ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中村獅童


ヨミ: ナカムラシドウ
掲示板をミル!
14カキコ!

中村獅童(なかむら しどう)とは、日本歌舞伎役者の名跡のひとつである。屋号は屋。
該当する人物は、初代とその息子の二代だが、本記事では当代である二代中村獅童について解説する。


二代目中村獅童


1972年9月14日生まれ。歌舞伎役者以外でも、俳優声優として活躍中。本名は小川

初代中村獅童の一人息子で、叔父俳優屋錦之介・中村嘉葎雄がいる。しかし、獅童が幼い頃に歌舞伎業してしまったため、名門の生まれながら後ろがなく、長年にわたって端役を続けざるを得ないなど、苦しい下積み時代を送る。

しかし、歌舞伎以外でもテレビ映画で地に活動を続ける内に、2002年映画ピンポン」で主人公ライバルドラゴンを熱演。この作品で数多くの新人賞を総なめにして注を集め、以後は数々のドラマ映画で活躍。同時に歌舞伎でも重要な役柄を演じるようになり、に荒事の立役を演じるケースが多い。同じ立役が得意な人気役者市川海老蔵が生まれながらのサラブレッドなのに対して、獅童は長年の下積みを経て大成した、最近ではしいたたき上げタイプ歌舞伎役者である。

演じる役柄は非常に幅広く、丹下のようなニヒルヒーローから、新選組!滝本捨助のようなヘタレな三枚まで、ありとあらゆる役をこなす。また、役作りにも並々ならぬこだわりがあり、先述のピンポンではスキンヘッドの上に眉毛を全部剃り、八重の桜では佐川兵衛を演じるにあたり体重を20㎏以上も増量した。

私生活では、映画「いま、会いにゆきます」で共演した竹内結子と結婚して一児をもうけたが、翌年の飲酒運転によるトラブルが原因で、わずか3年で離婚している。

また、声優としても活躍しており、DEATH NOTE死神リュークをはじめ、数多くの作品に出演している。の演技も要される歌舞伎での実績の賜物もあってか、声優としての評価も高い。


主な出演作



テレビドラマ



実写映画



吹き替え



アニメ



ゲーム



関連動画



■sm7517338[ニコ動]

■sm23570814[ニコ動]


関連商品


■azB0086TJR8I
■azB0001GGTG2
■azB000MGBOL6
■azB003GQSXJA


関連項目



最終更新日: 19/03/22 19:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ