ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


仮面ライダーバース


ヨミ: カメンライダーバース
掲示板をミル!
143カキコ!

仮面ライダーバースとは、特撮ドラマ仮面ライダーOOO』に登場する仮面ライダーである。


世界を手に入れるためには概要も必要だからな


身長:199.0cm
体重:92.0kg
パンチ:3.5t
キック:8.0t
ジャンプ:ひと飛び45.0m
100mを5.0

真木清人を中心とした鴻上生体研究所が開発した生体強化スーツシステム、及びシステムを装着した仮面ライダー。いわゆる二号ライダーポジションである。G-3等と同様に人工の仮面ライダーで、ベルトの装着者がであっても変身する事ができる。しかし身体的負荷は凄まじく、元警察官でライドベンダー隊の隊長だった後藤ですら当初はまともに扱えなかった。

コアメダル体に戦うオーズに対し、バースセルメダル体。このため属性の優劣が生まれず、対ヤミー戦で活躍する。セルメダル回収の任務も帯びているため、グリードヤミーから落ちたセルメダルを素く回収する装置が備え付けられている。その一方、パワー不足は否めず、対グリード戦ではオーズに劣る。時間稼ぎにする場合が多いが、撃退まで追いやる事も。攻撃や大技にはセルメダルを大量に使用するため、上手くセルメダルを回収できないと赤字になる。ゆえにアンクとはセルメダルを奪い合う格好となり、嫌われている。整備や修理博士が担当していて、バースの出強化も行っていたが、物語中盤で離反。以降、どのようにしてバースが整備されているのかは不明。

劇場版仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』で初登場。本放送では第16話より登場した。少し前の第13話にてドクター木がアタッシュケースから意味ありげにチラつかせていた物体は「バースドライバー」という変身ベルトである。コアメダルエネルギーに変換するオーズとは対照的に、バースセルメダルエネルギーに変換し変身する。

上記の劇場版では、前半はノブナガ、後半は後藤さんこと後藤慎太郎変身者となり、後者後藤さんは仮面ライダーアクセルと共闘を果たした。TVでは当初は伊達明が装着者となったが、紆余曲折をへて後藤さんが引き継いだ。彼ら以外の人間でも、身体が高ければでも装着できる。この点は仮面ライダー555の各種ドライバーキバにおけるイクサシステム鎧武の各種ドライバー&ロックシードと共通するといえる。

戦闘の際には、「バースバスター」なると「バースCLAWs」という特殊装備を使用。近距離・中距離・遠距離はたまた中戦までこなせるという万ライダーと化す。そのボディのモデルは、見たで推測できる限りあの「ガチャガチャガチャポン)」をイメージして作られたようだ。

終末大好きな博士バース自爆装置という男のロマン厄介なものを搭載していたが、マニュアル大好き後藤さんによって解除されていた。…と言うよりもマニュアルに書いていいものなのかそれは


バースの装備


バースドライバー

バース変身ベルトバックル部にはセルメダルからエネルギーを抽出する反応炉・セルリアクターが搭載されており、メダルから得られたエネルギーを用いて、バーススーツバースCLAWsを転送・再構成する機構となっている。バックル左側のメダル挿入口にセルメダルを1枚投入し、バックル右側のハンドルレバーを回転させる事でリアクターを守るカプセルトランサーシールド「カポーン」と開き、変身了する。
変身中にもう一度「カポーン」とすることで、選択したユニットが電子音とともに転送・装備され、2枚同時に投入することで「セルバースト」の電子音とともに、間的に通常出290%ものエネルギー解放する「セルバッシュモード」が起動、ユニットの威を大幅に高め必殺技となる。

バースバスター

セルメダルが持つエネルギーを利用、それを弾丸として射出するバース通常携行のバースの意思に応じて射出速度や威の調整が可。また、バース変身せずとも使用は可である。ただし、バレルが短めであるにも関わらず両手持ち必須である点からもわかるように、強ストッピングパワーから来る反動は凄まじく、常人では発射と同時に体が吹っ飛ぶレベルに達しているため、生身で撃つ場合は相応の体の鍛え方を必要とする。TV版においては計3丁存在し、当初は伊達後藤さんの2人が所持していたが、バース装着者が後藤さんになって以降、現場でのサポートに周る里中携帯するようになった。
それなりにあり、劇場版ではプテラノドンヤミーの足止めに使ったり、第16話ではオーズの攻撃をものともしなかった巨大グリードダメージを与えている。エネルギーが切れた際には、口下部に接続されたメダル収納ポッドセルバレットポッドを取り外し、内部にセルメダルを順次装填する。

バースCLAWs

胸部・背部・両肩・両腕・両腿・両脚の計10ヶ所に装着されるバースの特殊装備。
ボディ各部に配置されたカプセル状のアレ(リセプタクルオーブ)は戦闘支援ユニットシステムバースCLAWs転送し、オーブ内のコネクタに連結することで換装・運用するを持つ。ちなみに”CLAWs”とはCannon、Leg、Arm、WingSystemの各文字から頭文字をとっている。

バースドライバーセルメダルを1枚投入することで物質転送が作動、選択したユニットが応じた箇所のオーブから転送・装備される機構となっており、局面に応じてユニットを換装しながら戦闘を行っていく。

クレーンアーム

右腕に装備するアンカーユニット。射出することで移動や釣り上げ等、様々なワイヤーアクションが可。また、アンカーにはセルメダルを吸引する機があり、ヤミー撃破後のセルメダル回収に用いられる。
MOVIE大戦CORE』ではビル屋上への移動や横転したの除去に使用した。TV版では17話で初登場、もっぱらメダル回収機として活躍しているが、20話でカザリにビル屋上から突き落とされた際に落下を防ぐために使用された。

ドリルアーム

右腕に装備する大ドリルユニットドリルアーム単体では近接戦で使われるが、クレーンアームとの複合によりドリル部分を射出することで間接攻撃も可。命中時はヤミー体内のセルメダル間の結合を解くことで、ダメージを与えつつ先からセルメダルを抉り取る。バースバスターによるセルメダル消耗がしいバースにとって、火力向上と継戦向上を兼ねる装備である。また、先ではなく横っ叩きつけ、相手を殴打する的でも使われる。
17話で初登場。18話ではウヴァに対して炸裂し、グリード相手でも通用することを明した。

キャタピラレッグ

脚部に装備する重機動ユニット無限軌道による高速移動、悪路走破が可になる。また、ユニット自体の重量を活かしたキック攻撃、キャタピラの回転による攻撃も可

ブレストキャノン

胸部に装着する遠距離ユニット。増幅したエネルギー一気に放出する大ビームである。非常に高い威を誇り、出を引き上げればヤミーを一撃で消し飛ばすことすら可。ただし、セルバッシュモードと呼ばれる高出攻撃には相応の枚数のセルメダルを必要とする。また、バース自身を台と化している事から、撃時の反動によって機動性が下がるという欠点がある。
16話では初登場と同時にいきなり巨大グリードに撃ちこみ、オーズの反撃の起点となった。18話ではオーズが敵を足止めしている間に出を引き上げ、クワガタヤミーを一撃で葬りさった。46話ではバースプロトタイプとの至近距離での同時発射を行い、事前木がダメージを与えていたとはいえ全体のガメルを葬る大手柄を挙げた。

ショベルアーム

左腕に装着するピンチユニット。接近戦で効果を発揮し、ショベルのバケットでメダルガッツリ奪ったりクローで挟み上げる。

カッターウィング

背中に装着する飛行ユニット伊達さんは単体で使うことはなかったが、後藤さんは初変身で使用した。
アイツ伊達より酷い…」

CLAWsサソリ

CLAWsを合体させることで誕生するサソリバース支援メカ水上や地中等、活動範囲に縛られず
没に登場する。
しかし、登場には1000枚のセルメダルが必要で、出番が少ないかも知れないとファンから危惧されていた。
(その後も然と出てくる所を見ると、1000枚で呼び出したのは1000回記念のみの語呂合わせの可性もある)

バース・デイ

身長250.0cm
体重:155.0kg

全てのCLAWsを装備してフルアーマー状態になるバース最強形態。
その見た通り器用な戦いはできなくなるが、カッターウィングキャタピラレッグにより敵に追従するのに充分な機動は確保できる。
さらにCLAWsの出が上がり、セルメダルの投入をしなくてもセルバッシュモードの使用が可になる。 


バース・プロトタイプ


身長:199.0cm
体重:92.0kg
パンチ:3.5t(理論値)
キック:8.0t
ジャンプ:ひと飛び45.0m(理論値)
100mを5.0(理論値)

開発時にデータ収集用として作成されていた文字通り「試作品」のもう1体のバース。外見も正規品とほぼ同じだが、ラインが入っている点が異なる。基本性も本物とべて遜色ないが、CLAWsはクレーンアームとブレストキャノンしか使用できないという制限がある点が異なっている。

甚大な被害を受けたバースが使えなくなってしまったため、第45話で代用品として後藤さんに支給された。後に伊達さんが戦線復帰、正規バース修理了したことにより、以後最終回まで後藤さんがバース伊達さんがプロバース変身するWバース体制が取られた。

しかし『MOVIE大戦MEGAMAX』にて仮面ライダーポセイドンとの戦いによりベルトが大破し、その後は棄処分となってしまった。


レスキューフォースのレスキュースーツの酷似点


一見、レスキューフォースレスキュースーツとは放送局がABCテレビ東京で異なる上、バース自体はセルメダルバースドライバーを用い、レスキュースーツレスキューフェニックスの基地内で着装を行うため、関係に思えるのだが、スーツ及び武器、装着上の演出に酷似点が存在している。

バースの場合は、セルメダルドライバーに投入し、ハンドルレバーを回転させアーマーを構成し装着する。一方、   レスキュースーツは、レスキューコマンダーにカード読み込ませ、スーツを着装するが、この時同じ様に強化スーツのアーマーが次々と体に装着されるため、非常に演出が酷似している。(あくまで、レスキューフォースが先である)

携行している武器は、バースバースバスターでの戦闘レスキューフォースレスキューツールや放機)で 災害を沈黙させると用途が異なるため、携行武器戦闘法は全く似ていない。

だが、バースセルメダルを投入して特殊装備を構成するバースCLAW'Sの装備には、恐らくレスキューストライカー合体するビークルの名残があると思われる。ドリルアームはレスキュードリルショベルアームはレスキューショベル、クレーンアームはレスキュークレーン、キャタピラレッグはビークルタイヤキャタピラ状にある事。そして、バース・デイのフル装備形態は、バイザーがる事も相まってスーパーレスキューマックス合体形態をモチーフにしていると思われる。カッターウィングもここから来ていると思われる。


次へ»
最終更新日: 20/09/12 10:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ