ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


京成3400形


ヨミ: ケイセイサンゼンヨンヒャクガタ
掲示板をミル!
6カキコ!

京成3400形 前面京成3400形とは、京成電鉄が保有する通勤電車である。

[画像を見る]概要

京成スカイライナー初代AE形改造して生まれた経歴を持つ。軽快なデザインとは裏に優な走りを見せる不思議な車両

1990年に最新のVVVFインバーター制御を採用し登場したスカイライナーAE100形によって、初代AE形は順次退役していったが、機器類は劣化が少なく、整備すれば十分使える状態にあった。
一方通勤電車では、翌年にAE100形ベースとした3700形が登場。折しも当時の京成は8連が不足していたものの増備は追いついていなかった
この利関係が合致し、用途がくなったAE形の機器類を転用した通勤3400形が誕生することとなった。

体は普通鋼製で、大まかな寸法やデザインなどは3700形に準ずる。ステンレス体を採用しなかった理由は担当メーカー量や価格などが考えられるが、正確なところは不明。しかし淡いブルーグレー京成色の帯を巻いた体は3700形さながらであり、むしろギラつかない点でこちらのほうが上品かもしれない。

内装も3700形の初期ロットにおおむね準ずるが、先頭には京成で初の車いすスペースを設けた。

[画像を見る]性能

台車モーター制御器(界磁チョッパ)・ブレーキコンプレッサー・電動発電機・クーラーは流用品である。つまりほとんどAE形と変わらない。
強いて良点を挙げるなら、ギヤの変更と行ノッチ段数の増加だろうか。
また京浜急行電鉄への乗り入れに対応する為、先頭AE形時代の制御ではなく制御電動としている。
パンタグラフも当初は流用品だったが、2003年シングルアーム式に交換された。

さて、AE形特急電車であった。加速・減速は滑らかに行い、最大の加速度は低くてもそれがいつまでも持続する。

これを通勤に転用したために、3400形に対する運転士の評判は芳しくない。通勤において重要な低速域でのトルクは弱く、さらに普通鋼製のボディも枷となっている。同様にブレーキにおいても回生ブレーキがあまりにく(45km/h)失効し、空気ブレーキだけでの日に停するのは運転士にとって恐ガクブルだったという。

しかし乗客からしてみれば、前後衝動が少ない3400形の乗り心地は快適である。お古の性だからと言って初代スカイライナー馬鹿にできない。

[画像を見る]編成表

8両編成。

賀 →
編成番号 M2c M1 T M2 M1' T T1 M2c 製造年 機器供出元編成
3408 3401 3402 3403 3404 3405 3406 3407 3408 1993年 AE10編成
3418 3411 3412 3413 3414 3415 3416 3417 3418 1993年 AE20編成
3428 3421 3422 3423 3424 3425 3426 3427 3428 1994年 AE50編成
3438 3431 3432 3433 3434 3435 3436 3437 3438 1995年 AE60編成
3448 3441 3442 3443 3444 3445 3446 3447 3448 1995年 AE70編成

[画像を見る]運用

タネの初代AE形と同数の8連5本が在籍する。

に優等列車として、本線のほか浅草線京急線への乗り入れを行っている。3700形3000形とは共通で運用される。
但し成田スカイアクセスには非対応の為、同線には乗り入れできない。
その為日中は、本線特急浅草線西馬込駅直通の快速京急エアポート快特京成高砂駅折り返し系統に充当される。

[画像を見る]関連動画


■nm22698191[ニコ動]

■nm5743475[ニコ動]

[画像を見る]関連商品

■azB003WNQUO2
■azB0009NUORW
■azB000BYXZFC

[画像を見る]関連項目


最終更新日: 15/12/20 08:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ