ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


人類は衰退しました


ヨミ: ジンルイハスイタイシマシタ
掲示板をミル!
3101カキコ!

人類は衰退しました』(じんるいはすいたいしました)とは、田中ロミオによるライトノベル作品である。

ガガガ文庫小学館)より刊行。2007年5月24日に第1巻が発売、最終第9巻は2014年6月13日に発売。

イラストは当初山透が担当していたが、6巻発売後に戸部淑に交代して全巻で新装版が発売されている。
(7巻以降は戸部淑版のみ。)


がいよう


人類は衰退しました
ジャンル スペキュレイティブ・フィクション
小説
著者 田中ロミオ
イラスト 山崎透→戸部淑
出版社 小学館
レーベル ガガガ文庫
刊行期間 2007年5月24日-2014年6月13日
巻数 全9巻+短編1巻
アニメ
監督 岸誠二
スタジオ AIC ASTA
放送期間 2012年7月-9月
話数 全12話

主人公の『わたし』の視点で進む、衰退した人類と新人類である妖精さん
との交流や彼らが巻き起こす騒動を描いた物語である。

ゆったりした文体で話が進むため一見癒し系な印を受けるが、パロディ
オマージュが多数織り込まれていたり、ネタや難解なネタがあったりと非な作品に仕上がっており、設定を読み解いていけば意外なほどハードSF作品となっている。

そのさたるや、あのバッドエンド王国民の虚淵玄をして「これほどストーリーは自分のではない」と言わしめるほど。

一部を除き人名が登場しないのも特徴で、登場人物は見たや役割等で呼ばれている。

刊行ペース較的遅く、現在は1年に1冊のペースで刊行されている。

2011年2月アニメ化企画が発表。
2012年7月から9月までTVアニメが放送された。

あらすじ

小学館ガガガ文庫HP[外部]及びアニメHP[外部]から抜

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は” 妖精さん ”のものだったりします。身長10センチで3頭身、高い知を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。

わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、公務員の” 調停官 ”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだのですが...。

ちょっぴり不思議でほんの少し不条理な、そんな物語のはじまりです。


とうじょうじんぶつ


わたし
CV中原麻衣
本作の主人公でありり手。両親をくに亡くし、少女時代を人類最後の教育機関である"学舎"で過ごした。
卒業後は祖と同じ仕事に就くべく彼の住むクスノキの里に戻るが、そこで妖精さんにまつわる様々な騒動に巻き込まれることになる。
年齢は10代後半から20代前半。ロングヘア長身貌と穏やかな顔立ちを併せ持っており、たおやかな深嬢のような印を受ける(本人談)。少々高すぎる身長と太めのは本人もちょっと気にしている。
極度の人見知りだが、緊急時ならば的達成のために使えるものは底的に使う逞しい一面もある。
学舎時代に本で学んだお菓子作りが趣味で、妖精さんにも大好評。
積極的に妖精さんと接触を行なっていることもあり、妖精さんの間では有名でよくお菓子をねだられるが、彼女彼女妖精さんを利用しているのでWin-Winな関係である。
とはいえ、妖精さんは予測もつかない行動を起こすことが多いため対応に悩まされることも少なくないのだが...。
本人は自分をインドと考えているが、仕事トラブルで体をる羽になることも多い。
詳しくは該当記事参照のこと。
CV石塚運昇 松本梨香少年期
クスノキの里で調停事務所長を勤めている、『わたし』の祖であり一の親。妻とは既に死別している。
人々から尊敬と信頼の眼差しを一身にうける博識な学者であるが、基本的に趣味人であり、狩猟釣りを楽しんでいる。
相当な老齢のはずだが頻繁に野外で狩猟活動を行なっているためか、年不相応に頑健。
董品的な武具や機械を集めるのも好きで、里の倉庫には現在では作ることが出来ない重な品物が多数しまってある。調停事務所にも彼の集めた武器コレクションが一部蔓延している。
幼少時の『わたし』は厳しい彼のことを苦手に思っていたが、現在は概ね良好な関係を築いている。
原作2巻の会話から、名はJoshuaではないかという説がある。
妖精さん
CVあおきさやかささきのぞみ小林由美子明坂聡美金元寿子小桜エツコ新井里美 他)
新人類であり、現在世界を支配している人々だが、見たは10センチ程度のころころした可らしい存在。大勢の旧人類の前では基本的に姿を現さない。
記憶に乏しく舌足らずな喋り方をするため子どもが話しているような印を受けるが、い発言をすることも。
『あにめではわかりませんが』『げんさくではひらがなです』『こんなかんじですな』『ようせいさんですゆえ』
旧人類では足元にも及ばない驚異的な技術と知を持ち、がらくたのような素材から物理法則常識を軽く視している具をごく短時間で作ることが出来る。
生命も非常に高く、過酷な環境にも適応できる。生存に食料は必要ないが、なぜか甘いお菓子が大好物。
ただし、その「具」を駆使してもどういうわけかお菓子だけは作り出すことが出来ず、旧人類にお菓子で釣られる形でその提供したりしなかったりしている。
彼らが大事にしているのは『楽しいこと』であり、興味を引くものを見つけると他の個体も巻き込んで遊びはじめる。
その気になれば巨大な都市や文明などのとてつもないものを作り上げることも可だが、彼らにとっては” 楽しい度 ”が価値基準であるため、々に飽きて投げ出すことも多い。
種族としての弱点は、身の危険を感じたりびっくりしたりするとボールのように丸まって動かなくなってしまうこと、電磁波を浴び続けたり、妖精さんが密集しすぎるとのような症状が起こることなど。
わたし』は事ある度に彼らに山吹色のお菓子提供しているので、非常に仲が良く、彼らが彼女のために協することも少なくない。
詳しくは該当記事参照のこと。
助手さん
CV福山潤
の部下として働くアロハシャツを着た小柄な少年。だがその祖は「わたし」に仕事丸投げすることも多いため、「わたし」の助手のようになっていることも多い。
全く喋らず、肌身離さず持ち歩いているスケッチブック線で意思疎通を行う。
無口なため一見暗い印を抱くかもしれないが、しい具を見てはしゃぐ男の子らしい一面もある。
情操教育を絵本で受けたため、イラストが上手。だが彼が描くイラスト遠近を意識していないものだったり、ブラックユーモアが織り込まれていたりと実に特徴的である。
詳しくは該当記事参照のこと。
Y
CV沢城みゆき
学舎時代『わたし』と知り合った彼女の悪友。
1巻の時点で存在については触れられているが、本格的に活躍するようになるのはある程度話が進んでから。
学舎時代、当初の『わたし』は彼女距離を取り合っていたが、ある事件をきっかけにつるむようになる。
卒業後は国連関連の仕事をするため学舎に残っていたが、しばらく経ってから仕事の関係でクスノキの里に越してきて『わたし』を厄介事に巻き込んでいく。
頭が良く行動なものの、遊び好きで不な点が立ち、やる気ムラがあるのが難点。
秘密の趣味があるらしいが、お察し下さい。

てれびあにめ


2012年7月9月まで放送された。

ニコニコチャンネルでは、TV最速放送のあった週の金曜日から一週間までの最新話と第1話を無料で視聴できた。

キャラクターデザイン原作新装版準拠である。ただし、妖精さんデザインはほとんどアニメオリジナルと言える。
エピソードの放映順は、「視覚的にインパクトのある話を先に持ってくる」という監督の意向によって時系列シャッフルされており、原作のそれと異なっている。

そのため、アニメでは前後する描写(「わたし」のの長さなど)がある。放映順に対する原作の収録巻についてはこちらを、原作に対する放映順についてはこちらを参照。


すたっふ



うた


オープニングテーマリアルワールド
作詞:きみコ / 作曲佐々木/ 編曲・歌:nano.RIPE
本記事掲示板>>1196より (キー+2)
エンディングテーマユメのなかノわたしのユメ
作詞畑亜貴 / 作曲編曲・歌:伊藤真澄

えぴそーどしょうさい



次へ»
最終更新日: 14/12/19 19:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ