ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


下北弁


ヨミ: シモキタベン

下北弁とは、青森県下北地方(むつ下北、上北横浜町)で使用される方言である。


概要


下北地方は、旧南部に属していたため、方言としては南部弁の影を大きく受けている。
また、較的距離が近かったことから、上伝搬により津軽弁アイヌ語の影も受けているとされている。 

訛りについては、(同じ県の)津軽弁よりは強くないと感じられるが、他の地方からすれば、十分訛っている方である。
また、むつ中心部は較的訛りは強くないが、沿部に行けば行くほど訛りが強くなる傾向にある。 

青森県方言は、津軽弁南部弁の2つに分別されがちだが、下北弁もあるので忘れないように。
繰り返す。青森県方言は、下北弁、津軽弁南部弁の(少なくとも)3つである。 


主要な単語


意味
「わい」 私。。(一人称を表す)
「おめ」「な」 あなた。
「〜ど」 〜達。例:わいど(俺らの意)
「だい」 。(「」が訛って転じた)
「〜だして」 〜だから。
「〜ね」 〜ない。
「わがね」 だめ。
「なんぼ」 いくら。(値段や、量、物事の程度など)
かます かき混ぜる。
あずましい」 心地よい。
わんつか」 少し。
「めんこい」 かわいい
「〜だっきゃ」 〜なんて。〜していたら。〜とは。
「あいっしゃ」「あいっしぇ」 あら。おやまあ。(驚きを表す)
「〜さ」 〜に。〜へ。
「ける」 あげる。
「〜じゃ」 〜よ。


会話例



その1



その2



その3



その4



関連動画



■sm1895950[ニコ動]

■sm2239556[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/09/07 00:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ