ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三重県の各地の銘菓である、小波を模したこしあんで餅をくるんだ和菓子


ヨミ: ミエケンノアノワガシ
掲示板をミル!
15カキコ!

あなたのお探しのモノ、実は…

たぶん→赤福餅
おそらく→御福餅
きっと→赤ころ
maybe→伊賀福
たぶん違う→名福名古屋)、あっぱれ太もち(大阪

ではないですか?


概要


を親くらいの大きさに丸め、それをこし餡で包み、波を模した2~3本ほどの山筋を握って形作ったあんころ餅の一種。
三重県では昔からこの和菓子お土産として重宝され、されてきた。三重県民のソウルフードの一つ。

但し、その人気故にあやかったそっくりな品が同県内にいくつも流通し、県外から来た人間が「○○を頼まれて買ったのに、帰ってよく見たら××だった」と誤認購入してしまう事がよくある。


赤福餅


赤福が製造販売する伊勢銘菓。名前は「心慶福」より。
餡が模してる波は五十鈴川のせせらぎ1707年(永宝4年)より製造。パッケージ桃色宇治の擬宝珠と伊勢神宮殿
伊勢を始め東海関西の各百貨店売店・サービスエリアで購入可。消費期限は季2日、季3日。カロリーは一粒(37.5g)あたり91kcal。
流通量は他にべて圧倒的に多く、CM展開を行っているのはこちら。赤福本店以外は機械整形したものを販売。
2018年7月15日からは赤福100年以上ぶりの新商品として(赤福餅)、小豆と手亡豆)、黒砂糖)、大麦若葉)の4色の餡に変えた「いすず野あそび」というを1日500食限定(購入者は抽選により選定)で販売開始。

■sm2278833[ニコ動]


御福餅


(有)御福餅本家が製造販売する伊勢銘菓。名前は二見輿玉神社に祭られる天鈿女命の通称「御福さん」より。
餡が模している波は二見の波。会社創業は1932年(昭和7年)だが、御福餅自体は270余年の歴史をもつ。パッケージ桃色夫婦岩富士山からの朝日(かつては二見輿玉神社内のの擬宝珠にお福の面)。
伊勢を始め関西方面を中心としたサービスエリア空港で購入可。消費期限は3日。一粒あたり82.5kcal。
内産原料を使い一つ一つ手作業で作っている為、生産量は赤福にべ少なめ。


赤ころ


かし処 さわだ一休が製造販売する名銘菓。
餡が模している波は赤目の流れ。
自社販売店のほか各地の百貨店出行われる銘菓催事で購入可


伊賀福


朝倉商店が製造販売する上野銘菓。名前は「賀の(/御)福」より。
パッケージはくすんだ桃色上野松尾芭蕉
パーキングエリアで購入可

実は朝倉商店が名古屋の会社で「名福名古屋で売ってるパクリ商品)」を作っている所とおんなじなのは内緒。


関連項目



最終更新日: 18/07/23 11:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ