ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


一年戦争


ヨミ: イチネンセンソウ
掲示板をミル!
99カキコ!

一年戦争とは、機動戦士ガンダム及びその外伝作品で描かれる戦争の事である。


勃発までの経緯


宇宙世紀元年、宇宙スペースコロニーと呼ばれる新たな居住地が作られた。これは人口爆発により増えすぎた人間を移住させるための場所であった。地球連邦政府速そのコロニーに人々を移住させたが、に移住したのは貧困層ばかりで特権階級の者や富裕層は安全な地球へと留まり続けた。中には強制的に移民させられた貧困者も居たという。宇宙には次々とコロニーが建造され、移民政策が進められたが地球べて危険が多い宇宙に移住させられた人々(スペースノイド)は、安全な地球に身を置く富裕層や政府(アースノイド)に不満を持っていた。それでも宇宙での暮らしに適応し、経済を高めていった。

宇宙世紀0058年、サイド3のジオン共和独立を宣言した。スペースコロニーのどが政府の厳しい搾取に遭っており、共和独立宣言はアースノイドとスペースノイドが対等の立場である事も宣言していた。当然連邦政府はこれを認めず、0059年に制裁として共和に対し経済封鎖を行った。しかしサイド3は自給自足が可コロニーで、連邦経済封鎖されても干上がる事はかった。それどころか少ない資材でどうやりくりするかを試行錯誤しているうちに技術が向上し地球への依存度を下げてしまった。軍備も増強し、自らの技術に自信を持つジオン共和はザビの扇動もあって独立への気運が高まっていた。独立を勝ち取るには連邦勝利するしかない。開戦を望む民が大半を占め、宇宙世紀0079年、号をジオン公国に変えて地球連邦政府宣戦布告した。

人類史上初、地球宇宙戦場にした未曾有の大戦争が幕を開けたのである。


戦争の推移



劈頭


0079年1月3日ジオン公国宣戦布告宇宙地球連邦軍に対し奇襲攻撃を開始する。宣戦布告から僅か3で攻撃が始まったと言われている。まずドズル中将率いる艦隊が、連邦宇宙艦隊を攻撃。その間に面方面にはキシリア少将揮下の部隊が急行都市グラナダを速やかに制圧した。翌4日、続いてジオン軍は、連邦側に付いていたサイド1、2、4に対しガスを注入し住民を虐殺。本命であるブリティッシュ作戦を開始した。人になったサイド2コロニー「アイランド・イフィッシュ」を移動させ、連邦軍本部ジャブローに落とそうと試みる。狙いがジャブローであると察知した連邦軍は、ルナツーよりティアンム中将率いる迎撃艦隊を出動させる。やがてコロニーを守るダニガン中将の艦隊と交戦、連邦側は70%の損を受けて敗退するが、ジオン側も作業中のMSを狙い撃たれて多くの機体とパイロットを喪失した。連邦軍の必死の抵抗により落下地点がオーストラリア大陸にズレてしまい失敗。ジャブロー壊滅の論見は頓挫した。

戦局はジオン優勢で進んでいたが、依然として連邦軍の戦は豊富で士気も旺盛だった。そこでジオン軍は「第二次ブリティッシュ作戦を敢行する」という偽情報を流し、ルナツーに逼塞していた連邦軍艦隊を誘い出した。これを迎撃するためジオン艦隊も行動を開始。ルウム宙域で両軍の艦隊が接触し、人類史上最大の会戦と呼ばれるルウム戦役が生起した。撃戦では連邦軍の方が上だったが、この戦闘ジオン軍モビルスーツを実戦投入。艦隊とモビルスーツの飽和攻撃により連邦軍を散々に打ちのめし、快勝した。連邦軍艦隊は戦80を喪失し、総司令官レビルをもジオンに捕縛されてしまう。

この大戦果を武器に、ジオン有利の和条約を結ぼうとしたが直前でレビルが脱出。ジオンの厳しい内情が暴露され、徹底抗戦の意志を固めた連邦により和かった事にされ戦争は続いていく。


地球降下から終戦まで


4月ジオン軍は持久戦に耐えるため地球侵攻作戦を開始。地下資が豊富なオデッサに部隊を降下させ、間入れずに侵攻部隊を地球各地に降下させた。モビルスーツ連邦軍は各所で敗走し、北大陸アフリカ大陸東アジアヨーロッパジオンの手中に帰した。だがここがジオンの攻勢限界点であった。末端まで補給が届かなくなったジオン軍は侵攻できなくなり、連邦軍もまた被害の甚大さから思うように動けず両軍とも大規模な動きがいまま時が流れた。その間、連邦軍はを武器にルウム会戦で壊滅した艦隊戦の再建や鹵獲したザクを研究して独自にモビルスーツ開発を進めていた。
10月シアトルにて軍のガルマ・ザビ大佐が戦死。ジオン地上軍に動揺が走る。11月連邦軍は一大反攻の狼煙として完成した陸戦型ジム部隊を大量に投入してジオン軍が占拠するオデッサ基地を攻撃(オデッサ作戦)。しい戦闘が行われたが2日後、オデッサは陥落。残存のジオン兵は宇宙に脱出するか、地上の友軍基地へと逃走した。
連邦軍の反攻は日に日に増大し、ジオン地上軍は各地で駆逐されていく。連邦軍は宇宙にあるジオンすため再建した艦隊をジャブローから打ち上げ、ルナツーに集結させた。
12月15日には北ジオン軍拠点キャルフォルニアベースが、12月24日には同じくジオン軍拠点ソロモンが陥落(ソロモン攻防戦)。30日にジオン軍ソーラレイを発射。連邦軍艦隊の3分の1を焼き払いレビルを戦死させたが、連邦軍は侵攻を強行。31日に最後の砦であるア・バオア・クーが陥落(ア・バオア・クー攻防戦)し、両軍とも最戦える状態ではない事から00801月1日都市アンマンにて停戦条約が結ばれ、一年戦争は終結した。


地球降下作戦


に劣るジオン軍は持久戦を行うため、第一から第四地上機動師団を編成し、地球へと降下。地球に眠る資の掘削にを入れた。3月1日地球への第一次降下作戦が開始。同11日に第二次降下作戦が、18日に第三次降下作戦が実施された。地球に構築された戦線をギレン・ザビ重力戦線と呼称した。
ジオン軍は各地で破の快進撃を見せ、総帥府は「遅くとも8月までには地球全土を握できる」と発表。

欧州方面

欧州には地球最大の資地帯オデッサがあったため、っ先にジオン軍の標的となった。3月1日に降下した第一地上機動師団は、オデッサ地区に舞い降りる。現地の連邦軍部隊を蹴散らし、オデッサの制圧とバイコヌール宇宙基地を占領。このまま西進し、ドーバー海峡へ向けて突撃を始めた。

連邦軍は敗走し続けたがしい抵抗を続け、欧州から連邦軍が駆逐されたのは8月だった。こうしてヨーロッパジオンの手中に収まったが、短い下だった。11月連邦軍はオデッサ作戦を開始。オデッサの奪還をして、イギリス本土からドーバー海峡を渡ってきた。その勢は凄まじく、今度はジオン軍が敗走する事になる。攻撃を受けるジオン軍はオデッサ周辺と孤立したイタリア方面に追い詰められ、オデッサの攻囲が完成する頃にはイタリアを失陥。残ったオデッサも2日間の戦の末、連邦軍が勝利。生き残ったジオン軍将兵は宇宙へと脱出するか、地上の友軍基地まで厳しい逃避行をする羽になる。戦争末期には退路となっていたバイコヌールも陥落。残党狩りを経て、欧州方面は連邦軍の支配下へと戻った。

北米方面

は、第二次降下作戦ジオン軍の標的になった。穀倉地帯の確保、キャリフォルニアベースの制圧、政治的な意味合いでのニューヤーク占領が的とされた。

ジャブロー防衛の要とされたキャリフォルニアベースジオン軍の攻撃であっさり陥落し、以降はジオン軍の基地として機するようになる。北地域の担当はガルマ・ザビでありニューヤーク市長とは良い関係になっていたとか。北の制圧も難なく了、広大な土地はジオン軍の支配下となった。
10月シャアの追撃を逃れたホワイトベースが北に降下。これを撃沈すべくガルマは部隊を率いて何度も攻撃を仕掛けたが、撃沈には至らなかった。それどころかシャアの謀略によりガルマは戦死し、ジオン軍全体に衝撃を与えた。
11月のジャブロー攻撃の際は、キャリフォルニアベースからガウが飛び立っている。しかしこの攻撃で北方面軍は重なガウを多数失ってしまった。

12月に入ると、北連邦軍のしい攻撃を受けた。敗走するジオン軍は防備を固めながら、キャリフォルニアベースを使って宇宙への脱出を図った。しかし同方面にはブルーディスティニーが投入されており、EXAMシステムによりミサイル基地が短時間で壊滅させられた。
12月15日キャリフォルニアベース陥落。これにより北方面軍は壊滅。勝利した連邦軍はこの戦果をプロパガンダ放送に乗せて喧伝した。

豪州方面

地下資が豊富に眠るオーストラリアにもジオン軍が降下。現地の連邦軍を蹴散らし、都市の制圧に成功した。この際、バストライナー鹵獲しておりライノサラスの開発計画がスタートしている。戦略的な要所は全てジオン軍が占領、連邦軍は価値のい場所ばかり確保している戦況だったが、両軍ともしい戦闘は行わなかった。オーストラリアの大半は砂漠が占めており、都市都市の間が離れすぎて攻勢に出られなかったのである。この奇妙な共生関係はオデッサ陥落まで続いた。ジオン軍上層部はこの戦線を地扱いしており、左遷された人員も数名いたという。

オデッサ陥落後、連邦軍はモビルスーツの補給を受けて攻勢に出始めた。それまで確保していた都市を奪われ、ジオン軍オーストラリア北東のヒューエンデン基地に退却し抵抗を続けた。同基地が陥落したのは終戦協定締結後の1月1日だった。また撤退作戦の階段」により、多くのジオン兵がアフリカへの脱出に成功している。

極東方面

ジオン軍中国大陸にも降下。連邦軍の拠点だった北京を落とし、次なる標をマドラスに定めて南下を始めた。しかし極東方面は密林が多く、連邦軍の抵抗もあって遅々として進まなかった。地元民によるゲリラ行為も、ジオン軍の頭を悩ませた。ジオン軍はこの地で密かにアプサラス計画を実行していた。

ガルマ・ザビが戦死した10月頃から、連邦軍にもモビスルーツが補給されるようになり一層戦火がしくなる。それでもジオン軍は進撃を続け、マドラスまで後少しの所まで迫った。
そんな極東方面にも転機が訪れる。オデッサの陥落である。背後に敵を抱える事になったジオン軍はマドラスへの進軍を諦めて、撤退。しかし連邦軍の攻囲は素く、インド方面と中国方面の戦が分断される。さらにオデッサから敗走してきたジオン軍と、それを追撃する連邦軍が極東に流れ込み、より事態を混乱させる。

12月下旬、生き残ったジオン軍アプサラス計画の本拠地・ラサ基地へと追いやられる。連邦軍はこの基地を二個師団で包囲。と地上から猛攻撃を浴びせた。追い詰められたジオン軍は開発していたアプサラスⅢを出撃させ、連邦モビルスーツ隊に甚大な被害を与える。しかし最終的にアプサラスⅢは撃墜され、ラサ基地も崩壊した。

アフリカ方面

3月18日ジオン軍アフリカの資を狙って第三次降下作戦を実行。第4地上機動師団と支援部隊が降下し、キリマンジャロ基地を制圧した。5月16日、ヌブルアの村にて住民の虐殺事件が発生。これを連邦軍は「ジオンの仕業」と喧伝し、先住民の反ジオン運動を扇動した。5月21日ジオン軍トライデント作戦及びジャベリン作戦を開始。中東連邦軍を撃破し、ロシアアフリカとの連絡を確立した。元々砂漠が多い土地柄、本格的なそうそう戦闘は起こらず、束の間の穏が訪れた。

しかしオデッサ陥落によって状況が一変。11月18日より連邦軍はベルベット作戦を開始し、一気に攻勢へと転じた。同26日にはロンメル軍団との連絡が途絶、他のジオン軍部隊もあらかた撃滅される。連邦軍は11月28日ベルベット作戦の終結を宣言した。12月5日からは掃討戦が始まり、17日に了。アフリカジオン軍はほぼ壊滅したが、残存部隊がゲリラ活動を継続終戦直前には闇夜のフェンリル隊アフリカ大陸に渡り、潜伏中のロンメル軍団と合流している。

連邦の監視のが届きにくいアフリカは潜伏には打ってつけの場所で、オーストラリアから脱出してきた一部のジオン軍将兵が上陸。またオーストラリアで打ち上げられた、補給物資満載のHLVがアフリカ大陸に降下し、潜伏生活の支えとなった。このように、一年戦争が終わった後もアフリカ大陸にはジオン残党軍が潜伏し続けていた。


戦後への影響



次へ»
最終更新日: 19/10/07 16:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ