ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


世良敏郎


ヨミ: セラトシロウ

世良敏郎とは、幕末の幕臣、京都見廻組並。

坂本龍馬暗殺実行犯の一人とされる。


概要


化元年(1844年)、桑名士族小林に生まれる。諱は重幸。通称甚七。

慶応3年(1867年)5月京都見廻組並・世良吉五郎の養子となり、見組並を相続する。

京都見廻組肝煎・渡辺篤言によると、慶応3年(1867年)11月15日京都見廻組与頭・佐々木只三郎の招集を受け、醤油商の近江屋に向かい、同行した渡辺の他3人(佐々木今井信郎、世良)が2階に乗り込み坂本龍馬中岡慎太郎両名を殺乱闘奮から世良がを現場に置き忘れたと渡辺っている。

その後の経歴、没年は不明。

世良は今井言には登場せず、渡辺捏造ではないかとされていたが、慶応2年(1866年)2月京都役・岩田通徳が、世良吉五郎の養子に世良敏郎を願う幕府宛て書類が確認されており、実在した人物である事が分かっている。


関連商品


■az4569690653
■az4404037694
■az4309409857
■az4404037805


関連項目



最終更新日: 10/12/06 23:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ