ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


今宮健太


ヨミ: イマミヤケンタ
掲示板をミル!
51カキコ!

今宮健太(いまみや けんた、1991年7月15日-)とは、大分県別府市出身のプロ野球選手遊撃手)である。現在福岡ソフトバンクホークスに所属。

概要

プロ入り前

2007年、県内の野球の強校である明豊高校入学し、野球部に所属。1年次から遊撃手としてレギュラー入りし、その年のから投手も兼任。打っては高校通算62本塁打、投げてはMAX154km/hという、打って良し投げて良しというオールラウンダーぶりを発揮。

3年次には夏の甲子園に出場。その際の対戦は

 というその年の有選手と毎試合戦うという組み合わせ。クジ運が良いのか悪いのか。

プロ入り後

福岡ソフトバンクホークス #6
今宮健太
基本情報
日本
出身地 大分県別府市
生年 1991年7月15日
身長
体重
171cm
67kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 遊撃手
プロ入り 2009年ドラフト1位
経歴
際大会
代表チーム 日本
日米野球 2014年
プレミア12 2015年
プロ野球選手テンプレート

2009年ドラフト1位名され、福岡ソフトバンクホークスに入団。背番号は「2」となった。この「2」は明豊の先輩である城島健司が付けていて、将来有望な捕手が誕生したら「2」を贈呈するというものだったが、恐らく城島阪神タイガースに移籍したことにより、明豊の後輩である今宮が付けることになったと思われる。


2010年は1度だけ一軍に登録されるが、一軍の出場は一度もなかった。


2011年4月12日一塁手の守備でプロ初出場。2011年6月6日に訪れたプロ初打席は三振に倒れた。


2012年川崎宗則シアトル・マリナーズに移籍したため、ポスト川崎の正遊撃手補としてキャンプから大きな期待を寄せられ、積極的に起用される。しかし課題のバッティングで結果が出ず、打撃でアピールした明石健志に開幕スタメンを譲ることになった。開幕からしばらくは代走守備要員としての起用が中心だったが、本多雄一が首痛で離脱すると明石を二塁に回して遊撃スタメンで起用。本多の復帰後は再びバックアップに回ったが、8月松田宣浩が離脱するとまた遊撃スタメンとなり、そのまま閉幕、クライマックスシリーズまで遊撃レギュラーの地位を守った。前半戦は全く結果の出なかった打撃も7月以降は高打率を残し、8月にはプロ1号、翌日に2試合連発も記録。最終的に126試合に出場、打率.238、2本塁打14打点21犠打8盗塁マークした。
クライマックスシリーズでは、埼玉西武ライオンズとの1stステージ第1戦で本人く「小学生以来」という先制のスクイズを決める活躍を見せた。


2013年全に明石を蹴落とし、開幕から遊撃レギュラーとして起用される。6月までは低打率にあえぎ下位打線を打っていたが、徐々に調子を上げ、8月以降は本多雄一を押しのけて2番打者に定着。シーズンを通して遊撃レギュラーの地位を守り抜き、シーズン62犠打パ・リーグ新記録マーク143試合に出場、打率.253、5本塁打43打点、10盗塁と打撃面でもまずまずの成績を残し、初のゴールデンラブを受賞した。


2014年は全試合に出場。うち132試合で2番を打ち、NPB史上初となる2年連続60犠打を達成。ソフトバンクの優勝と日本一に貢献した。オフに初のベストナインと、2年連続のゴールデンラブ賞を獲得した。オフには日米野球にも出場した。


2015年パ・リーグワースト2位の打率.228に終わったこともあって2番起用が22試合と大幅に減り、8番がメインとなったため犠打35と大幅に減ったが(それでもリーグ最多)、自己最多の7本塁打を記録。3年連続ゴールデンラブ賞を受賞、オフWBSCプレミア12に出場した。


2016年6月2日中日ドラゴンズ戦で史上38人の通算200犠打を達成。この年は122安打、10本塁打56打点と打撃成績を伸ばした。6月6日に一般女性結婚9月に右肘を痛めたため、オフに手術した。4年連続ゴールデンラブ賞を受賞。


2017年は前年の手術の影WBC日本代表を辞退。開幕には間に合い、ほぼシーズンを通して2番(たまに1番)として起用され、打率.264、14本塁打64打点とさらに打撃成績を伸ばした。また2年ぶりに50犠打以上を記録した。5年連続のゴールデンラブ賞と、3年ぶり2度ベストナインを獲得。


2018年は肘痛、左太もも痛と2回も故障に苦しみ、99試合の出場に留まりレギュラー定着後では初めて規定打席も逃した。そのためゴールデンラブ賞の連続受賞は5年でストップオフ背番号を「6」に変更。いた「2」については甲斐拓也につけてもらいたいと球団に要望した。

プレースタイル・人物

遊撃手の守備は、一軍定着前から川﨑宗則以上という高い評価を受けており、ライバル明石健志の守備難もあってその守備で遊撃レギュラーの地位を確保した。高校時代は投手で最速154km/hを記録した強肩には定評がある

明豊高校時代は通算62本塁打のスラッガーでありながら、低打率で守備バント職人として一軍定着したため、若手時代には打撃で活躍するとファンから「これは明豊今宮」とか言われた。、特に甲子園予選が行われる7月に強いため、場に活躍すると「明豊時代を思い出してる」とか言われることも。

2016年からは2桁本塁打を続けるなど打撃でも結果を出し始めたため、最近は活躍すると「宮」とか「新今宮」と呼ばれることが多い。また、ファインプレーをすると「坊西ィ!」となぜか坊西浩嗣が呼び捨てされる(坊西浩嗣四家秀治の記事を参照)。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ソフトバンク 応援歌のピコカキコ一覧 8792

成績

年度別打撃成績









































2011年 ソフトバンク 18 1 1 3 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 .000 .000
2012年 126 343 307 24 73 8 1 2 14 8 21 2 10 3 75 2 .238 .267
2013年 143 600 491 57 124 23 4 5 43 10 62 3 35 9 94 7 .253 .312
2014年 144 662 551 61 132 26 1 3 42 10 62 4 41 4 104 10 .240 .295
2015年 142 530 457 52 104 18 3 7 45 3 35 4 34 0 83 13 .228 .279
2016年 137 590 497 74 122 22 5 10 56 8 38 5 47 3 86 7 .245 .312
2017年 141 623 526 78 139 27 7 14 64 15 52 3 38 4 93 12 .264 .317
2018年 99 405 354 45 94 18 1 11 45 5 22 2 25 2 60 5 .266 .316
NPB:8年 950 3754 3184 394 788 142 22 52 309 61 292 23 230 25 596 66 .247 .301

年度別守備成績

年度 球団 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2011年 ソフトバンク 一塁手 11 25 0 0 1 1.000
2012年 遊撃手 122 143 257 12 35 .971
2013年 143 263 440 13 115 .982
2014年 144 248 433 15 109 .978
2015年 141 218 382 11 81 .982
2016年 136 216 368 11 102 .982
2017年 140 183 377 7 54 .988
2018年 98 152 226 11 45 .972
通算 一塁手 11 25 0 0 4 1.000
遊撃手 935 1437 2509 84 422 .979

表彰

ベストナイン 2回 2014年2017年
ゴールデンラブ 5回 2013年-2017年

関連動画


■sm16950118[ニコ動]

■sm8048390[ニコ動]
■sm23735583[ニコ動]

関連コミュニティ

■co134174

関連項目


次へ»
最終更新日: 19/07/29 04:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ