ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


仮面ライダー


ヨミ: カメンライダー
掲示板をミル!
1876カキコ!

仮面ライダーとは、日本を代表する特撮ヒーローの一つ。原作者、漫画版執筆は石森章太郎(現・石ノ森章太郎)。
ここではこの第1作について説明する。


概要


TV版は東映毎日放送の共同制作1971年4月3日から1973年2月10日までNET(現・テレビ朝日)系列で全98話放映された、『仮面ライダーシリーズ』の栄の第1作である。同一タイトル作品としては、シリーズで最も長く放送された。
また、劇場版が3作品上映されている。

東映特撮ニコニコおふぃしゃるにて、2014年3月16日から2016年1月24日にかけて公式配信された。
配信時間は毎週日曜日午前10時無料視聴期間は72時間(水曜日午前10時まで)となる。
また2015年6月29日からは、毎週月曜日ニコニコ生放送で五話ずつ無料上映会(※一部はプレミアム会員のみ視聴可も実施されている。


オープニングナレーション


仮面ライダー=本郷猛改造人間である。
彼を改造したショッカーは、世界制覇を企む悪の秘密結社である。
仮面ライダーは人間自由のために、ショッカーと闘うのだ!

第5~13話

仮面ライダー=一文字隼人改造人間である。
彼を改造したショッカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。
仮面ライダーは人間自由のために、ショッカーと闘うのだ!

第15~52

仮面ライダー=本郷猛改造人間である。
彼を改造したショッカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。
仮面ライダーは人間自由のために、ショッカーと闘うのだ!

5398

ナレーターはいずれも中江真司


登場人物



仮面ライダー


仮面ライダー(本郷ライダー
本郷猛変身した、改造人間としての姿。
当初は特定の状況下(サイクロン号での疾走)で、劇場版第1作およびTV53話以降(いわゆる「新1号編」)は変身ポーズを行いジャンプすることで、ベルトの風車圧を受けることにより体内の小原子炉を起動させ、変身了する。変身ポーズを行った時の変身のかけは「ライダー変身劇場版第1作では「変身!」)」。
ショッカー改造手術によりバッタ体に付与されて誕生したが、ショッカーに忠を誓わせる為の改造手術を受ける前に脱出したため、正義の心を持ち続けている。
運動や感覚器官は通常の人間はるか駕しており、特にバッタだけあって脚を生かした高高度のジャンプから繰り出すキックライダーキック)は非常に強
な技を持ち「技の1号」と呼ばれる。劇中で3回、ボディカラーが変わっているが、第52話以前と第53話以降でのカラーの違いは、「ショッカーにわざと捕まり再改造を受けて自脱出した説」と「特訓による強化説」の2つがある。
なお、当初は本郷を演じた藤岡スーツの中にも入って演技をしていた。
ちなみに、この変身後の姿をナレーション以外で最初に「仮面ライダー」と呼称したのはショッカー戦闘員である。
また、第9~13話で納谷六朗、第66~67話で市川治の代役をやったのは有名な話だが、第1話と第3話池水通洋ライダーを担当したことは意外と知られていない?(第3話ではライダーシザースのかけのみ)。
仮面ライダー(一文字ライダー
一文字隼人変身した姿。第13話までの本郷ライダーとは異なり、最初から変身ポーズを取っての変身を行う。初登場の第14話ではポーズの順番を間違っていたのは有名な話。かけは「変身」。
基本的なスペックは本郷ライダーと変わらないが、体側面に走るライン1号は2本(新1号編以降)なのに対して2号は1本のみ。そのラインも旧2号編と新2号初登場時は太かったが、ゲルショッカー編以降は細くなっている。また、グローブ・ブーツの色も当初は緑色だったが新1号編以後はに変わっている。
技を駆使する1号とは対照的に、強な人工筋肉に任せたパワフルな戦いをすることから、「2号」と呼ばれる。
余談だがマスクの色は客演時に何度か変わっており、新1号編から『仮面ライダーX』までは濃薄の違いこそあれ、1号パワーアップ後とほぼ同じ色だったが、『仮面ライダーストロンガー』以降は旧2号時代を思わせるに近い濃緑色に変化、『仮面ライダーBLACK RX』以降は再び1号と同様のカラーに戻っている。登場する時期によって、1号以上にマスクラインにおけるデザインの変化がしいのが2号である。
ちなみに、本編15話と25話では佐々木氏が自らスーツを着て演技しているシーンが存在する。

ライダーの呼称について

本作では基本的に二人とも「ライダー」もしくは「仮面ライダー」と呼ばれているが、第39話終了後の第40次回予告で初めて「ライダー1号」「ライダー2号」という呼称が使われた。
以後、ダブルライダーう回では第40本編ナレーションを皮切りに「仮面ライダー第1号」「仮面ライダー第2号」という呼称がたびたび使われている。なお、第52話では本郷猛自身が「仮面ライダー第1号」と名乗っている。
ちなみに、「ライダー1号2号」を初めて使った登場人物は、第41話に登場した怪人ゴースター。

「(仮面ライダー1号」「(仮面ライダー2号」「(仮面ライダー1号2号」という呼称が多くなったのはゲルショッカー編の第93話以降で、ナレーションや敵からだが、一文字ライダーが自分で「ライダー2号」と言うこともあった。

ライダー同士の呼称に関しては、本郷ライダーから一文字ライダーへは「一文字(もしくは隼人)」、一文字ライダーから本郷ライダーへは「本郷」であり、終盤でもそれは変っていない。ただし、どちらかが変身しておらず、兵衛外の人がいる場合は、変身していない方は変身している方を変身前の名前ではなく「ライダー」と呼んでいる。

仮面ライダーV3』以降のシリーズで「仮面ライダー1号」「仮面ライダー2号」といった呼称は定着するが、ライダー1号ライダー2号を「2号」と呼ぶのは稀で、ライダー2号ライダー1号を「1号」と呼ぶのは皆無だった(はず)。


協力者



次へ»
最終更新日: 19/03/12 17:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ