ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


不完全性定理


ヨミ: フカンゼンセイテイリ
掲示板をミル!
35カキコ!

不完全性定理とは、ゲーデルが1931年に発表した定理である。


概要


この定理には

第一「再帰的で(ω)矛盾自然数論を充分に表現できる形式系は全ではない.」

第二「再帰的で矛盾自然数論を充分に表現できる形式系は自分自身の矛盾性を明できない.」

の二つがある。

(以下、理論=形式系、仮定=公理=論理式(命題)とする。)

要約すると

一つは、どんな数学理論にもその理論の中で表現できるで正否の判定ができないものが存在する。

この例として、ZFに対する選択公理、ZFC(ZF+選択公理)に対する連続体仮説などが存在する。

二つは、数学理論矛盾性はその理論又はそれより強くない(より多くの仮定を含まない)理論からは示せないということ。

このことから、理論Aにbという仮定を付け加えた理論A+bがあるとき、A+bからAの矛盾性が示せれば、bはAでは明できないことが分かる。

 

ゲーデルは、数学理論をそれ自体の中で(自然数を使って)表現することで、「この命題明できない」と解釈できる命題理論内で表現しこの二つの定理明している。この技法(ゲーデル数化)は現在でいうところのコンパイルなどに相当する(論理式(プログラム)->機械語という意味で)。

チューリングマシンの停止問題は、この不完全性定理をコンピュータの用に置き換えたものである。

この定理数学情報科学、さらには哲学などにも大きな衝撃と影を与えた。


関連動画


 


■sm1901435[ニコ動]

■sm12567156[ニコ動]

 

 


関連商品


 

■az4003394410
■az4061329472
■az425411723X
■az4130640976

 


関連コミュニティ


■co1425


関連項目



最終更新日: 19/02/17 22:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ