ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


主人公(ドラゴンクエストVIII)


ヨミ: シュジンコウ
掲示板をミル!
76カキコ!

主人公(ドラゴンクエストVIII)とは、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の主人公のことである。

公式画像のスクリーンショットモンスターバトルロードでは「エイト」という名前が使われているため、「エイト」と呼ばれることも多い。


概要


キャラクターデザイン

ドラクエ8主人公

歴代のドラクエシリーズ主人公らと同様、プレイヤー分身として操作するキャラクターで、台詞は一切い。
いバンダナトレードマーク
キャラクターデザインを担当した鳥山明く、

立ちすぎちゃダメ、健全じゃなきゃダメ、個性が強くてもダメ…って、主人公がいちばん難しい!しかもいいヤツ描くの苦手(笑)でいい人っぽくしてるんだけど、あとは設定的に品の良さを出す必要があったんで、そこも意識しました。」

とのこと。
上着のポケットに居るは、最初は主人公の優しさを表現するために鳥山明がなんとなく描いただけの小動物だったらしいが、堀井雄二がいたく気に入り、個別の名前や重要な設定が作られた。

ゲーム中での設定

年齢は18歳
10年前に、それまでの記憶が一切中トロデーンにやって来て、小間使いとして住み込みで働くようになった。
に来た当初は想な子供だったらしいが、で暮らすうちに明るく温厚な青年へと成長し、近衛兵に任命され日々を過ごしていた。
ミーティアとは幼少期から仲が良かったらしい。
トロデーン城ドルマゲスによる茨の呪いで滅んだ際、ただ一人呪いの影を全く受けずに事だった。
魔物に姿を変えられたトロデ王となってしまったミーティアらと共に、道化師ドルマゲスを追うに出る。

設定上、呪いに対して全な耐性を持つため、敵の呪い攻撃を100%効化したり、呪いアイテムを装備しても呪われず、教会の世話になることなく装備品を自由に取り外しできる(呪い装備品によるステータス補正はそのまま適用される)。
その他いばらドラゴンの「からみつくいばら」の攻撃を100%避けられる。デイン系やメダパニラリホーにも若干の耐性を持つ。

装備可武器剣、ブーメラン。固有スキルは「ゆうき」。

あると兜を一緒に装備すると、グラフィックががらりと変わる。

出生の秘密

以下、ゲームクリア後のネタバレになるため反転

主人公の両親は、20年前に姿を消したサザンビークの第一王子エルトリオと、竜神族の長老グルーノの一人ウィニアゲームクリア後に攻略となる竜神族の里のイベント明らかにされる。

好奇心旺盛な竜神族のウィニアは、ある時里を飛び出して人間界へと向かってしまう。そしてエルトリオと出会い、2人はに落ちる。長老グルーノはウィニアを里に連れ戻すが、すでにウィニアエルトリオとの子供を身ごもっていた。ヤることがい。
その後エルトリオはウィニアにもう一度会うため、竜神族の里をして単身で異世界への洞窟を進むが、里まであと少しのところで尽き、亡くなってしまう。それを知ったウィニアは嘆き哀しみ、主人公を産んだ後、衰弱によって身体を弱らせ、息を引き取ってしまう。
どこかドラクエIV天空人のきこりの男の悲劇を彷彿とさせる内容である。

残された二人の子供である主人公の処遇は、「竜神族の里の記憶の一切を封じ込み、人間界へ追放する」というものだった。
ゲーム主人公に(一つ例外を除き)一切の呪いが効かないのは、既に強な「記憶封じの呪い」が掛かっているためである。

ウィニアである長老グルーノは、2人の仲を引き裂き、その子供である主人公に背負わせてしまった不幸に強い責任を感じ、追放された主人公の後を追う許しを竜神王に得た。一切の言葉を交わすことなく、姿もに変えるならば許すという厳しい条件だったが、グルーノは迷うことなくのトーポとして、主人公を見守っていくことを決意したのだった。

サザンビークのチャゴス王子とは、血縁上いとこの関係にあたるが、ゼシカには「何だかイヤなことに気づいちゃったわねえ……。」と同情される。まったくだ。
この一連のイベントの後に入手出来る、両親の形見の「アルゴンリング」によって、エンディングの内容が変化する。

余談だが、北米版Dragon QuesVIII: Journey of the Cursed King』では、主人公レベル65になると、「ドラゴンソウル」という特技を覚える。この特技は、後にモンスターバトルロード勇者エイトのとどめの一撃の技として逆輸入の形で採用された。また3DS版でもレベル70で習得可


竜神の勇者が 『大乱闘』に あらわれた!


2019年6月12に配信された「ニンテンドーダイレクト E3 2019」にて、Nintendo Switchソフト大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」に勇者」名義でドラゴンクエストⅪ主人公が参戦することが発表、それに伴いカラーバリエーションとしてドラゴンクエストⅧ主人公の参戦が決定した。

厳密には勇者ではないが、「勇者」として参戦している。使用する武器は「龍神王のつるぎ」と「龍神」。また、ファイターモデルや参戦PVでは、ポケットに住むのトーポも登場している。カラーバリエーションは『』の引き換え券テリーカラー

声優梶裕貴に決定。スマブラドラクエに出演するのがっていた彼は、「一度にった」と喜びを露わにしていた。また、本人は「ゼルダ無双」のリンクを演じていた。(※ゼシカ:竹達彩奈

』『』『Ⅹ』の主人公も、最後の切りふだで登場している。

参戦経緯としては、初めて『DRAGON QUEST』のタイトル海外販売され(それまでは商標の都合で『DRAGON WARRIORS』だった)、かつ最も海外で売れたタイトルということが関係している。「『主人公のモーションを流用できる『〜Ⅹ』の主人公も「職業:勇者」でないため)」という条件の中から消去法で選ばれたと考えられる(『主人公は頭身が他と違い過ぎてモーションを流用できないため落選、『主人公天使であり羽根モデルが邪魔になるため、『Ⅹ』主人公勇者が作中で別に存在するので単なる一般人でしかないため、また両者はキャラメイクが可なので、ある一つの外観を持たないため落選、そのため最も既存の勇者に近い『主人公が選ばれたとされる)。

などの詳細は「主人公(ドラゴンクエストⅪ)」を参照。


関連動画



■sm11405537[ニコ動]

■sm1840415[ニコ動]


関連商品


■azB000BD50A6


関連項目



最終更新日: 19/08/08 11:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ