ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


京都扶持衆


ヨミ: キョウトフチシュウ

京都扶持衆とは、室町時代に幕府が対鎌倉方用に組織されたとされる武士の一団である(といわれているが実際ちょっと違う)。


概要


京都扶持衆とされる人々は大概室町時代史をる上で、上杉禅秀の乱定後方の足利持氏

「殺す、内心向かってたやつらを一切合財討ち滅ぼす…」

、といったノリ軍事攻撃を仕掛けた対永享の乱の遠因となった存在、として登場することが多い。

しかし。実際のところそもそもそんな組織が確固としてあったわけでも実際の用でもなく、当時室町幕府ブレーンを務めていた三宝院満済による『満済准后日記』の中に、

「持氏のヤロー、またウチで扶持してるやつを殺しやがったな、ファック

といった感じで記されていたことから、当時室町幕府が扶持していた武士がいたんだな~と記事を集めて研究上総称したものである。

そのため実は結構雑多な存在であり、以下の二つの時期に分かれる。

前期扶持衆
足利義持の代で将軍方が和解する以前という結構前から、なんとなく個別的に幕府が保護していた武士で特に組織とかそんなのではない。
後期扶持衆
足利義教将軍位に着いたあたりから、徐々に対方用に篠御所足利満直の協とともに組織され始めた人々。とは言ったものの雑多で、ぶっちゃけ上杉禅秀の乱以降の流れでこっち側にくみしてしまったのもちらほらと…。

一覧


また出羽の大宝寺氏(庄内屋形)、小野寺氏(雄勝<山北>屋形)、安藤氏(秋田屋形)の三屋形、北州の南部氏葛西氏といった屋形号を認められた人々も関東とはあまり関係ないものの京都扶持衆として幕府ではしっかりカウントされており、前期と後期の使い分けはややこしかったりする。なので京都扶持衆にあんまり鎌倉方がどうこうと考えても仕方がないのかもしれない


関連商品


■az4864031983


関連項目



最終更新日: 17/04/08 20:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ