ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


下柳剛


ヨミ: シモヤナギツヨシ
掲示板をミル!
39カキコ!

下柳剛しもやなぎ つよし、1968年5月16日-)とは、長崎県出身の元プロ野球選手投手)である。現在浮浪者野球解説者を務める。


概要


OB
下柳剛
基本情報
日本
出身地 長崎県長崎市
生年 1968年5月16日
身長
体重
184cm
96kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1990年ドラフト4位
引退 2012年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

リリーバーとして頭を現し、30歳を過ぎてから先発に転向、40歳を過ぎてなお先発ローテとして投げ続けた左腕。若手の頃は速球だったが、後に制球の高さを生かした、のらりくらりとした投球で打者を打ち取る技巧投手に転身した。称は「シモやん」「シモさん」。

1990年福岡ダイエーホークスドラフト4位で入団。


プロ入り後


プロ入り当時は典的なノーコン速球投手だったが、当時の根本陸夫監督権藤博投手コーチが「あいつだけはいくら投げさせても壊れん」と連日の投げ込みをさせて制球善させた。

1993年から中継ぎとして連日のように登板し、そのタフネスぶりから「アイアンホーク」の称で親しまれる。しかし1995年に自損事故を起こして故障してしまい、それが原因で日本ハムファイターズにトレードされた。

日本ハムでもその腕ぶりを発揮し、1997年には65試合登板147イニングを投げ、先発登板1試合のみで規定投球回数に達した。またこの年、イチローの連続打席三振216で止めイチローキラーとも呼ばれた。1999年まで3年連続60試合登板を達成。

2000年から先発に転向し2年で17勝を挙げるが、2002年には勤続疲労もあってか成績が低迷。同年オフ阪神タイガースにトレードで移籍する。

阪神では長年の経験で培った制球で勝負する技巧左腕に転身。移籍1年から10勝を挙げて優勝に貢献した。2005年には37歳にして15勝を挙げ最多勝を獲得。セ・リーグ最年長記録であると同時に、規定投球回数に達せずに最多勝という史上2人記録でもあった(最初の達成者の伊東昭光リリーフでの達成のため、先発で投げての達成としては史上初だったりする)。
以降も先発ローテとしてコンスタントに10勝前後を挙げ続け、阪神在籍の9年間で80勝を挙げた。

2009年には矢野輝弘と史上初の40バッテリーを組むなど、阪神移籍後は狩野恵輔の台頭後も矢野バッテリーを組んでいた。2010年城島健司バッテリーを組んだが、登録抹消を繰り返し7勝8敗に終わった。2011年は開幕ローテ入りしたものの6試合で0勝2敗の成績で、6月以降は二軍生活となり、戦力外通告を受ける。

2012年東北楽天ゴールデンイーグルステストに合格し入団。オープン戦での好投から開幕一軍を勝ち取ったものの4試合に登板して0勝2敗、防御率5.29と結果を残せず、4月26日二軍落ち。その間に若手が次々と台頭していったため一軍再昇格を果たせず、10月2日戦力外通告を受けた。

現役続行をドジャーストラアウトも受けたが、身体的な限界を感じ、「もう潮時だな、と」現役引退を表明した。


引退後


ABCラジオ阪神戦の解説を担当している。2017年にはドラマ孤独のグルメ Season6』の第1話に出演して俳優デビュー野球ファンドラマ視聴者を驚かせた。


人物


濃いヒゲトレードマークだが、その割にシャイな性格でお立ち台には滅多に上がらなかった。引退して解説者になると発表された時は、「下しゃべれるんか」と阪神ファンらに危惧されたものの、ふたを開けてみれば軽妙なトーク術を発揮して視聴者を楽しませている。

阪神では6回前後で降することが多かったため、1年間ローテを守っても規定投球回数に達しないことが多かった(在籍した9年間で2桁勝利を5回記録したが、規定投球回数到達は2回だけ)。藤川球児からは「社長」と呼ばれていた(リリーフ仕事をくれるので)。

で、2003年阪神からFA宣言した際に横浜との争奪戦になったが、本人く交渉内容はもっぱら飼い犬の待遇についてだったらしい。
また40歳をえても独身を続けていたが、2010年6月に入籍したことを公式サイトで発表、ファンに色んな意味で衝撃を与えた。余談だが発表翌日のスポーツ新聞紙面では、各W杯南アフリカ大会での日本代表勝利を一面にする中、デイリースポーツだけは「下結婚」が一面だったという。

星野仙一は下を高く評価しており、阪神外が発表されるやいなや獲得を決意。その場に居合わせた記者に「入団テスト受けさせる。『楽天、下獲得へ』と堂々と書け」と明言したため、翌日のスポーツで大きく報じられた。その結果NPBの担当者のにも入り、「トラアウトの前に入団テストをしちゃダメ」と球団がお咎めを受けたという(選手会との申し合わせだが明文規定ではないらしく、星野はそのルールを知らなかった)。

ドカベン プロ野球編』で山田太郎プロ入り初本塁打を打たれた投手(当時はダイエー所属)。ヒゲのおかげで描きやすいのか、その後もちょくちょく出演している。


通算投手成績


通算:21 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 627 15 4 129 106 22 0 .549 1970.2 744 1418 934 859 3.92 1.37

関連動画


■sm7139701[ニコ動]

■sm1187159[ニコ動]
■sm3016609[ニコ動]
■sm2317642[ニコ動]

関連商品

■azB002SE5D94
■azB002AKAKJY

関連コミュニティ

■co237


関連項目



最終更新日: 19/11/17 13:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ