ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三好元長


ヨミ: ミヨシモトナガ
掲示板をミル!
2カキコ!

三好元長みよし・もとなが 1501 ~ 1532)とは、戦国武将である。三好4代当三好長秀の子。三好康長。子に三好長慶三好義賢三好実休)、安宅冬康十河一存野口長がいる。細川澄元により偏諱を与えられて元長と名乗る。


概要


管領・細川氏の臣であり、波衆を率いる柄に生まれ、細川政元の死後は細川澄元・細川晴元子に仕えて畿内における細川高国との抗争で活躍して高を滅ぼすが、のちに君・元と対立して自害に追い込まれた。


生涯



若き三好家棟梁


9歳の時に・長秀を北畠材親の攻撃で亡くし、20歳で祖三好之長細川高国との戦いで敗れて処刑されると三好の総帥として就任し、細川澄元の遺児・細川六郎(のちの細川晴元)を波で匿っていた。
之長が死んだ1520年当時、5月に先の通り之長が処刑され、その翌には高に対抗していた澄元が病没してしまい、高政治体制が磐石化した。
このころ、細川高国足利義稙の仲は険悪状態であり、その翌年には畿内から出奔して元長らのいる波へと義稙の養子・足利義維を連れて逃れてきた。(義稙が逃れてきたのは1522年とも。)
こうして12代将軍に足利義澄の子・足利義晴足利義維)が就任した。
将軍という輿を担いだ高にもはや畿内に敵しと思われていた………。


細川高国・足利義晴との抗争と堺公方成立


1526年に細川尹賢の讒言で香西元盛を誅殺したことで元盛のである波多野稙通と本賢治が丹波で挙兵すると、高は鎮圧の兵を出すが治めることができなかった。
これを好機ととらえた元長は翌1527年に足利義維を擁しながら六郎も引き連れて畿内へと進軍を果たし波多野氏とタッグを組み高軍を撃破した。(川原の戦い)
敗れた高は義を伴って六角定頼を頼って遁走した。

このことにより幕政は全に機を停止してしまい、大混乱に陥ってしまう。
将軍としての地位を辛うじて維持しており、近江で政権を行っており、元長はで義維に政権の中枢を担わせることもできたのだが、これに反発する者もいるだろうと踏み、義維にはで政権を行い始めさせた。これが方の始まりである。
この一連の行動にキレたのが高であり、高六角定頼朝倉の援軍を得て方に襲いかかった。
これを受けた元長も波多野稙通・本賢治兄弟と共に奮戦してこれを撃退した。


三好の旗色に影


1528年、方優勢の状態で定頼の仲介で和交渉が行われるものの、稙通らの反発もあり頓挫。六郎に内通の疑惑という讒言をされてしまう。
5の守護代に任じられるもそこで賢治と対立し、1529年には波へと帰してしまい、方離脱という始末であった。
このころになると三好氏内部でも裂が起こり、一族の三好政長と険悪な状態となってしまう。元長の波帰は政長の離反が一因であった。
これ以降20年間、元長と政長に分裂して三好氏は内訌を行うこととなる。


追い詰められる味方、そこに輝く一筋の光


1530年になると元長と対立していた賢治が高に味方していた上氏攻めのために摂津に侵攻するが、その中で暗殺されてしまう。
こうなると全に高の勢いは増すこととなり、朝倉氏・若狭武田氏・六角氏・上氏・赤松氏北畠氏を味方にしていた高は一挙に駆逐へと進み始めた。
1531年になってやっと六郎の懇願もあり、2月には元長は畿内に戻り六郎に帰参。方に復帰した。
しかし既に手遅れであり、畿内における方の勢を中心とした摂津南部をただ残すのみであり、河内和泉・山・播磨・近江伊勢賀などの周辺は高・義の勢地であった。
一味方していた畠山義堯紀伊に閉じ込められて畠山稙長に睨まれて動けない状態であった。


高国と命を懸けた最後の決戦


3月、高は盟友・浦上村宗を誘って摂津った。この時六郎・元長軍は総勢7千、高上軍は総勢2万であった。
3倍以上いる兵相手に勝てないと悟った元長はここで波から虎の子の兵を出すことを決断する。快諾した細川六郎従兄)は8千の兵をへと送り込み、それを備えとさせた。
これで1万5千と2万の戦いとなった。
兵数差が縮まったため、双方は矢の応酬合戦を行うも決定打を欠いた。(中嶋の戦い)

6月になると敵方に赤松(のちの赤松晴政)が3千前後の兵を率いて高・村宗の後詰として参戦した。
波の援軍はの守備の任務もあり7千余対2万数千余という絶望的数字となってしまう。
かしここで赤松側から寝返りの密書を受けとり、挟撃することに賛同した。
赤松の2日後に上勢の背後から攻撃を始め、これに呼応した形で元長らも攻撃を始めた。
突然の裏切り、挟撃に大混乱した高・村宗軍は瓦解し、村宗は戦死してしまい、高まもなく探索の末に処刑された。

細川高国の滅亡により一件落着と思われた………。


主君・晴元との対立………そして最期


しかし、あろうことか六郎近江に逃れていた義と和を模索し始めたのである。
これに元長は畠山義堯らと共に猛反対したが、受けいられることはなく逆に溝が深まる結果となってしまった。
多大な犠牲を払いながら方の新時代の到来を待ちわびていた元長は三好政長や総州臣である木沢長政らによる讒言によって中において孤立してしまう。
そこで元長は義堯と結託して木沢攻めを決行した。
一度は六郎の撤兵要請もあり木沢長政の居である飯盛山から兵を退いた。
だがやっぱり木沢は死すべしということもあり義堯と共に再度飯盛山を包囲した。
今度ばかりは六郎の要請も突っぱねており、木沢の命運もここまでかと思われた…………。


突如背後から一向宗の門徒の大軍が元長たちを襲撃した。
戦勝ムードだった元長たちは突然の数万の敵に散り散りとなって逃亡した。
この時大叔父三好一秀は討死してしまった。
しかし執拗に追いかけてくるため、義堯もとうとう逃げるのをあきらめ自害
元長も飯盛山からの顕本寺へと逃げ込み、義維を波へと逃した。
結局寺を一向衆徒に幾重にも包囲された元長は自害に追い込まれた。

念の自害を遂げた元長であったが、彼らの子供たちが17年後にを討ち本懐を遂げることとなる。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける三好元長の力一覧。

信長誕生の2年前に死亡したため、作品の関係で蒼天録PKのみの登場となっている。蒼天録では三好一門は総勢17名登場しており、その中でも長男三好長慶に次ぐ第2位を誇る。全体でも63位にランクインしている。

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 81 知略 63 政治 76
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治

関連動画


三好元長に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/06/07 05:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ