ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


主君押込


ヨミ: シュクンオシコメ

主君押込とは、鎌倉時代以降、に武社会で見られた「クーデター」の類である。


概要


君があまりにも横暴であるとか、臣団の意向を視するとか、そういう行動を取る君臣団の話し合いの末に、座敷のようなところに監禁されて臣団と問答を繰り返す。

その後、君心して反省の色が見られたと判断されれば、臣への報復を行わないなどの誓約書を書いて解放されるものの、反省の様子がないとか、どうみても助かりたいだけでをついています、本当にありがとうございました。とか、解放された後も暴君だよねーという場合は、臣団が幕府とかに「今回、君が隠居します」と勝手に届け出てクーデター完成する。

これが下克上の類の一種だとされるが、閥争いとかにも使われたので、非常手段であるとはいえ、あまりよろしいものではない。

なお、近代までの日本は「出来の良くないドラ息子」は即勘当されて、有能な遠縁や養子が重要な地位に就いていたからこそ、可だった制度ともいえる。

また、この「暗黙の最終手段」があるために、大名が絶対的な専制君ではなかったという説もある。


大正天皇押込説


ところで、皇室にもこの「主君押込」があったとされるのが「大正天皇押込説」である。

明治天皇とは異なり、庶民にも気さくにを掛け、子煩悩であったという大正天皇を疎ましく思った武出身の明治政府高官による謀議によって、「大正君押し込め」があったとされる。

類義に「(はいてい)」「嫡(はいちゃく)」や「みかどかたぶけ=謀反」がある。

なお、現在皇室典範には嫡規定はいが、「精若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により」皇位継承の順序の変更が可となっている。


関連商品


■az406159785X
■az4404019378


関連項目



最終更新日: 16/07/16 16:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ