ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中村俊輔


ヨミ: ナカムラシュンスケ
掲示板をミル!
135カキコ!

中村俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日-)とは、神奈川県横浜市戸塚区出身のサッカー選手である。現在J1リーグ横浜FCに所属。


概要


横浜FC #10
中村俊輔
基本情報
日本
出身地 神奈川県横浜市戸塚区
生年 1978年6月24日
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
利き足
守備位置 MF
プロ入り 1995年
所属クラブ
代表歴
代表チーム 日本
出場歴 2000年-2010年
サッカー選手テンプレート

学園出身。利き足は左足。称は「俊輔」「俊さん」「ナカ」など。

視野の広さ、左足の正確なパス、フリーキックなどに優れたミッドフィルダー(右サイドもしくは中央)。長らく日本代表背番号10として活躍。2000年2013年Jリーグ最優秀選手を受賞。2007年にスコティッシュ・プレミアリーグMVPを受賞。セルティックでは伝説的な選手としてり継がれている。


生い立ち


横浜市瀬谷区で生まれ、4歳のときに戸塚区に引っ越している。3歳の頃からサッカーボールを蹴るようになり、小学生になり深園FCに入ってから本格的にサッカーを始める。

中学生の頃は、横浜マリノスジュニアユースに所属していたが、体が小さかったこともあってマリノスユースに上がれず、学園へ進学しサッカーを続ける。この頃から急に実をつけるようになり、超高校級MFとして注されるようになる。全高校サッカー選手権には、2年生の頃と3年生の頃の2度出場。3年生の時には準優勝という実績を残している。


横浜マリノス時代


高校卒業後の1997年ジュニアユース時代に所属していた横浜マリノスに入団し、プロとしてのキャリアスタート背番号は「25」。

4月16日Jリーグ1stステージ第2節ガンバ大阪戦に途中出場し、Jリーグデビューを果たす。5月3日の第6節ベルマーレ平塚戦でJリーグゴールを決める。大物ルーキーとして注が集まっていた中村に対し、当時のハビエルアスカルゴルタ監督は才を高く評価しつつ、過度のプレッシャーがかからないように配慮し、最初は途中出場で出番をじわじわ増やし、プロに慣れてきた頃にスタメンとして起用していた。に定着し、随所に期待通りの才の高さを見せると、高卒1年にしてJリーグ最優秀新人賞を受賞。1998年は、11月14日2ndステージ17節のベルマーレ平塚戦でハットトリックを達成するなど、9得点を記録している。

プロ3年となった1999年から背番号を「10」に変更。チーム名を「横浜F・マリノス」に変更したチーム徴として期待されると、この年初のJリーグベストイレブンに選出される。

2000年は、フル代表と五輪代表の掛け持ちという忙しいシーズンとなったが、としてレベルの高いプレーを随所に披露。中心選手としてチームJ1リーグ1st ステージ優勝に導く。チャンピオンシップ鹿島アントラーズに敗れ、年間王者の座を逃し、試合後に悔しを流す。しかし、この年の活躍は覚ましいものだがあり、史上最年少の22歳にしてJリーグ年間最優秀選手賞を受賞。大きく飛躍した1年となった。

一方、2001年チームが低迷したのに伴い、自身も前年を下回るパフォーマンスとなってしまう。慢性的な足首の負傷を抱えていたため離脱する時期もあった。それでも10月27日のナビスコカップ決勝では、当時黄金時代にあったジュビロ磐田相手にPK戦に持ち込み、1人キッカーとして成功させて優勝に貢献している。2002年も足首の負傷に苦しみ本来のパフォーマンスではなかった。それでも、にさらなるステップアップをするために海外への移籍を決断する。


レッジーナ時代


2002年7月イタリアセリエAへのレッジーナへの移籍が発表される。背番号は「10」。海外初挑戦のシーズンながらレギュラーを獲得し、プレーキッカーも任される。監督交代という混乱もあり、本職のトップ下ではなく、1列下がったポジションでの起用も多かったが、32試合に出場して7得点という記録を残し、チーム標だったセリエA残留に貢献する。

2003-04シーズンは、代表との過密日程の影もあってコンディションが低下し、負傷が増えたこともあって前年よりもパフォーマンスが落ちてしまう。スタメンを外されることも増え、出場試合数は16試合とシーズンの半分を下回ってしまう不完全燃焼シーズンとなった・

3年となった2004-05シーズンは前年度に苦しめられた負傷が癒え、本来の姿を取り戻す。この年から就任したワルター・マッツァーリ監督がパスを繋ぐスタイルだったのも追いとなった。2004年11月6日セリエA第10節ユヴェントス戦では、チームの大金星に貢献する。終盤に負傷したものの、33試合に出場とほぼフル稼働し、チームは創設以来最高順位となる10位となる。イタリア誌からレッジーナ歴代ベストイレブンに選出される活躍をしたシーズンとなった。


セルティック時代


2005年7月コティッシュ・プレミアリーグスコットランド)のセルティックFCに移籍。背番号プロ1年と同じ「25」。中村の獲得をクラブに熱望していたゴードン・ストラカン監督から加入当初から信頼を受け、右SHを戦場に中心選手としてプレー。左足のキックと高いテクニックセルティック・サポーターを虜にし、リーグ戦とカップ戦の内二冠に貢献。

2006-07シーズンは自身のキャリアハイと言えるシーズンとなる。スコットランドリズムにも慣れてきたこともあり、もはや攻撃の中心という存在となり、リーグ戦では2006年10月ダンディ戦で自身キャリア二度となるハットトリックを達成するなど9得点を記録。アシスト数はリーグトップの12アシストを記録。リーグ連覇を成し遂げる。
自身初挑戦となるUEFAチャンピオンズリーグCL)では、2006年9月13日初戦で強マンチェスター・ユナイテッドと対戦。敵地オールド・トラフォードで1-2のビハインドを背負った前半43分フリーキックの場面で直接ゴールを狙うと、オランダ代表の名GKエドウィン・ファン・デル・サールが一歩も動けない璧な弧を描いたシュートを決めて見せる。さらに、ホームセルティック・パークでの再戦となった11月21日スコアレスで迎えた後半36分前回の対戦と同じような位置でフリーキックの場面が訪れ、鋭く曲がり落ちるシュートゴール右上に決める。試合後ファン・デル・サールが「あんなキックを蹴られたら、GKができることは何もない」と漏らすほどの芸術的ゴールは決勝ゴールとなり、今でもセルティックサポーターの間ではとなっている。この活躍により、セルティックは初のCL決勝トーナメント出場権を手にし、同時に日本人として初めてCL決勝ラウンドのピッチに立つ。(CL再編成以前のチャンピオンズカップでは寺康が出場しているが、現行のCLでの決勝トーナメント進出は日本人としては中村が初めてである。)
これらの活躍は高く評価され、スコットランドPFA年間最優秀選手賞(Scottish PFA Players' Player of the Year)に選出され、アジア人間欧州一部リーグMVPを取る初の快挙を成し遂げた。さらにはスコットランドサッカー記者協会年間最優秀選手賞も受賞しており、タイトルを総なめにしたシーズンとなった。

チームで揺るぎない地位を手にした中村は、2007-08シーズンも攻撃の中心として活躍。2008年4月16日の宿敵グラスゴー・レンジャーズとのオールド・ファームでは、ゴールから30mほど離れた位置からアウトサイドにかけた衝撃的なスーパーゴールを決めている。このゴールセルティックのリーグ戦3連覇を決定づけたものとなった。2008-09シーズン終了後、ストラカン監督と共に4シーズンに渡って数々の栄を築き上げたセルティックを退団し、次のステップをすことになる。


エスパニョール時代


2009年6月22日スペインリーガ・エスパニョーラのRCDエスパニョールに移籍。背番号は自身初となる「7」となった。本人にとって念願だったスペインでの挑戦となったが、全てが自分を中心に回っていたセルティック時代と違い、マウリシオポチェッティーノ監督による戦術のベースが出来上がったチームフィットできず、苦しむことになる。監督からの信頼を得られず、出場機会も次第に減っていき、スペインでの日々はわずか半年で終わることになる。2010年W杯が間近ということもあり、出場機会をめたことから日本へ戻ることを決意する。


横浜F・マリノス時代(第二次)


2010年2月28日Jリーグ開幕直前というタイミングで、古巣である横浜F・マリノスに7年半ぶりに復帰する。背番号セルティック時代と同じ「25」。前に所属していた頃は20代前半の若手だったが、今回は31歳のベテランとしてチームを引っる立場となった。リーグ32試合に出場とシーズンを通して稼働はしたものの、足首の負傷を抱えていた影調子が上がらず、久々J1リーグで期待値を下回るパフォーマンスとなった。

松田直樹、山瀬攻治、河合二といった功労選手が軒並み放出となった2011年シーズンからは自身初となるチームキャプテンに就任する。だが、8月松本山雅に移籍した松田が急死したこともあってチームは暗い影を落とし、自身も怪の影フル稼働はできなかった。2012年は、リーグ最少失点のチームにあってフルに稼働することができた。

2013年シーズンは、トップ下の位置で守備の負担が軽減されたこともあり、全盛期を彷彿とさせる質の高いパフォーマンスを見せる。J130節の大分トリニータ戦では、通算17得点となるフリーキックからの直接ゴールを決め、J1リーグでのフリーキックからのゴールトップに躍り出る。以降首位に立つなど、優勝争いを演じていたチームを牽引していたが、11月に胆嚢炎のために入院しチームを離脱。その間の失速の影で最終節に川崎フロンターレの逆転を許し、あと一歩でJ1リーグ優勝を逃す。だが、この年キャリア初の二桁得点を記録する充実したシーズンを過ごし、史上最年長の35歳にして、史上初となる2度Jリーグ年間最優秀選手賞を受賞する。一方、天皇杯は決勝まで勝ち残り、2014年元旦の決勝でサンフレッチェ広島を破り、21年ぶりの優勝に貢献。


次へ»
最終更新日: 21/03/18 22:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ