ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


仮面ライダーアギト


ヨミ: カメンライダーアギト
掲示板をミル!
879カキコ!

 

         ー覚めろ、その魂。ー

 

仮面ライダーアギトとは、2001年1月28日から2002年1月27日まで全51話が放送された『平成仮面ライダーシリーズ』第2弾である。平成ライダーシリーズ中ではトップ均視聴率を維持している。

メインライター井上敏樹(51話中50話担当、28話のみ小林靖子が執筆)、チーフプロデューサー白倉伸一郎を迎え、前作のクウガとともに平成ライダーの基盤を作り上げた。

2015年3月24日~29日にかけて、ニコニコ生放送で全話無料上映会(※一部はプレミアム会員のみ視聴可)が実施された。また、5月5日には全話一挙上映(※一部はプレミアム会員のみ視聴可)が実施された。

あらすじ

沖縄オーパーツが漂着するという出来事をに、人々が不可能犯罪によって変死を遂げていく怪事件が発生。
警視庁氷川誠は、事件を追う内に犯人が未知の怪物「アンノウン」であることを知り、アンノウンを討つ戦士アギト」の存在をの当たりにする。
刑事としてアンノウンアギトを追い、G3システムを装着して戦いに赴く氷川誠、素性を隠し、みんなの居場所を守るためにアギトとして戦う記憶喪失青年津上翔一、後にアギト覚め、不幸のどん底を行く青年葦原涼という三人の青年たちの人生と、あかつき号事件や伸幸殺しといった過去の事件のを軸に物語が展開していく。

本作における仮面ライダーアギトは改造人間でもなければ、古代文明の遺産で変身するわけでもなく、「超能力覚醒してしまった人間」として新たなライダー像を作り上げた。
また、複数ライダーが登場しての対立や共闘の要素も盛り込まれ、以後平成ライダーの定番となる要素の多くを形作ったと言える。

第一話では仮面ライダーは登場しても変身シーンが登場せず、作品全体にミステリアスな雰囲気を漂わせている。

クウガとのつながり

物語の開始前に未確認生命体事件があったという、前作「仮面ライダークウガ」を彷彿させる設定がなされているが、未確認生命体4号が存在した、とはされているものの、それがクウガだったのかについては定かでない。
未確認生命体による大事件があった」「G3システム未確認生命体4号デザインモチーフとしている(ちなみにG3デザインコンセプトは「警察クウガメカ再現した」というものである)」「G3の装備は対未確認用の物(神経断裂弾?)」等の共通する要素と時系列矛盾の両方が存在しており、製作側は続編と取るか否かは視聴者各人の自由である、とするスタンスを取っている。
これは「クウガ」の製作揮を執った高寺Pの反発が理由と思われる。まぁ高Pだし仕方ないね
詳しくはこちら⇒ http://tvarc.toei.co.jp/tv/agito/msg-0205.html[外部]

また、「仮面ライダーディケイド」のアギト世界においてはグロンギ怪人が登場し、クウガ世界と同じ外見の人間が登場するなど、繋がりを持った世界として定義付けられた。
(後述の「『仮面ライダーディケイド』に登場したアギト」も併せて参照されたし。)

仮面ライダーアギト PROJECT G4

平成ライダーシリーズ初の劇場開作品。 ゲストとして仮面ライダー一号を演じた藤岡弘、が出演している。
後の映画でも定番となる後期フォームのお披露量産型怪人の登場などの特別な要素が盛り込まれたのも本作からである。
装着員の命を奪う危険をんでいるため破棄された装備「G4システム」の設計図を盗み出した自衛隊の一部隊と、これまでにない規模で人々を襲うアンノウンの群れ、そしてアギトG3ユニットの面々による三つの様相を呈した争いが繰り広げられる。
死を覚悟してG4を身にと氷の対決が作品の山場となっており、アギト映画であるものの主人公は氷といっても過言ではない。

「仮面ライダーディケイド」に登場したアギト

仮面ライダーディケイド」における「アギト世界」について原点との相違点。

原典 ディケイドアギト世界
津上翔一 主人公の名称 ショウイチ
居候している 主人公職業 仮面ライダーG3の装着員であったが…
仮面ライダーアギト 主人公変身するライダー エクシードギル
小沢澄子 G3ユニット責任 八代淘子

前述通り、「アギト世界」は「仮面ライダークウガ」の続編と思っても良い程、繋がりがある世界
G3ユニットを開発した警察未確認生命体対策班とグロンギとの戦いが繰り広げられており、グロンギ族の他にも新たな脅威としてアンノウンが登場する。
アンノウンアギト覚めた者、超能力の持ち殺する事を使命にしている点は原典と共通であるが、本作ではグロンギ族までも標的となっている。
オリジナルアンノウンとして「バッファローロード タウルス・バリスタ」が登場。
ショウイチは不全なアギト=エクシードギルスに覚醒してしまった為にアンノウンに狙われてしまう。

ちなみにショウイチと言う名前は、原典の津上翔一氷川誠葦原涼文字を一部分ずつ組み合わせたもの。
また、クウガ世界死亡した八代刑事アギト世界ではG3-X責任者を担当している。
同一人物ではあるものの、別世界の存在なのでユウスケとの面識はない。

なお、エクシード化していない通常のギルスやアナザーアギトは登場しない。
その理由は一説によれば、生物的な質感を出すために怪人と同様の素材を利用しラテックス塗料を利用していたため、経年劣化により腐敗を起こし使用不能となったためであるという。
※番組での「水落ち」が多すぎたためという説もファンの間では通俗的なものとなっているが、そもそもアギト原作において水落ちの頻度はそれほど高くない。
恐らく水落ち回数歴代最多を誇る仮面ライダー555からは全てのライダーディケイド本編ゲスト出演している点から考えても、水落ちが未登場に終わった直接的原因である、というのは到底現実性の高い説とは言えないだろう。

また、2009年8月8日開の『仮面ライダーディケイド オールライダーvs大ショッカー』にも仮面ライダーアギトが出演
しかも、変身前が別人というパラレル世界ライダーが大勢を占める中で、仮面ライダーBLACK役の倉田てつをと共に、当時の役柄もそのままに津上翔一/仮面ライダーアギト役として賀集利樹が出演した。

「仮面ライダージオウ」に登場したアギト

事実TV版のその後とも言える世界。(ジオウの設定上「仮面ライダークウガ」とは同一の世界観)

TV最終回レストランアギトを開いていた仮面ライダーアギトこと津上翔一を始めジオウ時代(2019年)ではそのウエイトレスをしていたG3ユニットの全配備にを入れる尾室が客演。

極め付けは前々から議論の的となっていたアギトアナザーライダーデザインがほぼアナザーアギトそのものであり、しかもそれらが大量発生していた。

また、2018年12月22日開された「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」にて本編に先駆けて仮面ライダーアギト役として賀集利樹をあてている。

登場人物/キャスト

仮面ライダー

※詳細は各項にて。

翔一周辺の人物(美杉家など)
誠周辺の人物
涼周辺の人物
その他

関連生放送

■ch2590464

関連商品


次へ»
最終更新日: 19/06/08 22:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ