ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


久保利明


ヨミ: クボトシアキ
掲示板をミル!
56カキコ!

もしかして久保利光


久保利明とは、将棋棋士である。棋士番号は207兵庫県出身。淡路仁茂九段門下。関西を代表する強棋士の一人で、2018年3月現在はA級。

通算獲得タイトル7期棋王3期、王将4期)。また、タイトル挑戦は13回にも及ぶが、まだ名人戦挑戦は果たしていない。また、一般棋戦優勝は6回。


概要


先手石田流と中飛、後手ゴキゲン中飛戦法とする現代振り飛車党のトップであり、「捌きのアーティスト」の異名を取る。石田流をはじめとした三間飛における定跡の開発・研究がよく知られるところである。

1975年生まれ。1986年に行われた小学生将棋名人戦ではベスト4という結果を残し、同年に奨励会入会した。
17歳で四段昇進(プロ入り)すると、その翌年度には勝率が全棋士の中で1位という快挙を成し遂げる。

しばらくタイトルと縁がい時期が続くが、2000年度にタイトル初挑戦。その時の相手は羽生善治で、1-3で敗北
その後7年間で3度のタイトル挑戦を果たすも、そのすべてで再び羽生が相手となり、すべて敗北を喫した。
「もう飛を振る場所がない」と嘆くこともあったと言われている。

2008年度に佐藤康光を破って念願の初タイトル棋王を獲得すると、翌2009年度には羽生を破り王将も獲得する事になる。関西所属棋士で二冠を達成した事があるのは久保以外では、谷川浩司南芳一などごくわずかである。

2012年3月A級順位戦陥落、棋王失冠、王将失冠という悲しすぎる1ヶとなった。なおこのとき、A級順位戦史上初めてとなる「二冠を持ちながらA級陥落」という不名誉な記録も作ってしまった。だが、その後のJT杯は二連覇を果たし、立ち直りのきっかけとなり、2012年度の順位戦ではB級1組を10勝2敗の成績で2位となり、A級に復帰となった。その後も陥落と復帰を繰り返し、王将タイトルも復位するなど、七転び八起きの棋士人生を歩んでいる。


棋風


先手では石田流、後手ではゴキゲン中飛を多用する振飛車党。軽い捌きを特徴としており、本人のイケメンも相まって振飛車党のファン多数である。振飛車の左を働かせることに気を使っている。

師匠淡路不倒流を受け継いでいるようで、悪くなってもなかなか土俵を割らないり強さを持つ。

一方で、棋戦に遅刻したり、時間にルーズだったりと、やらかすところまで師匠譲りである。


関連動画



■sm7769204[ニコ動]

■sm6637153[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/03/21 02:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ