ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中村紀洋


ヨミ: ナカムラノリヒロ
掲示板をミル!
316カキコ!

中村紀洋(なかむら のりひろ、1973年7月24日-)とは、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手)である。

称は「ノリさん」「KL」など。


概要


OB
中村紀洋
基本情報
日本
出身地 大阪府大阪市
生年 1973年7月24日
身長
体重
180cm
92kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 三塁手一塁手二塁手
プロ入り 1991年ドラフト4位
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 2000年2004年
プロ野球選手テンプレート

大阪府高等学校では2年のに4番を務め、甲子園大会に出場した。

1991年近鉄バファローズ(当時)にドラフト4位で入団。


近鉄時代


1996年、この頃から左手首の故障に悩まされる。

1997年には自身初のシーズン30本塁打を達成。2000年には本塁打王打点王を受賞。年棒3億円でパ・リーグ日本人最高年棒選手となったが、チームは2年連続で最下位だった。

2001年打点王を獲得し、近鉄優勝に貢献。当時年俸5億円(推定)を貰っていたノリさんは複数年契約を拒否し、単年契約を結ぶ。

2002年FA権を取得し行使したが、ニューヨーク・メッツ入団に合意と報じられたが、12月にこれがニューヨーク・メッツホームページに載った事について激怒し、交渉を白紙に戻し、近鉄に残留した。この頃から「く」なっていった。

2004年 近鉄消滅を受け、当時近鉄と業務提携していたロサンゼルス・ドジャースへ移籍。


ドジャース時代


2005年4月メジャー昇格を果たしたが、5月40から外れる。ウエーバー示にかけられたが、獲得球団は現れず、AAA級への降格を了承。オフオリックス・バファローズに移籍。


オリックス時代


2006年清原和博との共演が話題になるが、4月28日左手首を負傷。その後も右手首、8月には左肘も痛めるなど負傷続きのシーズンを送る。9月には左手首を手術する。しかしその左手首の故障を巡って、球団と散々もめる。

2007年オリックス解雇される。他球団が獲得を匂わされるも結局手を挙げるところがなく、2月キャンプが始まった中で、ただ一人自トレを続けた。


中日時代


2007年2月12日にに中日ドラゴンズキャンプで入団テストを受け、2月25日育成枠で入団。オープン戦で結果を残し、3月22日には年棒600万円で支配下選手契約を結び、背番号205から99に変更された。
中日にきてからはさらに広打法(右打ち)に磨きがかかりその上バント・進塁打とチームプレイも積極的になった。クライマックスシリーズでも活躍し日本シリーズMVPを獲得しを流した姿は印的だったはず。中日に入団したあたりからどんどん「く」なっていった。

2008年シーズンオフFA宣言東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得に名乗りを挙げ、移籍決定。


楽天時代


2009年は活躍が期待されていたが、持病の痛もあり、不本意な成績に終わった。

2010年は前半戦は4番を任されるなど好調だったが、後半戦に入ると下降。シーズン終了後、戦力外通告を受けた。


横浜・DeNA時代


2011年5月23日横浜ベイスターズに入団。右の代打、一塁の守備固めとして起用。またチーム事情で日本では初となる二塁を2試合だけ守った。

2012年は3番または5番を任され、アレックス・ラミレスが欠場した日は4番にも入り安定した打率、勝負強いバッティングでチームに貢献する。5月4日中日ドラゴンズ戦で岩瀬仁紀からホームランを放ち、史上22の全球団から本塁打を達成。 5月20日には千葉ロッテマリーンズ戦で唐川侑己からホームランを放ち史上38人の通算1000得点を達成。また8年ぶりにオールスターに出場し、第一戦で斎藤佑樹から逆転2ランを打ちMVPを獲得した。
しかし8月15日阪神タイガース戦にて自分の打席で盗塁を試みた内村賢介を叱責し、采配批判とみなされ二軍に懲罰降格されると、復帰後は降格前よりかなり調子を落とした。それでも打率.274、得点圏打率.306はそれぞれリーグ10位と5位にランクイン61打点リーグ8位、11本塁打の活躍でラミレスと共にチームを支えた。
ゴールデングラブ賞も期待されたが一塁手として1位畠山和洋と2票差の2位で、惜しくも受賞を逃した。契約更新時に代打要員との通告を受けた。

2013年は前述の理由で開幕戦も出番がなかったが、調子を上げレギュラーを奪取。5月1日は日通算2000本安打を達成するも、「日本だけの記録に拘りたい」として祝賀を保留。そして5日に2000本安打を記録し、めて快挙を祝った。6月30日中日戦。相手先発山本昌から先制ソロ本塁打を放ち通算400号本塁打を記録。さらにその試合ではサヨナラ安打も放ちチーム勝利にも貢献した。

2014年中畑清監督の起用法に従わない言動があったとし、5月6日読売ジャイアンツ戦以降一軍出場がなく、オフ戦力外通告を受けた。


DeNA退団後


現在学生野球資格を回復し導者として活動している。選手としては実質的な引退状態だが、死ぬまで何かにチャレンジし続けるという意味で「生涯現役」を宣言している。


打撃


一見すると窮屈そうな構えからテイクバックを大きく取り、足を高く上げるフォームでホームランを量産。
フォームは年齢を重ねる毎に少しずつ変わっており、1年間で大きく変わることもよくあった。

打撃の師と仰ぐ落合博満と同じ神主打法も取り入れた特徴的なバッティグフォームは、2000年代前半の野球少年達がこぞって真似をしたフォームでもある。
また、ホームランを打った際のバット投げ野球ファンなら一度は真似をしたくなるほどの綺麗さである。

「全打席ホームランを狙う」「フルスイングを捨てたら4割打てる」とするほど、フルスイングにはこだわりがあり、「ミスターフルスイング」の異名を左打者の小笠原道大と競い合っていた。
年齢的にも衰えが見え始めた頃から状況によってはフルスイングを捨て、ライト方向への流し打ちもよく見せるようになった。

近鉄時代に左手首を故障して以降、バットグリップ部分にテープを巻くようになり、一時期はグリップエンドがとても大きくテーピングされたバットを使用していた。
そのため右手バットを押し込む動作が洗練され、ライト方向への強い打球が打てるようになった。


守備


本職は三塁手で、一塁も守るが本人は三塁にこだわりがある。高校時代はピッチャー近鉄所属の頃は一時期ショートも守っていたことも。横幅が広めの体パワーヒッターのイメージが強いからか、よく知らない人には守備が下手と思われていることが多い(『実況パワフルプロ野球』での守備定がさほど高くないことも原因かも)。

が、実際はゴールデングラブ賞7度(ちなみに三塁手部門歴代最多記録)受賞している、日本の名三塁手である。どんな体勢からでも一塁へ正確ボールを投げる送球の技術は天下一品。近年はを痛めているせいもあって試合終盤には一塁に回ることも多かったが、技術は決して衰えてはいない。

2011年10月13日 対阪神タイガース戦では、内では初めて二塁手としてスタメン出場を果たす。


人物・その他


応援歌

球団 レス No プレイヤー
近鉄 応援歌のピコカキコ一覧#683 10733
楽天 応援歌のピコカキコ一覧#286 9161
DeNA 応援歌のピコカキコ一覧#4 8006

成績



通算打撃成績


通算:23 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB22 2267 9048 7890 1076 2101 363 13 404 1348 22 26 53 1030 47 1691 257 .266 .352
MLB:1年 17 41 39 1 5 2 0 0 3 0 0 0 2 0 7 3 .128 .171

タイトル・表彰・その他



次へ»
最終更新日: 20/03/25 19:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ