ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中西太


ヨミ: ナカニシフトシ
掲示板をミル!
8カキコ!

中西太(1933年4月11日~)とは、怪童の異名を持つ、西鉄ライオンズに所属していた元プロ野球選手である。

全盛期は短かったが、現在戦後最強打者の一人として名を推す人も多く、コーチとしても様々な球団で多くの打者を育てた名選手・名コーチである。


選手時代


OB
中西太
基本情報
日本
出身地 香川県高松市
生年 1933年4月11日
身長
体重
173cm
93kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 三塁手
プロ入り 1952年
引退 1969年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

中西の名は高校時代にはすでにプロスカウトの間にも知られており、甲子園では一人ランニングホームランを放ったり、高校生とは思えぬ勢いのある打球をかっ飛ばし「高校生の中に一人プロがいる」「怪童」、との評価を受け、各球団が獲得を論見しい争奪戦が行われた結果、中西西鉄ライオンズ監督であった三原脩に口説き落とされ、52年に西鉄に入団する。

入団一年高卒選手であった中西に、三原はいきなり「5番・三塁」のポジションを与えるなど中西に大きな期待をかけており、その期待に中西も答え、一年から111試合に出場し打率.281、12本塁打65打点という成績を残し新人王を獲得した。

二年53年はさらに磨きがかかり、打率.314、36本塁打86打点とすべての数字を上げ、高卒2年にもかかわらず本塁打王打点王を獲得、首位打者は惜しくも南海岡本三美に譲ったため三冠王は逃したが、この年は走りでも36盗塁を記録していたため史上3人トリプルスリーを達成した。
ちなみにこの年放った36本塁打は同じくパ・リーグの球団だった大映及び近鉄の総本塁打数(大映は30本、近鉄31本)をえており「一人で1チームの総本塁打数を上回る」、というとんでもない記録まで作っており、中西がいかに当時の球界で突出していたかを示している。

54年は前年より打率を落とすが、持ち前の長打31本塁打を放ちチームを引っる活躍を見せ、途中南海ホークスの猛追を受けるがこれをかわし、西鉄は悲願の初優勝を達成、中西は2年連続となる本塁打王く。
しかし日本シリーズでは杉下茂を擁する中日ドラゴンズに惜しくも敗れた。

55年は前年に落とした打率を大きく引き戻し、打率.33235本塁打98打点リーグ内で圧倒的な成績で首位打者本塁打王を獲得するが、打点王はわずか1点差で山内一弘に渡してしまい、またもや三冠王を逃す
西鉄自体も南海の機動野球に敗れ、90勝を挙げながら2位となった。

56年、この年西鉄にはある投手が入団した、のちに「腕」の異名で知られることになる稲尾和久である。
当初は打撃投手として入団した稲尾と練習で対戦していた中西だが、徐々に稲尾のボールが飛ばなくなっていったことに気づいた中西監督三原に稲尾を実戦で使うべきと進言し、中西が見込んだ通り稲尾はこの年いきなり21勝を挙げる活躍で新人王を獲得する。
この稲尾の活躍に負けじと中西は奮起し、打率.325、29本塁打95打点の成績を残し本塁打王打点王を獲得、首位打者は同じく西鉄豊田と争っていたが、最終試合で両者欠場となり豊田首位打者が確定、またしても中西三冠王(ry、そしてチームは前年優勝した南海を追い抜き見事優勝、中西MVPに選ばれた。
日本シリーズでは巨人相手に2本の本塁打を放つなどの活躍で見事西鉄は4勝2敗で日本一を達成した。

57年も前年同様稲尾和久35勝を挙げる投で投手を引っれば、中西豊田大下弘らともに打線を引っ打率.317、24本塁打100打点と勝負強いバッティングを見せ、ライバル南海を圧倒し再び優勝、日本シリーズでも巨人を4勝1分けと圧倒し日本一となる。

58年は南海ホークスに入団した杉浦忠が稲尾に食らいつくほどのピッチングを見せて西鉄を追いかけるが、中西天王山となる南海との直接対決で連投で疲れがたまっている杉浦から3ランホームランを放ち粉砕、見事に西鉄の3連覇を決めた。
中西打率.31423本塁打84打点と前年より全体的に数字を落としたものの首位打者本塁打王を獲得、打点王はというと毎日オリオンズ葛城雄に1打点差で持っていかれ、結局三冠王(ry
日本シリーズでは稲尾が「神様様・稲尾様」と言われるほどの大車輪の活躍を見せたため影に隠れがちであるが中西3本塁打8打点と文句なしの活躍を見せている。

59年、この年から中西にとっての苦難が始まる。
例年通り強い打棒でチームを引っっていくと思われた中西だが、近鉄との試合中に相手選手に利き手をスパイクされて負傷、この年はわずか59試合の出場に終わり、翌60年には快なスイングの代償か腱炎を負ってしまい,以前のような強いバッティングが見られなくなる。


兼任監督時代


そんな中62年には29歳で兼任監督の役を負うこととなりますます試合に出ることが少なくなっていくが、同じく選手兼任助監督に就任しの痛みなどをおして試合に出場していた豊田がこれに不満を持ち、然と中西批判したため二人の間に溝が生まれ、3位に終わったシーズンオフ豊田国鉄放出し、これで得た資で「三銃士」と呼ばれることになる外国人助っ人三人(ロイバーマ、ウィルソン)を獲得。
63年はその三銃士が日替わりの活躍を見せ、投手稲尾和久田中勉らが奮闘、中西自身も11本塁打を放ち、首位を走っていた南海ホークスを最後の最後で追い抜き優勝、しかし最後の一つも負けられない4連戦で肩の違和感を訴えていた稲尾に理をさせたため、結果的に稲尾の投手生命をほぼ奪ってしまい、日本シリーズでは第七戦まで食らいつくものの最後は全にを失った稲尾が打ち砕かれるなど18-4で惨敗し、日本一は逃した。

64年には、前年の投の代償でまともに投げられなくなった稲尾を欠き、チームは一気に5位に転落。
しかし65年は新たに入団してきた池永正明20勝で新人王を獲得する活躍を見せた他、稲尾も全盛期ほどではないにしろ復活し3位でAクラスに返り咲き、66年は稲尾が最優秀防御率を、67年は池永が最多勝を取る活躍で両年共2位となり、西鉄も復活するかと思われたが、68年・69年は再び5位に低迷。
そしてトドメをさすかのように69年には西鉄の選手を発端とする「黒い霧事件」が発生、これにより中西監督を引責辞任することになった。


現役引退後


71年から73年は義理のにあたる三原脩が監督を務めるヤクルトコーチに就任し、のちにヤクルト優勝の原動となる若松勉を発掘し、自らマンツーマンで導と行い球界を代表する安打製造機に鍛え上げ、近鉄では岡本三美監督や現役時代の盟友である仰木彬監督コーチとして支え、中日2軍でくすぶっていたラルフ・ブライアントルーキーイヤーの石井浩郎導して強打者に育て上げた。

74年・75年では日本ハム監督を務めるがいずれも最下位、阪神では80年に監督だったドン・ブレイザーがシーズン途中で辞任したため後を受けたが5位、翌年は掛布雅之藤田平の活躍で3位に滑り込んだ。(ちなみにこの年は江本紀が「ベンチがアホやから野球が出来ん」の発言でシーズン途中で任意引退した年でもある。)

現在特定の球団には属していないが、個人的に中西コーチをしてもらおうとする選手も数多くおり、シーズン中でも導に向かったり、キャンプで臨時コーチを務めることもある。


人物・プレースタイル


江夏豊には権藤博と共に名コーチの代表として名を挙げられており、中西導した選手は有名どころでも若松勉掛布雅之ラルフ・ブライアント岩村明憲などがいる。
コーチとしての心得は相手の長所を伸ばし、絶対に選手を委縮させないようにし、選手の信頼を得るためにチームで一番下手な選手と仲良くする(一番下手な選手がうまくなれば他の選手も自然とこちらの話を聴くようになる。)とのこと。
また打撃だけではなく守備が得意な選手なら守備を伸ばして自信をつけさせたり、バントなどの小技を磨かせてチームに貢献させるなど、とにかく選手の長所を生かす導方針をとっている。

現役試合は恵まれた体を生かした圧倒的なパワー快なバッティングで長打を量産し、前述のように二冠王を4度も獲得し、故障がければ打率以外の数字は二倍になっていたと言われている。


年度別成績



次へ»
最終更新日: 15/11/02 17:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ