインでは茶髪リーゼントのような独特な髪型をしている。同盟の<ユリシーズ>航法士官フィール中尉を思い浮かべてくれればだいたい分かるかもしれない。


経歴


初登場は”大親征”の発動時。先黒色騎兵艦隊、第二ミッターマイヤー艦隊に続く部隊として、ブルーノ・フォン・クナップシュタイン大将アルフレット・グリルパルツァー大将グローテヴォー大将に続いて名が上がっている。彼の後ろにはクーリヒ中将、マイフォーハー中将、そして中段エルンスト・フォン・アイゼナッハ上級大将が続いた。マル・アデッタ域会戦では石黒監督OVAで直前の作戦会議への参加が確認されるのみで、戦闘での活躍は不明。

大親征の終結後は旧帝国本土で8500隻を率いてイゼルローン回廊周辺の・防衛活動を担当する。第11次イゼルローン要塞攻防戦では、イゼルローン共和政府軍が大挙旧帝国に侵攻する気配を見せたためこれを迎撃すべく回廊に突入。その後退をと察しつつも、かつて同盟軍のシドニー・シトレ大将が実現させた行追撃をして追撃を選ぶ。しかしながらユリアン・ミンツ中尉率いるイゼルローン軍は回廊における交戦に関しては銀河最高級の練度を持つと言っても良く、巧妙にタイミングを測った後退と攻勢・そして反転に翻弄された結果、その論見は失敗することになる。

行追撃の失敗により全にトールハンマーの射程内に誘き寄せられたことに気付いた彼は反転後退を雷神の一撃で強かな打撃をりつつも、トールハンマーが反対側である回廊同盟方から進入したワーレン艦隊の迎撃に移動したため事射程からの脱出に成功した。しかし、この時メルカッツ率いる伏兵の存在を捕捉していながら、脱出に気を取られ伝達しそこねており、トールハンマーが向きを変えるまでの間ワーレン艦隊を阻止する手助けとなってしまった。


性格・評価


帝国軍の大将以下の宿として、帝国軍の優位と自身のに過信を抱きがちであることが摘されており、ヴァーゲンザイルもその例に漏れなかった。このことが彼をしてイゼルローン軍を「イゼルローンの捨て狗」と嘲笑させ、過小評価させることに繋がってしまっている。

またにおいても、指揮官と呼ぶのは過小評価に過ぎるにしろ、トールハンマーの攻撃による混乱の収拾に気を取られワーレン艦隊に伏兵を通報できなかった醜態を糾弾されている。この点については、後の「獅子のの七元帥」となる上級大将以上の官とグリルパルツァーほか大将以下の指揮官との間に的な格差が大きいことが前々から摘されており、ヴァーゲンザイルの敗北はそれを徴するものとして帝国軍の最高幹部に何らかの対策の必要性を感じせしめるものであった。

なお、この時期の帝国軍の問題として、一個艦隊の官級が上級大将以上で占められているために大将以下の指揮官が分艦隊クラス官に甘んじざるをえないことによる経験の不足、そして最高幹部である上級大将以上がいまだ30代の若年であるためにさらに若い大将以下の指揮官にとって大きなとなってしまい、同盟の滅亡による戦乱の終結が見越されていることもあり功を焦って自滅しがちであるという二点が推察できる。このイゼルローン戦におけるヴァーゲンザイルの敗北にも、同様の問題が潜んでいたと考えて差し支えないだろう。


関連動画



関連項目



最終更新日: 20/03/15 20:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ