ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中田英寿


ヨミ: ナカタヒデトシ
掲示板をミル!
66カキコ!

中田英寿Hidetoshi Nakata, 1977年1月22日 - )とは、日本の元サッカー選手である。現在旅人兼実業。現役時代のポジションMF。元サッカー日本代表称は「ヒデ」、「ナカータ」、中田氏


概要


山梨県甲府市出身。175cm72kg。ポジションMF。攻撃的MFトップ下)が本来のポジションだが、キャリアの終盤はボランチとしてプレーすることが多かった。

三浦知良に続いて日本人2人として、当時世界最高峰のリーグだったイタリアセリエAプレー。広い視野と速く的確なパス、強なフィジカルによって際的な評価を確固たるものとし、イタリアで純に実を認められた初めての日本人ジョカトーレである。2000年には、ASローマの一員としてスクデット獲得に貢献。近年では増加した日本人欧州移籍のを開いたパイオニアとも言われている。

FIFA催の全てのカテゴリー際大会並びにオリンピックゴールを決めたことがある一の日本人選手でもある。FIFAワールドカップには3度出場しており、いずれも日本代表の中心選手として活躍。アジア最優秀選手賞に2度選ばれたこともある。

2006年ドイツW杯を最後に29歳で現役を引退。以降は、旅人となりながら実業としても活躍している。


経歴



プロ入り前


小学3年生のときに、サッカーを始め、北新サッカースポーツ少年団に入団する。当時連載されていた漫画キャプテン翼」がサッカーを始めたきっかけとっており、小学生の頃に漫画プレーのほとんどを試したらしい。中学校甲府市立北中学校に進み、この頃U-15日本代表に選ばれるなど、すでにサッカー関係者からは注される選手となっていた。

高校山梨県の強校である高校に進学。中学時代から全的に有名な選手だったため、県外の高校からもスカウトを受けていたが、県内有数の進学校として知られる崎にあえて一般試験で合格。在学中の成績も学年でトップクラスであり、文武両を実践していた高校時代だった。

サッカー部では1年生の頃からレギュラーを掴んでおり、この頃から上級生相手にも物おじしないスタイルを見せていた。全高校サッカー選手権には2年生のときに出場。全大会の実績は立ったものはないが、アンダー代表での活躍もあって超高校級MFとしての評価を受けており、高校3年生のときには当時のJリーグ12チーム中11チームからのオファーを受け、神奈川県の3チーム練習にも参加している。


ベルマーレ平塚時代


1995年Jリーグベルマーレ平塚に入団。入団の決め手となったのは、自分を即戦として必要としてくれたこと、そして将来の海外移籍を視野に入れた留学を認めてくれたことだった。

1995年3月25日Jリーグ1stステージ第3節ジェフ市原戦において途中出場でプロデビューを果たす。デビュー戦で試合の流れを変える働きを見せたことが評価され、以降出場機会を増やし、5月2日の第12節鹿島アントラーズ戦でJリーグゴールを決める。プロ1年は怪で離脱した時期があったものの、チームとして定着するようになり、26試合8得点という前評判通りのルーキーイヤーとなった。12月27日には、アジアカップウィナーズカップ決勝のアルタラバ戦に出場し、後半36分に決勝ゴールを決め、自身にとってのプロタイトルを自らの手で引き寄せている。

1996年1月には、入団時の約束通りイタリアセリエAの名門ユヴェントス練習に参加する短期留学を実現させる。このときの経験により、視野を世界に向けて海外移籍を実現させることを標に置くこととなる。1997年は、シーズン後半はフランスW杯アジア最終予選出場のためチームを離れることになるが、1stステージでは優勝争いを演じたチームの中心選手として活躍。この年のJリーグベストイレブンに選ばれる。1998年6月フランスW杯出場後、かねてからの標だった海外移籍を実現させる。


ペルージャ時代


1998年7月22日イタリアセリエAペルージャへの移籍が発表される。背番号は「7」。フランスW杯での活躍が名物オーナーとして知られるルチアーノ・ガウチ会長に留まっての移籍実現となった。高校生の頃から将来の海外移籍を見越して学を学んでおり、入団会見ではすでに流暢なイタリア語を披露。そのため、チームメイトとのコミュニケーションにも困らず、チームに溶け込むのもかった。

9月13日セリエAでも当時最強と言われたユヴェントスとの開幕戦にスタメンとして出場。3点のビハインドを背負った後半7分にセリエAゴールを決めると、14分にもゴールを決める。試合には3-4で敗れたが、セリエAデビュー戦でユヴェントス相手の2ゴールというセンセーショナルなデビューを飾った21歳の日本人選手の名前一気にイタリア中に知れ渡ることとなる。その後は、チームの不動のエースとして存在感を増すようになり、1年にして33試合出場10得点4アシストという記録を残し、シーズン前は厳しいと見られていたペルージャのセリエA残留の立役者となる。

1年の大活躍で数々のクラブから獲得オファーが殺到したが、2年となる1999-00シーズンペルージャでスタートすることになる。この年、2年連続となるアジア年間最優秀選手賞も受賞。そして1月の移籍マーケットで次のステップへと進むことになる。


ローマ時代


2000年1月13日セリエAの強クラブであるASローマへの移籍が決定。背番号は「8」。当時ローマ監督だった名将ファビオ・カペッロが自ら獲得のために中田と会談するほど強く希望したことで実現することになった。しかし、トップ下の位置には絶対的なエースであるフランチェスコ・トッティが君臨していたため、ボランチでの起用となった。だが、慣れないポジションペルージャ時代ほどの活躍を見せることができず、徐々にスタメンを外れることが増え、トッティの控えという立場に落ち着いた。

2000-01シーズンローマが大補強をおこない、ガブリエル・バティストゥータマルコス・アスンソンといった実者が加入したことで当時の外国人の関係からベンチを温めることが多くなる。さらに、チームは大補強が実って首位を走り、チームに入り込む隙はないように思われた。それでも、第27節ウディネーゼ戦でトッティの出場停止によりスタメンのチャンスが巡ってくると、この試合でゴールを決めるなど、腐らずにアピールを続けていた。すると、これまで出場の妨げとなっていたEU籍選手の出場制限規定が2001年5月4日に撤される。スクデットを争っていた5月6日の第29節2位ユヴェントスとの天王山に、2点リードされた後半15分トッティとの交代で出場すると、後半34分に快なミドルシュート叩き込み、反撃の狼煙をあげる。さらに後半ロスタイムに放ったミドルシュートのこぼれ球をヴィンチェンツォ・モンテッラが押し込み、同点に追いつく。この試合を引き分けに持ち込んだことがローマの18年ぶりのスクデット獲得の決め手となる。日本人選手が初めてスクデットを経験した歴史的な快挙となった。


パルマ時代


2001年7月6日出場機会をめ、セリエAACパルマへの移籍。移籍は約33億円と当時アジア人最高額にまでのぼり、背番号は「10」を与えられるなど、大きな期待を背負っての入団となった。しかし、2001-02シーズンパルマは大きく低迷してしまい、自身も期待通りのプレーを見せられず、批判されるようになっていた。二度の監督交代という混乱に陥る中、自身もプレー機会を与えられない時期を過ごし、まさかの残留争いに巻き込まれかけるほど苦戦をしたが、終盤にレギュラーに返り咲き、10位でシーズンを終える。一方、コッパ・イタリアでは決勝まで進出。ユヴェントスとの第1戦では1ゴールを決め、結果的にこのアウェイゴール優勝に結びつき、イタリアでの2つタイトルを獲得する。

2002-03シーズンは、アドリアーノ、アドリアンムトゥと共に「三本の」と称されたトリオを形成する。だが、この年就任したチェーザレ・プランデッリ監督から与えられた役割は、右サイドで守備に奔走する本来のプレースタイルと異なる役割であった。自らの仕事を忠実にこなし、1年間としてプレーし続けることはできたが、アドリアーノとムトゥが好き勝手にプレーするツケを払わされるような格好となり、不満を募らせるシーズンとなった。

2003-04シーズンも守備的な役割を要するプランデッリ監督との確執が悪化するようになり、とうとう試合に出るよりもベンチに座っている時間のほうが長くなってしまう。次第に、パルマでの日々に見切りをつけ、自分を必要とするチームを探すようになる。


ボローニャ時代


2004年1月3日ペルージャ時代の恩師でもあるカルロマッツォーネ監督が率いるボローニャFCに半年間のレンタル移籍で加入。背番号は「16」。中田の実を高く評価するマッツォーネ監督からIHとして起用されると、を得たのように本来のプレーを取り戻し、ペルージャ時代を思わせるような高いパフォーマンスを発揮。加入してからの半年間で全試合フル出場を果たし、チームセリエA残留に導く。シーズン後、チームも本人もボローニャへの全移籍を望むが、銭面でパルマとの折り合いがつかず断念することに。


フィオレンティーナ時代


2004年7月18日チーム破産から復活してきたACフィオレンティーナへの移籍が発表される。背番号は「10」。しかし、ボローニャ時代に代表戦も含めての過密日程をこなしていたによってサッカー選手職業病といえるグロインイン症候群を発症。その治療のためシーズン前の合宿に参加できず、コンディションも整っていなかったため低調なプレーを披露し、現地ファンに酷評される。結果、出場機会が減ってしまい、居場所を失ってしまう。さらに次のシーズンからパルマ時代に確執のあったプランデッリ監督が就任することが決まり、またも新地を探すことになる。


ボルトン時代


2005年8月、7年間過ごしたイタリアの地を離れ、イングランドプレミアリーグボルトン・ワンダラーズレンタル移籍を果たす。背番号は「16」。加入当初はレギュラーとして起用され、10月29日ウェスト・ブロムウィッチアルオン戦でフリーキックから直接ゴールを決め、プレミアリーグゴールを記録。しかし、代表戦への合流を続けていたことがサム・アラダイス監督の不信感を募らせ、徐々に出場機会が減少。加えて中盤を省略してロングボールを多用するアラダイス監督の戦術にプレースタイルが合致していなかった。終盤の5試合は連続してスタメンで起用されるが、初のプレミアリーグ挑戦は不完全燃焼に終わる。そして、これが中田の現役生活最後のクラブとなるのであった。


日本代表


最初に代表チームに呼ばれたのは、1991年中学生時代のU-15日本代表。2年後に日本で開催されることが決まっていた世界大会に向けての中心選手と見込まれていた。1993年8月日本で開催されたU-17世界選手権に出場するU-17日本代表に選出される。ガーナイタリアメキシコといった強豪国と同居したグループリーグ2位で突破すると、準々決勝でナイジェリアと対戦。この試合でゴールを決めるものの、圧倒的な身体を持つナイジェリアの前に敗。このときのヌワンコ・カヌを擁したナイジェリアの強さから中田世界を見据えたサッカー生活に取り組むようになる。

1994年9月インドネシアで開催されたAFCユース選手権に出場するU-19日本代表に、当時高校3年生にして飛び級で選出される。松田直樹と共に下の世代の選手ながらチームの中心としてプレーすると、グループリーグ第3戦のクウェート戦、準決勝のイラク戦でMOMに選出され、日本21年ぶりの準優勝ワールドユース出場権獲得に貢献。自アジア予選を突破しての出場は初となった。


次へ»
最終更新日: 20/07/11 22:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ