ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


二次元コンプレックス


ヨミ: ニジゲンコンプレックス
掲示板をミル!
245カキコ!

二次元コンプレックスとは、アニメ漫画ライトノベル等、ゲームなどの、想のキャラクターにしか好意を示すことのできない症状のことである。(人間現実の異性にをするのは、「自然法則」に従ってのことだと言える。その前提の上で、二次元キャラクター現実人間の容姿とはかけ離れているのはにも明らかである。その上で、彼女達に“しか”恋愛感情を抱けない、ということは、人類の遺伝情報矛盾する、少なくとも「一般的ではない」という意味で、「症状」という言葉を用いた。)
本記事ではに、仮性ではなく真性の二次元コンプレックスについて解説する。


概要


現実の異性に対して人として接することはできるが恋愛としては見れない。
というか人に対して関心がない。

美的感受性の発達段階である幼少期に、アニメコミックゲーム等の二次元コンテンツに傾倒してしまい、美醜に対する価値基準が、一般大衆の均的価値観から著しく乖離。
その結果、想の異性を恋愛及び性芸術的宗教的崇拝の対として見做すと共に、現実世界人間の外見に嫌悪感を抱くようになった、という説がある。
三次元に否定的な要素がありすぎるからという理由もあると思われる。

二次元コンプレックスにとって二次元二次元であり、三次元とは全に違う何かを感じている。
二次元に描かれたキャラクターときめき、しぐさや、人格などの想像を膨らませ、自らが作り出した幻想をする。
そんな二次元コンプレックスにとって、二次元実在性や生物性、媒体の成分を議論することは本質ではない。

仮性の方は「二次元しか興味ねぇわ~(笑)」「マジ二次元しか興味ないわ~(笑)(笑)」「リア充爆発しろ」など、意識的な劣等感や恐怖心などから、現実女性に対して不合理な批判をしてしまうことも少なくない。
しかし、「仮性」はあくまで「仮性」に過ぎない。
厳密に定義すれば、彼等に「二次元コンプレックス」という名称を当てはめてしまうこと自体が間違っているとすら言える。(「仮性包茎」が厳密には「包茎」ではないのと同様。)
「二次元コンプレックス」とはあくまで「二次元萌え絵等)の容姿を持つキャラクター」にしか恋愛感情を抱けない症状のことを言うのであって、「現実逃避」「対人恐怖症」などといった、異性との距離感等に関する問題では全くない。
もし距離感等の問題であれば、現実アイドル女優に対しても同様の感情を抱けるはずだからだ。


関連項目



最終更新日: 17/12/30 15:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ