ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


上杉禅秀の乱


ヨミ: ウエスギゼンシュウノラン

上杉禅秀の乱とは、室町時代の応永23年(1416年)に関東地方で起こった戦乱である。


ここまでのあらすじ


上杉秀は法名であり、以後秀と呼称する)とは山内上杉氏と並び代々関東管領の任についてきた上杉氏の当である。上杉氏とは貞治年間に上杉と並んで関東管領に就任した上杉房の台頭と、その上杉宗によって基盤が築かれた、上杉氏の有力一門であった。その勢圏は上杉房が守護に任じられて以来代々伝わる上総に加え、上杉宗、そしてその息子秀の代には常陸から州にかけても勢を拡大させていった。

秀は上杉宗が健在のころから伊達政宗の乱に対する鎌倉府軍の大将になるなど活躍をしており、また父親である上杉宗も小山義政の乱や小田の乱で大将を務めるなど、軍事行動で中心的な役割を果たし、加えて鎌倉で諸奉行職を務めるなど方近臣として重要な地位にある一門であったようだ。そのことは秀の那須資之、岩満純、千葉兼胤といった有族にいでいることからも見て取れる。

そんな秀は足利満兼の死によって父親である上杉宗が遁世したことによって跡を継いだ。彼が跡を継いだ際にはすでに出しており、また父親である上杉宗が70歳であったとされることからすでに壮年であったとされる。応永17年(1410年)に彼は、山内上杉定に変わって関東管領に就任した。

これは足利持氏が幼少であったことや、鎌倉府内で方の叔父である足利導権を握ろうとしたことなど、鎌倉府内で足利持氏成年になるまでの導権争いが行われ、その結果足利秀政権が成立したとされる。しかし秀自身は関東管領としても幕府から正式に認識され、特に問題なく勤めていったようだ。

応永21年(1414年)についに秀の父親である上杉宗が亡くなった。その翌年にはようやく足利持氏の親政が行われるようになり、山内懸の両上杉氏の対立が表面化。そして5月2日秀が管領を辞任し、18日に山内上杉基が管領となり、対立は山内上杉氏が勝利したようだ。そして10月2日、いよいよ足利秀による乱が勃発するのである。


乱の経過


乱は応永23年(1416年)10月2日足利秀が足利持氏の御所を襲撃したことに始まる。翌日足利持氏山内上杉基の屋敷に移り、前や由で戦いがあったものの追い落とされ、そこから12月までいったん小康状態が続く。

まず、初動の諸氏の反応、および勢関係は以下のとおりである。

足利持氏山内上杉基方 足利秀方
方連枝 稲村足利満貞 足利満直(途中で←)
上杉一族 上杉氏定、上杉上杉長、上杉 上杉上杉
宇都宮 宇都宮持綱 宇都宮左衛門佐
小田 小田
小山 小山満泰(途中で←)
佐竹 佐竹 山入佐竹与義
千葉 千葉兼胤
長沼 長沼義秀
那須 那須資之
結城 結城弾正
満純
武田 武田信満
常陸武士 烟田氏、真壁 大掾氏、行方氏、小栗
武蔵武士 豊島氏、江戸氏、南一 児玉党、丹党

一方幕府が乱の情報を知ったのは10月13日ごろであった。最初は足利持氏山内上杉基が既に自害したといったように情報混乱していたものの、10月29日に評定を行い、足利持氏を支持することとなった。

その結果12月に戦いが再開されたあたりで、一度は秀方についたものや、それまで乱に参加していなかったものが持氏方として参加するようになっている。こうして態勢を立て直した足利持氏方は鎌倉へ攻め入り、翌年1月11日鎌倉を制圧するのである。

こうして乱は上位権である幕府の支持によって3か程度で終わったのだ。


乱のその後


乱そのものは、当初の秀方のもともとの政治的地位の高さもあってある程度優勢だったものが、幕府の支持によってあっけなく終結させられてしまった。しかしこの乱がもたらした最大のは「応永の平和」を打ち砕いたことにある。

これ以降、足利持氏秀与党の討伐に執拗に心血を注いだのに対し、山内上杉基は全面的終結を願い、次第に両者の意見に齬がみられるようになった。そんな中基は応永25年(1418年)に27歳という若さで亡くなり、越後上杉氏から迎えられて跡を継いだ山内上杉実は幼く、持氏の独走を招いていき、永享の乱へと向かっていくのである。


関連商品


■az4864032130
■az4642064443


関連項目



最終更新日: 17/04/08 17:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ