ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


上方落語


ヨミ: カミガタラクゴ
掲示板をミル!
1カキコ!

上方落語(かみがたらくご)とは、関西地方で発展を遂げた落語である。


定義


上方(かみがた)とは江戸時代など近代以前での、大坂などの畿内地方での呼び名であり、名の通り皇居を構えてたことから、大坂も含め上方(かみがた)と呼ばれた。後に天皇東京遷都させられてしまうが、慣習的に上方落語という名称が残っている。また、かつては大坂だけでなくでも落語という独自の落語が存在したそうだが、今日では大坂落語だけが残り(あるいは落語を吸収し)、大阪で演じられる、そして関西弁を用いる落語をそのように呼んでいる。

上方落語という呼び名は相対的な呼称であり、上方落語も江戸落語も広義の落語に含まれるものである。しかしながら関東地方など関西以外では落語江戸落語し、それと差別化を図る意味で上方落語と呼んでいるケースも少なくない。


歴史


上方落語の始祖と呼ばれる人が大坂にそれぞれいる。にいたのが初代露の五郎兵衛という人物で、江戸時代初期に、日蓮宗の談義僧から還俗し、咄と呼ばれる笑い話や歌舞伎役者物真似などのパフォーマンスを披露したとされる。なお、露の五郎兵衛という名跡は今も残っているが、初代と二代300年近くいており、先人へのリスペクトで名乗ったものである。

かたや、大坂にいたのが米沢という人物であり、落語家というよりは軽業師、大芸人の類であった。だが、小咄も評判を呼んだので、自ら軽口本集を上している。これが後に数年と続く上方落語へとつながっていくのである。その後は松田彌助という人物が現れ、その子に初代文治が現れ、大坂で、江戸のような寄席を開き、また鳴物具を用いたとされ、今の上方落語のスタイル確立していったとされる。後に文治は東西にわかれ、上方では文枝が止め名として受け継がれた。また、に並ぶ屋号、笑福亭一門は保から安永に成立したと伝わっている。また、立川屋も上方で勢を効かせたことがあった。

なお、江戸落語の祖と呼ばれる鹿野武左衛門も元は難波、あるいはの出身といわれている。

衰退と復活

明治には好対照な保守)、三友(笑福亭が軸で手で陽気な笑いを提供した)の切磋磨などもあり盛を迎えるが、大正から横山エンタツ、アチャコに代表される新漫才が台頭し、吉本行部が漫才に注してしまった(落語用の寄席を漫才用に買収した)ため、落語は大きく衰退し、存亡の危機に立たされる(滅びたわけではなく、面下の隙間産業となってしまった)。

しかし、そんな中でも落語の復権をしたのが5代目笑福亭松鶴や4代治らであり、後に彼らの次世代となって、後に上方落語四天王と呼ばれる三代目桂米朝、六代笑福亭松鶴、五代桂文枝、そして三代目桂春團治らが台頭したことで、復活を遂げることになる。この復権の陰には民放系ラジオ放送の開局もあり、聴取率を取れる落語白羽の矢が立ったのである。その後テレビメディア役になると、笑福亭仁鶴を筆頭に、桂三枝現在六代・桂文枝)、笑福亭鶴光などが人気を集めた。

1980年代からは、横山やすし・西川きよし(いわゆる「やすきよ」)、オール阪神巨人今いくよ・くるよ宮川大助花子などの漫才が絶大な人気を誇り、また東京から訪れたコントブームも浸透していく(クレイジーキャッツザ・ドリフターズ大阪でも絶大な人気を誇った)が、浪速の爆笑王といわれた桂枝雀を筆頭に、桂南光月亭八方桂文珍らが芸界に入り込み大健闘を見せた。その一方で桂枝雀自殺、また桂吉朝、笑福亭松葉など将来を嘱望された実落語家の相次ぐ世という不運にも見舞われた。

後に、上方落語界は東京との交流が密接となり、江戸落語一辺倒だった東京などでも上方落語は増えることとなる。特にNHK連続テレビ小説ちりとてちん」は上方落語ブームにとって追いとなり、兄さんを演じた吉弥は一躍時の人となった。また、大名跡の襲名も相次いでいる。治、、そして桂三枝桂文枝を襲名したことも話題となった。

また、「天神亭」は日本初の落語専門寄席であり、オープンからずっと安定した人気を保ち、若い世代の落語人気確保にも一役買っている。


江戸落語との違い



関連動画



■sm5696111[ニコ動]

■sm5864063[ニコ動]

■sm8043708[ニコ動]
■sm7797531[ニコ動]


関連商品


■az4480071857
■az4903993329


関連項目



最終更新日: 19/08/18 23:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ