ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヴォルクルス


ヨミ: ヴォルクルス
掲示板をミル!
32カキコ!

ヴォルクルスとは、ゲームスーパーロボット大戦シリーズの登場キャラクターである。

魔装機神シリーズでも同じく登場するが、こちらについても記述。


概要


スーパーロボット大戦シリーズ」及び「魔装機神シリーズ舞台となる異世界『ラ・ギアス』に存在する邪神破壊神。正式名称は「サーヴァ・ヴォルクルス」と呼ぶ。

「創造ギゾース・グラギオス」、「調和ルザムノ・ラスフィトート」らと共にラ・ギアスの三邪神と呼ばれる。
太古の時代のラ・ギアスに存在し、大異変により滅亡したとされる大昔の「巨人族」の念などが破壊神として実体化した存在とも言われるが、実のところは不明のままである。人々の恐怖心を糧にし、恐怖心が増加すればヴォルクルスもを増す。

神話によると、地上界で人類が登場したのと同じ頃、ラ・ギアス内部を荒らし回って生きとし生けるものすべてを殺しまくっていたが、より遣わされた創造グラギオスによって一旦撃退され、その後人を含めた様々な生命が新たに創造された。それからというものヴォルクルスとグラギオスは様々な姿に化身しながらいくども戦いを繰り返すが(このときグラギオスと共に戦った勇者の一人が、マサキ・アンドー号の元になった初代ランドール・ゼノサキスであるとされる)、ついに双方は本来の姿を表して最終決戦を挑み、結果ヴォルクルスはその体をバラバラにされてラングラン各地に封印され、深手を負ったグラギオスもやがて人々の前から姿を消す。以来、ラ・ギアスにはは出現することはなく、やがて精霊信仰と錬金学が普及するにつれ、宗教自体も消滅していくことになる。


神話でしか存在がめかされていないこともあり長らく存在自体を疑問視されていたとされるが、その後ラ・ギアスの中でヴォルクルスの復活とヴォルクルスによる世界の破壊を望む「ヴォルクルス教団」が誕生し、同教団に所属する官ルオゾール・ゾラン・ロイエルの謀略によって復活を論まれていた。その折、ヴォルクルスへの復讐を計画するシュウ・シラカワの手によってルオゾールが生贄にげられた事でラ・ギアスに復活を果たす。

頭蓋と大きなが特徴的な、を飛行する「上」形態と、
巨大なの頂点に腕の女性の上半身が生えたような姿の、地上の「下」形態の2種類が存在。
どちらも「様々な生物の特徴を兼ねえる」姿をしているが、いずれもメデューサの如く数の?)の頭を身体の各所にった禍々しい姿をしている。
また、「一片の片からでも全に復元できる」自己修復機を持つとされる。
しかしその割には、HP回復は基本的に持っていないのだが。

ゲーム中では敵ボスの1体として登場。「上」と「下」の2形態が中ボスとして出てきたりするほか、シュウの章では「上」と「下」以外にも上下2形態の合体形態(=全体)がラスボスとして登場する。
ユニットパイロット」なキャラクターお約束か、ゲーム中では基本的に戦闘時は喋らないが(AI使徒と同様)、「魔装機神Ⅱ」や「第2次OG」など近年の作品では専用BGMが付き、さらに戦闘時に台詞を喋るようになった。「分身達は破壊衝動に従い暴れるのみで、知をもたない」設定のためか分身達は片言しか喋らないが、本体たる・ヴォルクルスは流暢な台詞を喋る。
作品によってはシュウ・シラカワ洗脳し操る事もあり、ネオ・グランゾンが出現する場合は大まかに「グランゾンがヴォルクルスので変異した姿」とされる傾向にあるため、「魔装機神シリーズに限らず実質的に黒幕たる立ち位置になっている。


登場作品


スーパーロボット大戦EX(コンプリートボックス)

マサキリューネシュウの章でそれぞれボスの1体として、復活を果たした分身体がそれぞれ登場。
いずれの形態も「ビーム吸収」を持っているため、ビーム攻撃を撃ち込むと回復してしまう。こののせいで、モビルスーツ勢をはじめとする一部の機体は軒並み攻撃を奪われたも同然の有様となり、ビーム以外でに攻撃が届かないモビルスーツの場合は中にいるヴォルクルスに攻撃さえできない、というケースもあったほど。特にZZとかZZガンダムとか。
またHPも高く、味方ユニットがおおよそ20004000、多くて5000前後というゲームバランスの中でヴォルクルスのHP30000やら40000やらという膨大なHPを持つ為、倒すのには味方部隊を結集してもが折れる。

また攻撃パターンも、格闘戦の「かぎづめ(鉤)」と遠距離攻撃の「ハイパーソニックウェーブ」の2つしかないが、そんな事など全く気にならないくらいに強ボスとなっている。
まぁ武装のことを言えば、第4次のヴァルシオンだって・・・ねぇ。

また、シュウの章ではこれらの2形態に加え上述の通り、上下の合体形態たる・ヴォルクルス(=ヴォルクルスの本体)がラスボスとして登場する。さらに最終戦ではサフィーネ戦闘開始前にイベントによってヴォルクルスの洗脳を受けるが・・・ サフィーネが敵になってしまうか否かはプレイヤーのこれまでの行動次第。
最終決戦では他の分身達も出現するが、・ヴォルクルスさえ倒せば勝利なので分身は視した方がいい。

魔装機神 THE LOAD OF ELEMENTAL

基本的には上記の「EX」に同じく、ボスとして登場する。分身形態が出現するものの、本体たる・ヴォルクルスはルオゾールの搭乗機『ナグツァート』に融合しているため登場しない。

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD

今作でも同じくヴォルクルスが登場するのだが、この作品によって「今までヴォルクルス自体が登場した事はない」という設定になった。(即ち、「EX」で登場した・ヴォルクルスも他の分身形態よりが高い存在に過ぎず、結局は分身体と同じ存在である、という事になっている)
また、今作よりヴォルクルスに専用BGMが付き、ヴォルクルスが戦闘時に喋るようになり、戦闘アニメも一層作りこまれている。(これらは後述の「第2次OG」でも反映されている。)

さらにこちらのタイトルでは、ヴォルクルスと同じく調和ルザムノ・ラスフィトートの分身も登場。平和とされるはずが、『争いは嫌い』→『しかし生者は争い続ける』→『争いが起こらないよう全ての生者を死者にする』と言う思考のもと全ての生命を死滅させようとするため、ヴォルクルスと本質が同じの邪神として扱われている。

第2次スーパーロボット大戦OG

OGシリーズにて、久々に登場を果たし従来からのファンを懐かしい気持ちにさせた。
PSリメイク版のEX、及びコンプリートボックス以来、約13年ぶりの登場である。)
ストーリー序盤のラ・ギアスを舞台にしたストーリーで、上記のEXと同じ流れで復活を果たす。

ビーム吸収も健在で、攻撃を仕掛ける際はツインユニット相方や援護攻撃にも気を配らないと味方ではなく敵を援護してしまった、などという事態に陥りかねない。また本作では「片からでも全に回復できる自己修復機を持つ」設定が反映されたのか、HP回復機を備えての参戦となった。
また攻撃パターンも、過去作品では2種類しかなかった使用技に加え長射程の全体攻撃「アストラルバスター」が追加され、さらに得意技「ハイパーソニックウェーブ」には被弾するとダウン追加効果をもたらす機が搭載されたり、パイロット側にも『底』をはじめ特殊技が追加されているなど、邪神ぶりが増している。
そのため、今作ではヴォルクルスの集中火にされると魔装機はおろか、フェイル殿下デュラクシールでも危険な事になる。

本作ではEXでいうところのマサキの章とリューネの章がリメイクされて登場している反面、シュウの章のストーリーは未収録のため合体形態(・ヴォルクルス)は登場しないのか・・・と思いきや、ゲームの進め方によっては最終決戦舞台でヴォルクルスを上下2体とも倒すと、最後に合体形態が出現するというまさかの展開が待っている。
もっともこれらはいずれもユーゼスの作り上げたアダマトロンクロスゲートによってヴォルクルスの姿形とを模して作られた存在であり、厳密にはラ・ギアスに存在するヴォルクルスとは異なる。
攻撃パターンも増加しており、HP30万と膨大である上、特殊機「闇の領域」でターン終了毎に周囲にいる味方部隊のENを容赦なく奪っていくさまは驚異だが、HP・EN回復機は所持していない為、EN切れにしてやれば戦闘(特に射程距離)がガタ落ちするのが悲哀。
そもそもヴォルクルスは最終面の勝利条件にも関わらないのでクリアすだけならヴォルクルス自体相手にする必要はいのだが、ロボット図鑑をコンプリートするには避けて通れない関門である為、倒すにしろスルーするにしろラスボスを倒す前に一度は出現させたい。
因縁的にはぜひとも、充分に改造を施したグランゾン全決着して最後を飾りたいところ。

 

ちなみにラ・ギアス編でしか登場していないルオゾールのその後の末路、及び生を果たしたシュウのヴォルクルスに対する復讐劇に関しては、翌年『EXシュウの章をモチーフ製作された『スーパーロボット大戦OG ダークプリズン』にて補されている。
(上記のヴォルクルス合体形態が放つ、ハイパーソニックウェーヴの戦闘アニメ殿らしき建造物の叩きつけられる描写からすると、当初はシュウの章も「第2次OG」作中に登場予定だったのかもしれないが。)


関連動画



■sm6407773[ニコ動]

■sm17403646[ニコ動]
■sm19915544[ニコ動]


関連商品


■azB000068HPH
■azB000068HOT
■azB000069TJ1
■azB00601FXZA
■azB00601M8BW
■azB0053WOXYO


関連コミュニティ


■co323


関連項目



最終更新日: 14/03/09 16:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ