ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三菱F-2


ヨミ: ミツビシエフツー
掲示板をミル!
448カキコ!

[画像][外部]

F-2とは、現在航空自衛隊で運用されている戦闘機である。


概要


航空自衛隊支援戦闘機F-1の後継として、航空阻止、近接航空支援航空支援、防作戦及び対領侵犯措置を実施する。次期支援戦闘機”XF-2”の開発[外部]

開発時は「支援戦闘機」に区分される機体だったが、平成16年12月に閣議決定された16大綱(平成17年度以降に係る防衛計画の大綱)で「要撃」と「支援」という区分そのものが止されたため、http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ampobouei2/dai8/sankou.pdfF-2は単に「戦闘機」と呼ばれる。


開発に至るまで「F-16改に決まったFS-X」久野正夫 エアワールド1988年1月号


F-1の後継機の話が持ち上がったのは昭和57年(1982)である。その年の会議で了承された56年度中期業務計画において、最終年度である62年度にF-1後継機を24機購入する計画が盛り込まれた。海外戦闘機メーカー速売り込みを開始、一方で幕や技術研究本部は独自開発をして動き出し、まず産機の開発に必要な時間を稼ぐために、F-1の耐用命数見直しや燃料費の高騰による訓練時間の短縮などで、昭和65年(1990)から必要といわれた後継機の取得時期を昭和72年(1997)ごろまで延長できることを確認した。

昭和59年1984)末に防衛庁は次期支援戦闘機FS-X)を内開発するにあたっての技術的可性を検討するために運用要案を技術研究本部に送り検討を依頼、「エンジンは輸入するしかないが、その他は内開発可で、開発期間は約10年は必要」という回答を得た。そこで昭和60年(1985)に決定した中期防衛整備計画では、当初の「外機導入」に「内開発」と「現有機の転用」という選択肢を加え、具体的に機種選定を開始した。外機の補についてはF-16F-18、パナビア・トーネードの3機種に絞り、送付した質問書に対して得られた回答を検討したが、この時点ではいずれも要を満たさない(=内開発による外はない)としていた。

そこで海外メーカー3社は追加質問に対する再回答を提出する際にF-16F-18については向上の共同開発を、トーネードについても向上を提案してきた(トーネード法律日本と共同開発はできなかった)。防衛庁としてもこれを視するわけにはいかず、安全保障会議への報告の中で「内開発」を「開発」とめ、米国との共同開発の可性を含めた。

昭和62年(1987)になるとアメリカ議会の上院議員が対日貿易赤字と絡めてFS-X問題を取り上げるようになった。米国防総省は前年は「FS-Xについては日本が決めること」という立場だったが議会の押しには弱く、6月に訪日したワインバーガー防長官は「米国の機体をそのまま購入するか、日共同で米国機を改造してあてたい」と提案、栗原防衛庁長官は単独内開発がだめなら日共同で新しい機体を開発したいとの意向を伝えた。日本側はF-16F-18、そしてトーネードの代わりに補に上がったF-15について、日本の技術をどれぐらい入れることができるか、共同開発の費用、出来上がった機体は空自の運用要をどれぐらい満足させるか、生産単価などを調し、防衛庁はF-1の後継機としてF-16改造開発する方針を決定した。


開発


共同開発とはいっても、実態は日本側にベース機体のF-16エンジンライセンス生産を許可するというもので、アメリカ側は総生産額の40%の作業分担の確約、提供するソースコードには制限をかけ、日本側の技術は全て提供する、という内容だった。揺れる国産戦闘機開発、断念か継続か どうなる空自F-2後継機問題[外部] 2018.3.9


F-16からの変更点「世界航空機年鑑2013-2014」p.72


要するに要ASM4発搭載で戦闘行動半径830km)を実現するためにF-16を大化して兵装や燃料の搭載量を増やし、大化によって起きる運動性の低下をエンジンの強化と新規素材採用等の重量軽減、CCVで補おうとしたのである。当初はインテイクの下に垂直カナードを付ける予定だったがこれはCCVプログラム追加である程度代替出来るということで止になった。FBWシステムF-16ソースコード議会の反対で提供されなかった為、日本側で三重系統のデジタルFBWアナログバックアップシステムを新規に開発した。


その他


機体のバリエーションとして単座のF-2Aと複座F-2Bが存在する。調達数は当初141機を予定していたが、防衛費削減の波とずるずる生産ラインを維持するのを嫌ったアメリカメーカーロッキード・マーチン)の思惑諸々の絡みでブルーインパルス導入分が削られ、損耗予備機が削られして最終的に94機になった(試作機4機を除く)。

なお、非公式ながら「バイパーゼロ」という称が存在する。これはベースとなったF-16非公式称「バイパー」と、自衛隊兵器において正式に配備された年(F-2量産機2000年に初めて納入された)の下2桁を使って「○○式~」と呼ぶ慣習(ただし実際には戦闘機については適用されていない)からである。この他に、かつての日本製の有名な戦闘機零戦」がかけられている(ちなみに零戦F-2ともに三菱重工業製)。この他に前述した対艦攻撃の強さから「対艦番長」という称も存在する。

生産数は当初141機を予定していたが、状況の変化などに伴い生産機の減産が繰り返され、2009年をもってアメリカ生産分が終了。2011年納入機分で最終となり、計98機の生産にとどまることが決定している。

開発中裂が入ったとして強度の不足を摘する報道がなされたが、裂が生じたのは「全機強度試験機」と呼ばれる、もともと壊れるまで負荷を与えて不具合を洗い出す機体で、試作機の裂が生じたわけではない。むしろ配備された量産機に搭載していたレーダー「J/APG-1」の不具合の方が深刻で、F-2スクランブル待機可になったのは最初の飛行隊にF-2の配備が始まってから4年後だった。空自F-2欠陥機論の顛末 大きく騒がれた主翼のヒビ、貧弱レーダーは結局どうなった?[外部] 2018.5.22

最終号機は2011年9月に引き渡された。航空自衛隊向け戦闘機F-2の最終号機を引き渡し 名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場で完納式を開催[外部] 2011.9.27

開発費は約3200億円、機体単価は120億円で、当初予算の2倍になった。またスケジュールについては、開発期間10年で1990年代半ばの実用化という標は達成できず、2004年までずれ込んだ。空自F-2欠陥機論の顛末 大きく騒がれた主翼のヒビ、貧弱レーダーは結局どうなった?[外部] 2018.5.22


改良・性能向上化「マルチロールファイター"F-2"の進化」宮脇俊幸 軍事研究 2013年10月号



F-2 SuperKai


2004年ロッキード・マーティン社によってF-2プランとしてF-16E/FのようなCFT(コンフォーマル・タンク…機体追加増加燃料タンク)と、新電子機器を取り付けた「F-2 SuperKai(スーパー」が提案された。もっともこれはイベントに出展したメーカーによるモックアップ提案に過ぎず、このような改造プランが採用されたわけではない。


F-2に対する複雑な評価


政治的思惑によって横が入ったFS-X計画はその後も様々な問題を含むことになり、たとえばソースコード提供に制限を受けたり、アメリカの役割分担があらかじめ決められたり、日本の開発技術すべてはアメリカ側に提供するようになどといった「不等条約」をはじめ、アメリカ議会でエンジン技術供与を認めないなど問題が続出した。

開発中や配備後に問題が明らかになるたび、また最終的に配備機数が94機となったことなどからその都度F-2は失敗作ではないか」「やはりあのとき産にしておけば」という発言が行われる破になった。

しかしながら80年代当時(も今も、だが)、内開発で戦闘機が開発できたかどうかについては、疑わしいといわざるを得ない部分がある、というのが実際のところである。

当初の標通りにアヴィオニクスまわりはどうにかなったとしても、依然として日本の弱味である航空機エンジン技術がネックとなるであろうことは容易に想像がつく(イスラエルラビ計画などのケースを見ても)。その後のATD-X(心神)の開発にあたっては、わざわざフランス電波暗室設備を借りざるを得ないところなど、依然として日本航空機産業のおよび航空機技術に関しては限界も存在する。

結局、航空機、特に戦闘機開発とは国家レベルの技術の集大成であり、単に複合材料であるとか、AESAなどのアヴィオニクスとか言った要素技術を組み合わせただけでは飛行機は飛ばないのである。そこにはシステムとして、あるいはシステムの一部としての戦闘機を構築する「システムイングレーション」のが要されるのである。逆に言えば、日本産開発を通して得たかったのもそのシステムイングレーションに関わる経験だったわけだが。

もう一つのIFとして,設計機にF-16ではなくF/A-18を選択していれば…というのも時々言われるが、艦上戦闘機はその特性上構造重量などで不利なこと、基本設計がF-16ほど的に洗練されていないこと、などを考えれば、結局は開発ベースとしてはF-16に軍配が上がるだろう。アメリカもその後F/A-18E/Fスーパーホーネット(ライノ)を開発する際に、機体ほとんどにわたって設計を必要とした(にも関わらず加速性の不利とかはあいかわらず)のを鑑みても、F/A-18ベースにしたFS-Xにも依然として大きな困難がつきまとったであろうことは予測できる。

導入当初の内開発のAAM-4を運用できない(そのための機器を搭載するためのスペースがない)といった摘も、もともと開発期間にズレがあり、設計時の要に含まれていなかったことや、F-15でもJ-MSIPと呼ばれるでないとAAM-4は運用できないなど問題があったりするため、若干理めというか言いがかりに近いとも言える。その辺も含めてうまく設計要を出せ、というのであればそれはF-2ではなく防衛省の装備調達体制に対する定義として検討すべきであろう。もちろん上述したように、現在ではAAM-4の搭載が可になるよう良計画が進められている。

その後の開発の紆余曲折も航空機開発ではつきもので、こと昨今の軍用機開発が「炎上」しないケースは稀ともいってもいい。FS-Xと同時期に開発がスタートしたユーロファイター・タイフーンにしてもいまだ発揮(トランシェ3)ではないことを踏まえると、共同開発・良のみとはいえよく10年程度で運用にこぎつけたというべきか。

配備数が純減させられたのも、ミサイル防衛(MD)予算を捻出するためなどの点もあってF-2そのものに問題があったというわけではない(…と思いたいが、当時の防衛庁長官や、その長官とつながりが強い軍事評論家F-2に対する考え方を見聞すると、どうもF-2に対して何がしかの偏見があるような気がしないでもないが)。

しかしながら、開発~配備当初にかけて表面化した種々の問題点は、現在では機器のアップデートや飛行プログラムの修正などでほとんど問題が解決しており、一般開時には模擬弾(実際の重量は本物と同じ)とはいえASMを四発フル装備の上軽々と中機動しているほか、対領侵犯措置におけるスクランブル任務も通常通り行っている。
また共同訓練で参加したアメリカ軍の将官も特にAESAについて絶賛しているほどで、一部における「欠陥機」という認識は覆されつつあると言ってもいいだろう(いや、まだ一部の人達は頑強に言いっているのも事実ですが)。
生みの苦しみを味わったがゆえに今も駄作機扱いをされている不幸な機体であるともいえるかもしれない。


次へ»
最終更新日: 20/02/19 23:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ