ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


世界コンピュータ将棋選手権


ヨミ: セカイコンピュータショウギセンシュケン
掲示板をミル!
10カキコ!

世界コンピュータ将棋選手権とは、コンピュータ将棋No.1を決める大会である。
年に1回開催され、近年はGW中に開催されている。


概要


1万円払えばでも参加可コンピュータ将棋ソフトの大会で、
過去には北朝鮮から参加していたソフト(しかも強い)もあった。
選手権のポリシーにもあるが、ハードウェアの制限はないため
高速なPCで臨むチームもあればそうでないチームもある。

21回優勝チームボンクラーズ(現:Puella α)が第1回電王戦
22回優勝~5位のチーム(GPS将棋,Puella α,ツツカナ,ponanza,習甦)が第2回電王戦に出場した。


主なルール



第20回大会(2010年)


1次予選

独自路線を進むSTR(アピール文書[外部])とメカウーサー(現:メカ女子将棋)(アピール文書[外部])、
後に電王戦に出場することになるツツカナ,初出場ながら大健闘した芝将棋
そして1次予選の話題を独占した稲庭将棋と初出場組が検討した。
特に稲庭将棋は「時間切れ勝ち狙い」と言う思想で、敗で勝ち上がった(4勝3分け)事により
もし稲庭将棋が優勝したらと言う不安と期待を持って1次予選は終了した。
この時の棋譜は関連動画【2010年度】世界コンピュータ将棋選手権をさらっとまとめてみた[動]を参照。

参考画像:
稲庭将棋[外部]
STR[外部]
メカウーサー[外部]

名勝負:
一次予選 3回戦 稲庭将棋 - ponanza[外部](稲庭将棋が本領発揮)

結果
1位:奈良将棋
2位:芝将棋
3位:稲庭将棋
4位:ponanza
5位:ツツカナ
6位:GA将!!!!
7位:隠岐
8位:棋理
9位:まったりゆうちゃ
10位:Tohske

2次予選

稲庭将棋がどこまで負けないかに注が集まるが、初戦で負けてしまう。
変わって話題に上がったのは初参加の芝将棋で、9回戦では激指にも勝ち決勝進出を決める。

名勝負:
二次予選 9回戦 芝浦将棋 - 激指[外部](初登場の芝将棋激指に挑戦)

結果
1位:ボンクラーズ
2位:芝将棋
3位:激指
4位:YSS
5位:習甦

決勝シード
GPS将棋
大槻将棋
Bonanza Feliz

決勝

コア666GPS将棋と2次予選を全勝で勝ち上がったボンクラーズに注が集まるが
優勝したのは2次予選3位の激指,準優勝は2次予選5位の習甦となった。
(共に6勝1敗の成績も直接対決に勝った激指SBの差で優勝)
期待を集めたGPS将棋ボンクラーズはそれぞれ3位と4位となった。

この大会を最後に名物ソフトであったSPEARの連続参加が14で止まった。

名勝負:
決勝 5回戦 習甦 - 激指[外部](4-0の習甦対の3-1の激指。大一番)

結果
1位:激指(6-1)
2位:習甦(6-1)
3位:GPS将棋(5-2)
4位:ボンクラーズ(5-2)
5位:Bonanza Feliz(3-4)
6位:大槻将棋(1-6)
7位:芝将棋(1-6)
8位:YSS(1-6)

独創賞:稲庭将棋
新人賞:芝将棋


第21回大会(2011年)


1次予選

STR(アピール文書[外部])が相変わらずだったことしか記憶にない。
画像を見て頂ければわかるが、定跡をあえて使わないなどアプローチ方法が異なるため、
STRのようなチームは、極端に強いか極端に弱いかどちらかになってしまう。
Bonanzaが初登場した時もそうであるが、別アプローチをするチームは必要である。

参考画像:STR[外部]

名勝負:
一次予選 5回戦 STR - メカウーサー将棋[外部](人が見るとハテナが付く手もあるが、0からここまで作るのも相当大変なのも事実。)

2次予選

1次予選を勝ち上がった10チーム全てが負け越すと言う2次予選のを感じる大会だった。

決勝

優勝チームが5勝2敗,8位のチームも2勝5敗と大混戦になったが
ボンクラーズSBの差でBonanzaを抑えて優勝。2位は同じく5勝2敗のBonanza


第22回大会(2012年)


1次予選

なのは(アピール文書[外部])、メカウーサー将棋(アピール文書[外部])、STR(アピール文書[外部])がいつも通りで安心した記憶がある。
STRは残念ながら23回大会にはエントリーしていないようだ
なお、なのはは1次予選を通過している。

参考画像:
なのは1[外部],なのは2[外部]
メカウーサー将棋[外部]
STR[外部]

2次予選

1次予選を勝ち上がった10チームのうち、なのはが5勝4敗と気を吐くが、他チームは全て負け越し。
2次予選のは厚い。
1位通過のGPS将棋も7勝2敗と大混戦になった争いのなか、Bonanzaが5勝4敗の成績ながら9位となり、
Bonanzaが2次予選で敗退すると言う事件も発生した。

名勝負:
二次予選 9回戦 Bonanza - 激指[外部](どちらも5勝3敗と後がなくなった最終戦)

決勝

ニコ生ログ[外部]もあるのでか書いて

結果
優勝:GPS将棋
2位:Puella α
3位:ツツカナ
4位:ponanza
5位:習甦
6位:激指
7位:YSS
8位:Blunder


第23回大会(2013年)


前回からのルール変更

1次予選

結果
1位NineDayFever
2位Apery
3位:将棋
4位:N4
5位:AWAKE
6位:ひねもすのたり
7位:明4
8位:ひまわり

開催前からNineDayFever,N4,Aperyの3チームは1次予選ではレベルが違うと言われていたが、実際その通りの結果になった。特にNineDayFeverは初戦で将棋を破ると、N4やAperyとの直接対決も制して全勝で1次予選を通過した。2位にはNineDayFeverとの直接対決に負けた6勝1敗のApery,3位にはこの2チーム以外には負けたかった将棋が入った。初出場のひねもすのたりが6位に,昨年次点にないた明4が7位に,同じく初出場のひまわりが同率8位ながらも直接対決の成績で1次予選を通過した。

大人の事情で1次予選は棋譜配信のみの予定であったが、大合神クジラちゃん作者あるえびふらいさんがなんと会場から配信すると言うサプライズ。棋譜配信に繋がりにくい事や自作GUIやその勝手読み大人気(来場者7000人,コメント9000件)となった。大合神クジラちゃんリスナーを借りてソフトパワーアップすると言う仕様(詳しくは大合神クジラちゃんの項を参照)であった事もあり徐々に調子をあげ、結局3連敗からの4連勝で1次予選11位となった(スイス式のため、序盤の連敗で上位と当たらなくなったのが痛かった)。

その他のソフトでは人間ならを覆いたくなるような序盤から勝ってしまうひまわりや、決勝進出した事もある過去の資産を丸々捨てて選手権に挑んだ芝将棋Jr.、現役女流棋士2名を含む女子4人(内1人は自称)で選手権に挑んだメカ女子将棋話題となった。

2次予選

1次予選を勝ち上がった8チームと2次予選シードの16チームが決勝(上位8チーム)をして戦う。第2回電王戦に出場した4チームに、決勝常連の激指,YSS,Blunder,Bonanzaなど強の一を崩すチームがあるのか。また前回に引き続き波乱はあるのかなどこちらも見どころ満載です。

結果
1位:激指
2位:ponanza
3位:GPS将棋
4位:Bonanza
5位:ツツカナ
6位:NineDayFever
7位:習甦
8位:YSS

決勝

現地の大盤解説会の様子がUstream中継された。

結果
優勝:Bonanza
2位:ponanza
3位:GPS将棋
4位:激指
5位:NineDayFever
6位:ツツカナ
7位:習甦
8位:YSS

観戦記


関連動画



■sm7017314[ニコ動]

■sm10770761[ニコ動]
■sm18024649[ニコ動]
■1304550285[ニコ動]


関連生放送


lv176153179 lv176153257 lv47425841 lv90327398 lv90327588 lv90327774


関連項目



関連リンク



オフィシャル



参加チーム


全部作ってからこんな便利なサイト[外部]があるのに気が付いたorz


参加していたチーム(本文に名前がある物のみ)



最終更新日: 14/05/06 09:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ