ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊丹線


ヨミ: イタミセン
掲示板をミル!
1カキコ!

伊丹線とは、阪急電鉄阪急阪神東宝グループ)が運行する鉄道路線の名称である。

塚口駅伊丹駅の間、3.1kmを結ぶ。


概要


阪神急行(現阪急電鉄)が1920年に開業した路線で、神戸本線と同時に開通した。本来阪急神戸線伊丹・門戸厄を経由するルートで考案されていたが、より高速化を実現するために塚口西宮北口経由に変更となった。その代替路線として敷設されたのがこの伊丹線である。

かつては宝塚尼崎への延伸(当時存在した阪神グループ鉄道会社、宝塚尼崎電気鉄道の延伸案への当てつけ)や、能勢電鉄妙見線との延伸・乗り入れも検討されていたが、全て免許失効や計画倒れとなっている。

運用は、4両編成で普通のみの運行となっており、深夜及びラッシュの時間帯を除き、約10分間隔で運行されている。神戸本線との直通運転は行われていない。

阪急では最後まで表示を前面に掲示した表示幕未設置車両(3077F)が運行されていた路線であり、2013年に4連化された3050Fによって置き換えられ引退した。


駅一覧


駅番号 営業キロ(間) 乗換 所在
塚口駅 HK-06 0.0 阪急電鉄神戸本線 尼崎市
稲野 HK-18 1.4(1.4) 伊丹市
伊丹駅 HK-19 2.2(0.8)
伊丹駅 HK-20 3.1(0.9)

運行車両


かつては5000系5030F(リニューアルされて番は現存せず)が代走充当編成になっていた。また、不意のトラブルに伴い7000系の2連+2連の4連が代走に充当したこともあった。


その他



塚口駅について


阪急電鉄の中で、乗降人員が9番2007年時点)に多い
は相対式2面3線となっており、伊丹線は3号線から運行されている。入線時の15km/h制限のカーブが特徴。
(※なお、JR西にも同じ「塚口が存在するが、阪急とは500m以上は離れている)


伊丹駅について


阪急電鉄の中で、乗降人員が372007年時点)に多い
昔は島式ホーム2面4線(※ただし、線路が引かれていたのは3線のみ)の高架であったが、
1995年1月阪神淡路大震災の影で、が倒壊した。
その後、1998年11月ビル:Reita(リータ)として再建し、
伊丹駅は、頭端式1面2線のホームを持つ高架となった。
(※現在阪急 伊丹駅は、ビル:Reita(リータ)の3/5階にホームが存在する)
・全で2番に自動改札機が設置された
近畿選(第1回認定
(※なお、JR西にも同じ「伊丹が存在するが、阪急とは500m以上は離れている)


関連動画



■sm4395277[ニコ動]

■sm3788238[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/03/09 10:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ