ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヴラド・ドラクリヤ


ヨミ: ヴラドドラクリヤ
掲示板をミル!
79カキコ!

ヴラド・ドラクリヤ(Vlad Drăculea 1431年11月10日-1476年または1477年)とは、15世紀のワラキア現在ルーマニア南部)の君である。
現代における「ヴァンパイア」のイメージモデルとなった人物として有名である……と言うか、一般にはヴァンパイア吸血鬼ドラキュラモデルとなった人物としてしか知られてない。

ヴラド・ツェペシュと呼ばれることの方が多いが、これはどちらかと言うと蔑称に相当するので、本稿ではヴラド・ドラクリヤを採用する。


概要


ワラキアであったヴラド2世ドラクルの次男として生まれる。ヴラド3世の通称である「ドラクリヤ」は「ドラクルの息子」という意味である。

オスマン帝国の圧が高まる中、貴族の権の強かったワラキアで中央集権化を図り、オスマン帝国の度重なる侵攻を防いだ。

下記にもあるとおり多少冷酷な性格であったものの、領としてはであったようで、冷酷な異常者という後年の評価は後年ワラキアを支配したハンガリープロパガンダによるところも大きい。
現在では、ルーマニア独立のために戦った英雄として評価されている。


串刺し公


敵であったオスマン帝国兵士であろうと領内の農民であろうと貴族であろうと容赦なく刺し刑に処したため刺し」(カズィクル・ベイ)の異名で呼ばれることもあった。
最初に「刺し」と呼び始めたのは、刺し刑を撃したオスマン兵士であったようである。ヴラド・ドラクリヤの異名「ツェペシュ」は、この「刺し」のルーマニア語訳である。

このような処刑方法を実施した理由については、以下の通りであったとされる。

尚、当時の刺し刑は死刑の中で最も卑しい処刑の一つであり、どちらかと言えばトルコ側の処刑法であった。このため後年「暴君ヴラド」の名が広まってしまうこととなり、ひいては『吸血鬼ドラキュラ』の誕生を招くこととなった。


逸話


「有貴族を招待して宴を催し、その席で彼らを皆殺しにした」
病気流行の抑止として乞食病人・ロマ(ジプシー)を捕らえて建物に押し込め、焼き殺した」
帽子を被ったまま謁見したオスマン帝国の使者の非礼を咎め、帽子ごと死者の頭に釘を打ち付けた」
などの苛な逸話が残る。

ワラキア領内のに、を飲むためにのゴブレットを置かせた。これは「の治世は平和であり、何人たりとも窃盗の罪を犯さない」という意味であり、事実このゴブレットを盗む者はいなかったという。

ワラキア領内で荷を盗まれた商人の訴えを聞いて犯人を捕らえ、荷物を取り戻した際、来に命じて密かに荷物の中に貨幣を余分にばせた。
商人が荷をめて正直にこれを告白するとは笑い、「正直者で助かったな。もしお前がそのの事を黙っていたなら、盗人と同じく極刑に処していたところだ」と告げたという。


ドラクルとドラクリヤ


ヴラド2世の通称「ドラクル」は、敢えて日本語に訳す場合は「」とでも訳すのが適切である。
これは神聖ローマ帝国より竜騎士団の騎士に叙任されていたことによる。尚、聖書の上ではサタンの化身であるともされるため、後年ヴラド3世が「刺し」と呼ばれたのに合わせ「悪魔」と解されるようにもなった。

以上を考えれば、息子であるヴラド3世の通称「ドラクリヤ(=ドラクルの息子)」は、「小」とでも訳すのが適切だろう。
論、文脈によるのだが。


関連動画



■sm4600087[ニコ動]


関連商品


■az4768467105


関連項目



最終更新日: 18/10/20 13:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ